こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in 雑記

彡(゚)(゚)「朝鮮進駐軍って本当にあったんやろか?」

-- COMMENT
登場人物
彡(゚)(゚)(やきゅう民くん)
/ ´・ω・`\(設定上保守よりの一般人)
(´・ω・`)(しょぼーん君(設定上ばりばりのネトウヨ))

彡(゚)(゚)「なあなあ、突然だけど戦後の混乱に乗じて在日朝鮮人が朝鮮進駐軍を名乗って、
     大暴れして乱暴、狼藉の限りを尽くしたってネトウヨくん(→(´・ω・`))が言ってたけど、それってマジなの?」
/ ´・ω・`\「あー、朝鮮進駐軍かあ、やきゅう民くんは日教組の自虐史観教育に、
        どっぷりはまっているからなあ。学校じゃまず習わないよね?なんJくんは本当に起こったことだと思う?」
彡(゚)(゚)「そんなこと、あらへん。大体学校では在日朝鮮人は強制連行されて日本に連れて来られた、
     かわいそうな人たちって聞いたで。善良な朝鮮人がそんなことするわけがないで」
/ ´・ω・`\「お、おう・・・じゃあちょっとだけ一緒に朝鮮進駐軍はともかくとして、
        戦後の混乱期に何が起こったのか、一緒に調べてみようか?」
彡(^)(^)「楽しみやで」
/ ´・ω・`\「ちなみにだけど、以下の一覧が在日朝鮮人が戦後の混乱期に起こした事件の一覧だけど、
        これってあくまでも記録に残っているだけで氷山の一角だからね。」

1945年(昭和20年)
8月30日 名古屋少年匕首殺害事件、
路上で少年3人が脅迫されて金銭を奪われ、匕首で切り付けられて1人死亡、1人負傷、
犯人は拘置所から脱獄、韓国に逃亡
10月22日 大阿仁村事件、
秋田県の栗林に侵入し村人と乱闘
12月
24日 生田警察署襲撃事件(第1回)
拳銃強盗事件にからんで50名を超える朝鮮人の暴徒が襲撃、連合国軍が暴動を鎮圧
29日 直江津駅リンチ殺人事件、
朝鮮人3人組が列車の窓ガラスを叩き割り無理やり乗車しようとし、それを阻んだ乗客にパイプやスコップ等で集団暴行し殺害、朝鮮人3人組は逮捕されたが程なく逃走
1946年(昭和21年)
1月
3日 - 富坂警察署襲撃事件、
トラック2台に乗った朝鮮人約80人が署内に乱入、警官に暴行し、連続拳銃強盗事件の容疑者を連れ出し逃走
9日 - 生田警察署襲撃事件(第2回)
30-40人の朝鮮人が、検挙された賭博団の奪還を目的に署内に侵入、進駐軍の協力を得て鎮圧
