スリングショット猟4日目

さて、スリングショット猟4日目を迎えました。
場所は海老名駅から歩いた河川沿いです。

結論から言うと2羽鳥を討ち取る事ができました。
台所のまな板の上には2羽の鳥が並んでいます。
今回はちゃんと家に持ち帰り写真を押さえてあります。

昨日、スリングショットの練習をしたところ、どうも着弾も集弾も安定せず、
FAIラバー仕様での練習不測の感が否めないので、本当は狩りの日付をずらしたかったのですが、
ずるずると日にちが延びて猟期が終わってしまうので、重い腰をあげて出かけてきました。
双眼鏡、スリングショット、パチンコ玉携帯数35発、おにぎり、鳥獣保護区等位置図をバッグに入れ、
時間は9時ちょっと、いざ出発です。

電車を乗り換えつつ、海老名に到着します。
海老名からは歩く事20分から25分?くらいでしょうか?
川を川沿いに北上すると鳥獣保護区があるエリアがあることを確認していますが、
今回はまずは初めての狩場なので川沿いを南下してみたいと思います。
川沿いを歩く事、僅か数分、橋が見えてきたのでここで装備を装着します。
バッグから双眼鏡を取り出し胸にかけ、パチンコ玉を右ポケットに35発入れます。
スリングショットを取り出しおにぎりの入っているビニール袋に入れます。
そして休憩の一服・・・
煙草をふかしていると正面に見える田んぼとか畑に数十羽のスズメの群れが、餌をついばんでいるのが確認できます。
ふと思いました。
スズメ一羽にピンポイントで狙っても当てることは難しい・・・
しかし、あれだけ群れていれば、何処に狙っても流れ弾でしとめられるのでは?
煙草を地面に置きスリングショットを構えスズメの群れを狙います。
距離7,8mといったところ。
田んぼにいるスズメの群れにパチンコ玉を発射します。
勢いよく飛んで逃げていくすずめの群れ。
うーん、着弾地点にいきますが、スズメは落ちてないな・・・
スズメの群れはというと傍の柵の上で群れでとまっています。
これは、これでチャンスかな?
スリングショットを構え、柵の上にいるスズメの群れに一撃を加えます。
これまた勢いよく逃げていくスズメの群れ。
ですが、1羽地面に落ちたような気がします。
着弾地点に向かい確認すると・・・
分かりにくいけど、スズメが落ちてますね。
すかさず回収します。
うーん、これ即死かな?
ピクリともしません。
まだ、体が温かいです。
回収後とりあえず、ビニール袋にいれつつ煙草を吸いなおします。
まてよ!スズメは気を失っているだけかもしれない?
そう思って、止めをさす事にしました。
鴨サイズだと怖くてできなかった首を回して首の骨を折るやり方ですが、
おもしろいことに不思議と罪の意識も怖いとも感じません。
サイズが小さく、すでに意識がないからかな?
既に死んでるようなきもしますが、念のために首を回して2周近く回して首の骨をおります。
うーん、今まで生きてきて鳥の首の骨を折るということをしたことがなかったので、
なんともいえない、鈍い音というか感覚が伝わってきます。
まあ、なにはともあれ、これで飛んで逃げられる事はないだろう。
そんなスズメを持っている最中、近所のおじさんと思われる人が通りかかったので、
鴨情報を聞いて見ます。

ぼく「すいません、この辺りに鴨がいると聞いたんですけど?」
おじさん「鴨ならこの辺りに仰山おるんやで。」
おじさん「なんや、そのスズメ。おちとったんか?」
ぼく「いえ、パチンコで取ったんですよ」
おじさん「へえ、うまいことやったな」

