DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune 感想

DEAD+OR+ALIVE+Xtreme+3+Fortune_20160605214411_2_convert_20160712162508.jpg

DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortuneですがローズ・マリーでプレイした感想を書きたいと思います。
このゲームはデッド オア アライブ シリーズに登場する女性キャラクターが南国の楽園「ザックアイランド」でバカンスを楽しむゲームとなっています。

ゲームでは、ビーチバレー、どんけつゲーム、ぴょんぴょんゲーム、つなひき、ビーチフラッグ、ロッククライミングと言ったミニゲームが用意されておりこれらのゲームで女の子との親密度を上げると同時にザックマネーというザックアイランドで使用できるお金を稼いで女の子に水着をプレゼントする。その水着を着た女の子を眺めたりカメラで撮影したりして楽しむゲームでしょうか。一言でいうとそんなゲームです。

DEAD+OR+ALIVE+Xtreme+3+Fortune_20160605215101_2_convert_20160712171519.jpg


DEAD+OR+ALIVE+Xtreme+3+Fortune__124_convert_20160712163719.jpeg

ミニゲームはカジノを除くと6個用意されていますが、正直どれも単調なゲームですし1,2時間もプレイすれば間違いなく飽きます。この中で比較的に良く出来ており、遊ぶことができるのがビーチバレーだと思いますが、延々と遊び続けられるだけのクオリティを残念ながら有していないのでたまにやる分にはまずまず遊べるかなというレベルです。

あと、基本的な部分ですがゲームは「オーナーモード」と「女の子モード」を切り替えることができ、女の子モードでは実際に女の子として各種ミニゲームをプレイすることができます。逆にオーナーモードでは第三者の視点でゲームに興じている女の子を眺めたりカメラで様々なアングルから撮影をして楽しむことができます。どちらかといえば女の子モードはおまけでありオーナーモードがメインだと思われます。

基本的なゲームの流れですが、一日三回ミニゲームをすることができますが、ゲームに興じながら参加する女の子との親密度を上げることが非常に重要です。このゲームの目的は女の子に様々な水着をプレゼントしてそれを着た女の子をまったりと眺めたり撮影することが目的のゲームと言っても過言ではないからです。

親密度が低いとせっかくお金を貯めて購入した水着も受け取ってくれないといったことが発生しますので、つまらないミニゲームとはいえ義務的にこなすしかありません。またカジノで稼ぐ以外ではミニゲームをしてザックマネーを稼ぐことも重要な要素です。最初の所持金は13万ザックマネーだと思いましたが、一回ミニバレーなどをして稼ぐことができるのはせいぜい4万マネーほどです。しかし水着は一番安いものでも10万マネーほど、高いものは50万とか100万とかしますのでお金を稼ぐことは非常にしんどい作業といえます。

ただPSストアではリアルマネーでプレミアム引換券なるものを購入することでザックマネーの代わりにすることもできますので、ミニゲームを繰り返してお金を稼ぐという非常に不毛な行為から開放されるので金の力で解決を図ることができる救済措置があるだけマシなのかもしれません。これが欲しい水着を手に入れるのに延々とガチャを回さなければいけないといった仕様であれば軽く殺意が芽生えるところですけどね。
幸いなことに安い水着でも可愛らしいデザインのものは幾つかありますので、高い水着に固執しなければいけないということもありません。

DEAD+OR+ALIVE+Xtreme+3+Fortune_20160711182428_convert_20160712170756.jpg

DEAD+OR+ALIVE+Xtreme+3+Fortune_20160711182453_convert_20160712171316.jpg


今のところ、プレゼントしたのは10万の水着と20万の水着の二着ですが、ビーチバレーを繰り返して親密度を可能な限り上げているので、プレゼントを上げて断られるということはありませんでした。AMZONのレビューでは水着のプレゼントを断られるというレビューが散見されたので、このあたりは親密度の関係なのか?それともアップデートによってプレゼントを上げた際の成功度が大幅に向上したのか?ということはわかりませんが、記事を書いている時点のヴァージョンではこの辺りについて心配することもなさそうです。もっと高価な水着だとプレゼント時の成功率が極端に下がるのかもしれませんがその辺りは分かりません。

DEAD+OR+ALIVE+Xtreme+3+Fortune__90_convert_20160712171714.jpeg

水着をプレゼントして受け取ってもらえた場合は、オーナーモードに切り替えて女の子がまったりしているところを眺めたり撮影したりして楽しむ。それがこのゲームの最大の売りです。お金がなくなったらミニゲームを繰り返したりカジノに繰り出してお金を延々と稼いで更に水着を買って女の子にプレゼントする。それを延々と繰り返すゲームかな。

個人的にはミニゲームを自分でプレイしてもすぐに飽きることと思いますので、オーナーモードに切り替えて女の子同士が遊んでいる姿をまったりと眺めたり撮影をしたりする。水着に飽きたら新しい水着をプレゼントして新しい水着で同様の行為を楽しむ。
これだけのゲームですが、ローズマリーといったデッドオアアライブでお馴染みのキャラクターのモデリングは非常に良く出来ており、それらのキャラがミニゲームで戯れている姿を見るのは普通に楽しいです。

女の子は全部で9人いますので女の子を切り替えて遊ぶも良し、周回を繰り返して楽しむも良しと言った感じです。
さすがに毎日ミニゲームを繰り返して延々とお金を稼ぐのは辛いのですが、週に1,2回とかプレイしてローズマリーちゃんがミニゲームに興じているところを眺めたり撮影したりするのは楽しいので、個人的には購入してよかったかなと思います。

基本無料ヴァージョンもあるんですけど、デフォルトのキャラがローズマリーを使えないし、何より可愛くない。1キャラ追加する度に課金が発生するので、(1キャラ1,200円、カジノ使用権2000円)複数のキャラを使うことが前提であれば製品版を購入するほうが良いかと思います。ただローズマリーだけとか1キャラ固定で使うのであれば基本無料ヴァージョンでとりあえずプレイするのもよろしいかもしれません。

AMAZONではレビューが酷評の嵐ですし、酷評の理由もわからなくもないですけど、個人的には十分満足できる仕上がりです。PS4買ったのは半分このゲームがやりたいから購入したようなものなので、特に不満もありませんけどね。
少々不満があるとしたら夜ホテルに帰ってからも女の子が水着のままなんですが、少々不自然なのでホテルに戻ってからは私服に着替えても良かったと思います。

あと夜はカジノに行くくらいしかやることがないのですが、別段カジノは楽しい訳ではありません。夜女の子とレストランに食事に行ったり、夜の海岸を一緒にブラブラと散歩したりベンチに座って何気ない会話を楽しむとかそんなイベントが用意されていればと思わなくもないです。もう少しギャルゲー的な要素があったらもう少し楽しめたと思います。

全体的に見れば何時間もぶっ通しで熱中してプレイする類のゲームでは間違いなくないので、他のゲームをプレイしつつたまに思い出した時にプレイして女の子眺めているだけで楽しいそんなゲームです。
ただ万人向けのゲームではなくデッドオアアライブの女のキャラに思い入れのある方でないといろいろな意味で物足りないのは確か。すべての人に対してこのゲームは買いである!とお勧めできる内容ではないことは確かです。
関連記事
スポンサーサイト