24日 - 七条警察署襲撃事件、
ヤミ米捜査を巡って警察に押しかけ、
さらに京都駅前で朝鮮人約700人が的屋・博徒と大乱闘
5月
4日 - 日光中宮祠事件、
旅館の帳場に盗みに入ったところを旅館経営者の家族に発見され、包丁で一家6人を刺殺、現金と小切手などを奪い放火
13日 - 長崎警察署襲撃事件、
闇市を取り締まった警察に対し朝鮮人や中国人など約200人が包囲・襲撃、警官1人死亡、10人重軽傷
6月9日 - 七条警察署巡査殺害事件、
京都で職務質問をしようとした巡査を射殺、朝鮮人5人逮捕
7月23日 - 東条村強盗事件、
長野県で4人組強盗団が捜査中の警官を拳銃で射殺
8月
中京私設警察事件、
在日本朝鮮人連盟中京支部の「座敷牢」に男性を監禁、拷問した
5日 - 富山駅前派出所襲撃事件、
闇米の取り締まりで朝鮮人と警察が大乱闘
29日 - 一勝地村農家6人殺害事件、
熊本県で発生した強盗殺人放火事件
9月
22日 - 坂町事件、
ヤミ米の取締を行っていた警官に集団暴行
29日 - 新潟日報社襲撃事件、
坂町事件を報じたことに対し新聞社を襲撃
12月20日 首相官邸デモ事件、
デモ隊が首相官邸に侵入、アメリカ軍憲兵隊が出動して解散させた
1947年(昭和22年)
3月15日 - 百田駐在所巡査殉職事件、
山梨県で刑事を名乗る男が拳銃で巡査を射殺
6月23日 - 神奈川税務署員殉職事件、
密造酒を取り締っていた税務署員を集団暴行殺人
9月10日 - 津別事件、
北海道で朝鮮人が祭の露店を荒らし、的屋と対立、乱闘
10月20日 -
尾花沢派出所襲撃事件、
山形県でヤミ米摘発に反発し派出所襲撃
11月4日 - 池袋診療所強盗殺人事件
1948年(昭和23年)
春 - 会津破蔵事件、
朝鮮人窃盗団による連続窃盗事件
4月
浜松事件 (抗争事件)、
闇市をめぐって朝鮮人、的屋、浜松市警が抗争、銃撃戦となりMPが出動
23-26日 - 阪神教育事件(朝鮮人学校事件)、
朝鮮学校閉鎖令に反対して大阪府庁や兵庫県庁を暴力で占拠、
アメリカ軍も出動、非常事態宣言
6月23日 - 五所川原抗争事件、
小学校の運動会での喧嘩がもとになって、
香具師と朝鮮人が乱闘
10月12日 - 評定河原事件、
仙台で北朝鮮国旗を持った一団がデモ行進し、米軍憲兵隊が6人検挙
12月9日 - 宇部事件、
逮捕された朝鮮人を奪還しようとして警察と衝突
末頃より - ワ号事件 (連続窃盗事件)、
朝鮮人窃盗団約60人による連続窃盗事件

彡(゚)(゚)「な、なんやこれは・・・これ全部在日朝鮮人が起こしたんか?」
/ ´・ω・`\「前にも言ったけど、あくまでも記録に残っているだけで、これだけあるよって話だから、
        事件になったけど警察が受理していない、
        そもそも被害届も出していない泣き寝入りしているもの、
        これ以外にも山のようにあると思われるよ。あくまで氷山の一角ね。」
(´・ω・`)「ほら、みろ!やっぱり朝鮮進駐軍はネットのデマじゃなくて実在したんだ。」
/ ´・ω・`\「しょぼーん君、突然沸いてきたな。君だな、朝鮮進駐軍が実在したって、  
        やきゅう民くんに吹き込んだのは?」
(´・ω・`)「何言ってるの?ネットは常に真実が書いてあるに決まってるじゃないか?
      ネットには朝鮮人が朝鮮進駐軍を名乗って乱暴狼藉の限りを尽くしたって、
      いろんなサイトに書いてあったよ?」
      / ´・ω・`\「じゃあ、その根拠をあげてみてよ?」
(´・ω・`)「見てよ、この写真、ここに在日朝鮮人連盟中央総本部って書いてあるじゃないか?
      これが決定的な証拠だよ」

LKRJ_Building_that_became_off-limits.jpg

/ ´・ω・`\「ああ、これな、有名な写真だよね?朝連ビル(在日本朝鮮人連盟中央総本部)が、
        強制捜索された際に入り口を封じる“警視庁予備隊”、(1949年9月8日)を写した一枚
        つまりは朝鮮進駐軍を写した一枚ではなく、日本の警察だよ?」
(´・ω・`)「ええ、じゃあつまり僕はネットのデマに踊らされていたってわけ?」
/ ´・ω・`\「まあ、結果的に見ればそういうことになるよね。
        ただ、あくまでも朝鮮人が徒党を組んで警察署や役所を襲撃したことは事実、
        闇市の利権を巡り抗争を繰り広げた朝鮮人愚連隊は、
        庶民にとっては大きな脅威だったのも事実、
        ただ、朝鮮人が自らを朝鮮進駐軍であると名乗っていたかどうか?
        これを裏付けるための資料はどうやら確認が取れないね。
        仮に朝鮮人が組織的に活動して堂々と朝鮮進駐軍を名乗り、
        警察署を襲撃するといった破壊活動をしているのだとしたら、
        当時の新聞にもその記述があってしかるべきだと思う。
        それが確認できないということは、後世の人が勝手に作った造語だと思うよ。」
彡(゚)(゚)「ちょっと待って?朝鮮進駐軍の話がデマだとしたら、朝鮮人が戦後の混乱期に、
     大暴れしたっていうのもデマと違うのか?」
/ ´・ω・`\「やきゅう民くん。なんでそうなるかな?
        あくまでも朝鮮進駐軍を名乗っていたことを否定しているだけだよ?
        もちろん、一部の朝鮮人が朝鮮進駐軍なるものを名乗っていたかもしれないよ。
        ただ、それは一部の人間が言っていたかもしれないということで組織的に朝鮮人が、
        進駐軍なるものを名乗り行動していたとする信頼の置ける一次ソースは見つからないんだよね。
        朝鮮人は新聞社も徒党を組んで襲撃していたようだから、
        自分の不利益になることを記事にすることは避けたいだろうし、
        脅迫して不利益になるような記事の撤回もさせていたようだしね。
        たしかに当時の新聞に載っていないことが彼らが朝鮮進駐軍を名乗っていたことの証明にはならないかもね。
        こればかりは当時を生きていた人間の口から聞かないことにはなんともいえないけどね。
        ただネットでよくみる朝鮮進駐軍が旧日本軍の武器庫を襲撃して武器を奪い、
        38式歩兵銃や手榴弾、あまつさえ機関銃で武装していたというのはどうなんだろう?
        旧日本軍の武器庫を接収していたのはGHQだよね?
        せいぜい日本刀の類で武装していた朝鮮人がGHQを武力で打ち破って、
        武器を奪うなんてことが可能なんだろうか?
        現実的ではないと思うけど。
どちらかといえば、GHQが組織的にではないにしろ、一部の人間が小遣い稼ぎで、
        旧日本軍の武器を横流ししていたということはあるのかもしれない。
        これも憶測の息を出ないけどね。
        仮に朝鮮人が38式歩兵銃で武装していたのが本当であればそういうことになるよね。」
/ ´・ω・`\「ちなみに当時の朝鮮人の横暴がどれだけ酷かったのか?これを示す記事を少しだけ以下に書いて見るよ。
        有名どころで言うと、 生田警察署襲撃事件とか 首相官邸デモ事件、 阪神教育事件、
         血のメーデー事件とかが有名かなあ。 興味のある人は調べてみてよ。」

生田警察署襲撃事件

1945年12月24日午後9時頃、50名を超える朝鮮人の暴徒が「岡山の刑事を出せ」と、
叫びながら署内に侵入。
署員を拳銃・日本刀・匕首を突きつけて軟禁した上で、
岡山県警察部の捜査員を探し始めた。
捜査員らが脱出に成功した一方で、暴徒によって署内の警察電話線が切断されたため、
警察署は外部との連絡手段を絶たれてしまった。
その後、事件を聞きつけた連合国軍部隊(当時日本は連合国軍の占領下)によって暴動が鎮圧された。