こんな会話を繰り広げつつ、スズメをビニール袋に改めていれます。
煙草を吸った後、あらためて川沿いに南下をしつつ川の鴨の生息状況を確認します。
うーん、鴨は見当たりませんが、左手に見える畑に小鳥の群れが襲来して派手に農作物をついばんでいるのを確認します。
種類は何でしょうね?
双眼鏡で見ても良く分からないんですけどたぶんムクドリかな?鳥図鑑を開いている暇はなさそうなので、
とりあえずパチンコ玉を発射してみたいと思います。
距離8m弱?
群れに狙いを定め・・・
パチンコ玉を発射!
派手に逃げていくムクドリたち。
距離はありますが、なんとなく当たった事が分かる手ごたえを感じました。
着弾地点付近に行くと、ムクドリが転がっています。
スズメと違いまだ息があるようでぴくぴくと動いています。
武士の情けとばかりに至近距離からもう一発パチンコ玉を打ち込みます。
これも命中し、それによってムクドリは完全に動かなくなりました。
しかし、ムクドリからの出血がすごい・・・
ビニール袋にとりあえず入れますが、中は軽く血の海と化してます。
わずか20分足らずで2羽か・・・
うーむ、今日はついてるな。
等と思いつつ、川沿いを南下します。
しかし、歩けど歩けど鴨の姿を見ることはできません。
うーん、途中遭遇した近所のおじさんにさりげなく鴨の生息情報を聞き、
たしかに目久尻川沿いに鴨がいることは確認したのですが・・・
歩く事20分くらいでしょうか?
50m以上先の川に黒いシルエットが10個ほど確認できます。
双眼鏡で覗くと・・・
おお、念願の鴨だ!あれはカルガモの群れかな?
数は12羽ほど。
いい感じに群れています。
徐々に鴨との距離をちじめ距離10m近くまで接近します。
土手の上から川までは高さがあり6m弱あります。
それも加味するとそこそこの距離がありますが、
まずは挨拶がてら一発パチンコ玉をお見舞いします。
うーん、まったくかすりもしませんが、カルガモも逃げません。
これは、いつぞやのパターンの再来か?等と思い二発目を打ち込んだとたん、
カルガモの群れは一斉に警戒音をならしつつ飛んで逃げてしまいます・・・
うーん、2発で逃げるなよ・・・
しかも至近距離で当てたわけじゃないのに・・・
その後も鴨の姿を追いつつ、川沿いを南下します。
すると、いるわ、いるわ鴨だらけだ。
下溝で見たこともない、鴨の数。
まさに鴨の楽園ですわ。
見つけ次第鴨にパチンコ玉をお見舞いしますが、どうにも着弾が定まりません。
てんで、見当違いな場所に着弾する始末。
うーん、鴨の大群を見た緊張と興奮でうまく的を定める事ができません。
しかも、大抵1発から2発で飛んで逃げてしまいます。
しかし鴨ははるか遠くに逃げるわけでもなく、少し離れた川のポイントに着地します。
その後、かもの群れとの追いかけっこを繰り返します。
鴨に打つ!鴨逃げる、かもに撃つ、鴨逃げるのパターン。
これを10回くらい繰り返したでしょうか?
しかし鴨に照準を定めても、どうにも狙い通りに弾が飛ばない。
ここまで狙い通りに当たらないと完全にスランプ?
腕が悪いのか?狩場の寒さでゴムが本来の性能を発揮できないのか?
いつしか川沿いは農地ではなく住宅街に、
住宅街から交通量の多いい車道に差し掛かります。
なぜか交通量の多いい場所に鴨がいるんだよなあ。
安全な場所を好んで選ぶんだろうから、鴨もそのような場所のほうが飛び道具で狙われる事がないことを理解しているのか?
しかし、人目をはばかることよりも鴨に対して射撃をしたい!鴨を討ち取りたいという欲求が勝り、
車からの目を考えることなく黙々と鴨の群れにパチンコ玉を発射する作業を繰り返します。
しかし、当たらんなあ。
通行人も増えて生き、車の量も多いいところで撃ってるとそのうち通報されそうな気がしますので、
今日のところはこのあたりにしておきたいと思います。
元来た道を川沿いに戻りつつ、鴨を探す事にします。
途中、ちらほらと、先ほどはいなかった鴨に遭遇しますが、
大抵1発で逃げられてしまうし、照準通りに玉が飛んでいかないしで、
散々でした。
そんなこんなで最初に装備を装着した場所で一服しつつ、鴨を追ってると、
朝に鴨情報を聞いたおじさんに遭遇します。

おじさん「なんや、パチンコで鴨取ってるんかい?」
ぼく「そうやで。だけどなかなかあたらないんやで。」
おじさん「がんばりや」

この後2羽の鴨に何度か射撃しますが、当たりませんでした。
国道に差し掛かるので、装備をバッグにしまい帰宅する事に。

さて、直行直帰が基本のスリングショット猟ですが、
狩場が寒すぎて持参したおにぎりを食べる気になりませんでしたので、
空腹の限界で最寄り駅の日高屋でいつものから揚げ定職を食べてから家路につきました。

家に帰ってからビニール袋をあけて鳥をまな板の上におきますが、
うーん、完全に死後硬直してますね。
討ち取った瞬間は体も暖かく生き物って感じがしたんですけど、
今では完全に体も冷え切って骸とかしています。
しかもなんか全体的に弾力がなくなってカチンコチンな状態に・・・
うーん、脱腸どころか血抜きもしてないからなあ。
これ食えるんかな?

DSCF0676_convert_20150209170754.jpg

もう1羽の鳥なんですけど・・・
ちょっとスズメの写真に写りこんでますけど、うーんこれそもそも狩猟可能鳥なのかな?
狩猟読本で見た感じとしては確信はないけどムクドリ?
まあ、きっとムクドリなんでしょう。

DSCF0673_convert_20150209171335.jpg

まあ、多分ムクドリだ。きっとムクドリだ。
まあ、ムクドリでも、割と大きいな。
これはちょっと捌くのはきついなあ。
スズメはチャレンジしてみるかな。
やっぱりでかい鳥はちょっと精神的に捌くのがきついな。
鴨とかまず捌くのは無理だな。

今日は疲れたから明日、毛むしって捌こうかな?
どうすればよいだろうか?
もう遅いと思うけど、内蔵の温度を下げるために冷蔵庫で寝かせたほうが良いのだろうか?
台所の温度低いから問題ないと思うけど。
ムクドリは捌くのがきついから、穴掘ってうめてやるかなあ。
やっぱり魚と鳥は捌く事に対して心理的になにかが違うのかな?

まあ、とりあえず今期の猟期はとりあえず2羽ゲット。
猟期終了になんとか間に合って本当に良かった。
獲物は小さいけどね。
スリングショット猟のブログやってて成果ゼロって地味に悲しいからね。/ ´・ω・`\

皆様もスリングショット猟残り期間が迫っておりますが、良い成果が出る事をお祈りしています。
関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */