白夜行・・・

白夜行2



白夜行 小説

白夜行3

さて、これはあまりにも有名すぎて、
あえて紹介する必要もないかもしれませんが、東野 圭吾の白夜行です。
小説とTVドラマがあります。(映画もありますが・・・)
ただ管理人は正直もうTV自体2年くらい見てませんし、
TVドラマでいうとTVでは10年くらい見ていませんでしたので、作品自体を拝見したのは
最近のことです。huluでたまたまやっていたからなので・・・
中にはそのような方もいらっしゃると思いますので。
すでにご覧になられた方はブラウザバック願います。

かなりインパクトのある作品なのであえて、あらすじもレビューも書きません。
正直余計な予備知識はないほうが断然作品を楽しむ事ができると思いますので。
管理人も予備知識はなく、TVドラマを拝見しました。
これがよかったと思います。
これだけ興奮と感動を与えてくれた作品は正直久しぶりです。

TVドラマが分かりやすいと思いますので、
まずはドラマをご覧になって、その上で作品に興味をお持ちになられたら、
小説をお読みになられればよろしいかと思います。
TVドラマから原作と読んでみましたが、順番はどちらでもよいかと思います。
ただTVドラマは1クールという縛りがあるので、尺が短いというか、
原作と異なる、もしくは描写自体されていない箇所があるので、
それをどれだけ楽しめるか・・・
原作は本人たちの内面を描写する箇所がありません。
すべて第三者の視点で描かれています。
そのため800ページ弱というボリュームの最後の最後まで伏線を張りまくり、
最後に一気に回収に来ますので・・・
TVドラマのほうが分かりやすく感情移入しやすいかもしれません。
ドラマでは分かりやすく二人の内面を描写していますので。

TVドラマはhuluで見ることもできますし、
huluはPCで見てもなかなか画質も良いのですが、
TVモニターで見ることをお勧めします。

HDMIケーブルでTVに接続すればhuluの画質はDVDと同等かそれよりよいかもしれません。
huluの難点は音ですね。
ステレオでドルビーサラウンドには対応していないので。
これはTVモニターとドルビーサラウンドでご視聴されたほうが、
臨場感、感情移入の度合いがはるかに違います。

ぜひサラウンド環境があればDVDをレンタルされてみてください。
なければhuluでもよいと思います。

堀北真希主演で映画化されているようですが、
正直2時間、3時間のボリュームであの世界を表現できるとはとても思えませんので、
管理人はあえて目を通していません。

このドラマを見て思ったのは映画はどうしても尺が短すぎて、原作を忠実に再現できるものではありません。
恋愛物は嫌いではないのですが、どうしても感情移入しきる前に早足で展開し終わってしまうので、
映画では見ないようにしています。
ただ、これはどのジャンルにでもいえることかもしれませんね。

この作品を見終わった後、愛には実に様々な形があるのだと、
痛感させられます。

それでは。
関連記事
スポンサーサイト