首相官邸デモ事件
1946年(昭和21年)12月20日の全国大会では、約1万人の朝鮮人が結集した。
日本共産党の徳田球一も出席しており、徳田球一の演説の後、生活権擁護の決議文を採択し、
午後1時頃に集会は一旦終了した。
午後1時30分、「朝鮮人虐殺政策絶対反対」「吉田内閣は日本の敵だ」といった、
プラカードを掲げてデモ行進を開始。午後2時頃に首相官邸前に差し掛かると、
突如警察官の制止を無視して官邸正門前に殺到した。
警官隊は侵入を阻止するため門を閉鎖しようとしたが、
デモ隊は投石やプラカードを振り回すなどして暴れ、遂に首相官邸に侵入した。
午後2時30分頃にアメリカ軍憲兵隊が出動し、まもなくデモ隊全員を解散させた。
この事件で、警察官23人が重軽傷を負い、拳銃2丁が奪い取られた。

阪神教育事件
1948年4月23日9時、大阪府大阪城前の大手前公園で、
朝鮮人学校弾圧反対人民大会が開催された。
集会には在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人など7000人余が集結した。
16人の代表が選出され、大阪府庁舎で大阪府知事との交渉を行うことになった。
12時30分、大阪府庁知事室において、
副知事(知事は当日不在だった)と朝鮮人代表者16人との交渉が始まったが、
合意には至らなかった。 15時、在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人など7000人余の中から、
シュプレヒコールが起こった。50人余の青年が行動隊を編成し、スクラムを組んで大阪府庁前の阻止線を突破した。
15時30分、行動隊に続いて、在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人など7000人余も、
大阪府庁に暴力で突入し、3階までの廊下を暴力で占拠した。副知事は警察官の誘導により、
戦時中に作られていた地下道を通って脱出した。
17時ごろ、群衆は知事室になだれ込み、ドアや調度品を破壊するといった行動に出る。
日本共産党大阪地方委員会に派遣されていた増山太助は、
川上貫一衆議院議員とともに知事室に駆けつけたが、どうにもできなかった。
夜、大阪城周辺の各所で在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人が篝火を焚いた。
朝連は、川上貫一を代表として交渉の場を作ろうとしたが、
アメリカ軍や武装警官が到着した。その後、
在日朝鮮人や日本共産党関西地方委員会の日本人らは、武装警官隊と乱闘となり、
在日朝鮮人のうち1人が死亡、20人が負傷した。警官側の負傷者は、
それを上回る31人だった。179人が騒擾罪で検挙された。
4月25日、朝連や日本人約300人が南警察署に押しかけ、
逮捕者の釈放を要求した。警官隊は、約300人に向けて威嚇射撃を行い追い返した。
4月26日、朝連は大阪東成区や旭区などで「朝鮮人学校弾圧反対人民大会」を開催した。
午後、朝鮮人代表者と大阪府知事との間で再度交渉が行われた。
15時40分、別室に待機していた大阪軍政部のクレーグ大佐が、
交渉の中止と、大手前公園に集結していた在日朝鮮人2万人の解散を指示した。
在日朝鮮人1600人のデモ隊が再び大阪府庁に向かい、
武装警官隊の阻止線で投石を開始する暴力行為を行った。
武装警官隊は消防車に放水をさせ、デモ隊に突入し拳銃で発砲した。
当時16歳であった在日朝鮮人金太一が死亡した。
検挙者は軍事裁判にかけられ、日本人9人と在日朝鮮人8人が重労働4年以下の判決を受けた。
阪神教育闘争の指導者の一人であった朴柱範は逮捕・投獄され、釈放された直後に死亡した。
事件解決後、大阪市警察局は、アメリカ陸軍第25師団司令部より感謝状が贈呈された。

血のメーデー事件
GHQによる占領が解除されて3日後の1952年(昭和27年)5月1日、
第23回メーデーとなったこの日の中央メーデーは、警察予備隊についての「再軍備反対」とともに、
「人民広場(注:皇居前広場)の開放」を決議していた。
本来のデモ隊の解散予定であった日比谷公園から北朝鮮旗を翻した朝鮮人を含む一部のデモ隊が、
そのまま皇居前広場に乱入するなど暴徒化して混乱は午後5時半ごろまで続いた。
この日、行進を行ったデモ隊の内、日比谷公園で解散したデモ隊の一部は、
その中の全学連と左翼系青年団体員に先導され、朝鮮人、
日雇い労務者らの市民およそ2,500名がスクラムを組んで日比谷公園正門から出て、
交差点における警察官の阻止を突破して北に向い、
その途中では外国人(駐留米国軍人)の自動車十数台に投石して窓ガラスを次々に破壊しながら無許可デモ行進を続け、
馬場先門を警備中の約30名の警察官による警戒線も突破して使用許可を受けていなかった皇居前広場になだれ込んだ。
これに対し警視庁は各方面予備隊に出動を命じた。
乱入したデモ隊は二重橋前付近で警備していた警察官約250名に対し、
指揮者の号令で一斉に投石したり、所持していた棍棒、
竹槍で執拗な攻撃を繰り返して警察官1名を内堀に突き落とし、
他の多くの警察官も負傷する状態に至り警察部隊は止むを得ず後退を始めた。
応援の予備隊が到着してその総数は約2,500名となったがデモ隊は数を増して約6,000名となった上、
組織的な攻撃も激しくなった[1]。警察部隊は催涙弾を使用したが効果は上がらず、
警察官の負傷者が増加したため、身体・生命の危険を避ける目的で止むを得ず拳銃を発砲し、ようやくデモ隊は後退を始めた。
この間にもデモ隊は警察官3名を捕え、棍棒で殴打して重傷を負わせ外堀に突き落とし、
這い上がろうとする彼らの頭上に投石した。
同時に別のデモ隊は外国人自動車等に棍棒、石ころを投げ、駐車中の外国人自動車十数台を転覆させて火を放ち、
炎上させた。デモ隊と警察部隊の双方は激しく衝突して流血の惨事となった。デモ隊側は死者1名、
重軽傷者約200名、警察側は重軽傷者約750名(重傷者約80名が全治三週間以上、
軽傷者約670名。さらに1956年1月に頭部打撲の後遺症で法政大学学生1名が死亡)、
外国人の負傷者は11名に及んだ。
当日は警察予備隊の出動も検討されていたが、
一般警察力によって収拾されたため、出動を命じられるには至らなかった。
出動した警視庁予備隊は後の機動隊であり、警察予備隊とは異なる。


元文部大臣、後の首相・鳩山一郎氏に対する集団暴行・傷害事件。
鳩山氏が軽井沢の静養先から帰京しようとして信越本線の汽車に乗っていたら、例の「朝鮮人」が後から大勢、切符も買はず、鉄道員を突き飛ばし押入って来て、
「俺達は戦勝国民だ、おまえら被支配者の敗戦国民が座って支配者様を立たせるとは生意気だ、この車両は朝鮮進駐軍が接収するから全員立って他の車両へ移動しろ、愚図愚図するな!」と追い立てた。
それで鳩山氏が、我々はきちんと切符を買って座っているのにそりゃおかしい、と一乗客として穏やかに抗議したら、たちまち大勢飛び掛かって袋叩きにし、鳩山氏を半殺しにした。


直江津駅リンチ殺人事件

naoetu.jpg


1945年12月29日午後7時頃、新潟発大阪行の列車が国鉄(現:JR)信越本線黒井駅に到着した。
3人組の男が列車に乗車しようとしたが、満員のため乗車することが出来なかった。
そこで列車の窓ガラスを叩き割り無理やり乗車しようとしたところ、
ある男性の乗客(当時29歳のセールスマン)に阻まれたため、
已む無くデッキにぶら下がり次の直江津駅まで行く破目になった。
列車が直江津駅に到着すると、3人組は自分たちを阻んだ男性に対して、
「乗降口から乗れないので仕方なくガラスを壊して乗ろうとしたのに、何故妨害した」と詰め寄った。
男性に「窓から乗り込むという方法はない」と反論されたため、
「(自分たち)朝鮮人に向かって生意気だ!ホームに降りろ!殺してやる!」と叫び、
その男性を直江津駅のホームに引きずり降ろした。
3人組は駅の備品であるパイプやスコップを持ち出して男性に襲い掛かり、
メッタ打ちにした。男性は頭や左眼などに十数か所の傷を負い、絶命した。

以下、吉田茂がマッカーサーに宛てた書簡

連合国最高司令官ダグラス・マッカーサー元帥閣下

親愛なる閣下

日本の戦後の諸問題のうち朝鮮人と台湾人に関するものがありますが、
彼らはかつて日本国民であり、現在もこの国に依然として滞在しているものです。
ここでは台湾人については、彼らが比較的少数であり、それほど問題を起こして
おりませんので、しばし触れないことに致します。
しかし、総数約一〇〇万人、そのほぼ半数は不法入国者であるところの
在日朝鮮人の問題について、われわれはいま早期の解決を迫られております。
私はこれら朝鮮人がすべて、彼らの生国の半島に送り返されることを欲するものです。
その理由は以下のとおりです

1.日本の食糧事情は、現在もまた将来においても、余分な人々を維持することを
許しません。アメリカの厚意によって、われわれは大量の食料を輸入していますが、
その一部は在日朝鮮人を食べさせるために用いられています。

これらの輸入は、将来何世代にもわたって我が民族の負債となることでありましょう。
もちろん、われわれはそのすべてを返済する覚悟を固めておりますが、この対米負債のうち
朝鮮人のために生じた分まで、将来の世代に負わしむるのは、公正なこととは思えません。
2.これら朝鮮人の大多数は、日本の経済の債権に貢献しておりません。

3.もっと悪いことには、これら朝鮮人は犯罪を犯す割合がかなり高いのです。
彼らは我が国の経済法規を破る常習犯です。かなりの数が、共産主義者か
その同調者であり、最も悪質な政治的犯罪を犯しがちなのです。
投獄されているものは、既に七〇〇〇人を超えています。

戦後今日まで裁判に付せられた、朝鮮人による刑事事件は以下のとおりです。

年次          事件数   朝鮮人関係者数
1945(8月15以降)   5334件  8355人
1946          15579件  22969人
1947          32178件  37778人

さて朝鮮人の送還計画としてわたしが考えるのは次のようなものです。

1..原則として、朝鮮人は全て送還され、その費用は日本国政府の負担とする。
2.日本に在住を希望するものは、日本政府に許可を申請すべきものとする。
在住許可は、日本経済の再建に貢献しうると見なされたものに与えられる。

以上述べました私の考えが、期間によって原則的に承認を得られた場合は、
送還に伴う予算その他の具体的措置について、改めて案を提出いたします。 
        
彡(゚)(゚)「なんや、一国の大臣、後の首相クラスでさえ、ボコボコにするって・・・
     朝鮮人、容赦ないなあ」
/ ´・ω・`\「直江津駅の事件とかも酷いやろ?よってたかってなぶり殺しだからね。
        しかも、恐ろしいのは当時の電車はそれこそ、
        鮨詰めで数百人の乗客が乗っていたにも関わらず、
        わずか3人の朝鮮人を制止できなかった点。
        普通なら制止しようとする日本人が出てきてもおかしくないけど、
        敗戦で日本人も気力を根こそぎ削がれていたのもあるだろうけど、
        それ以上に当時の日本人は朝鮮人にビビッていたんだろうね。
        吉田茂がマッカーサーに宛てた書簡も興味深いよ。
        当時どれだけ朝鮮人による犯罪が多かったか?
        政府がどれだけ対応に苦慮していたのかを如実に語っているよね?」

/ ´・ω・`\「やきゅう民くん、話は変わるけど警察予備隊って学校で習ったよね?」
彡(゚)(゚)「しってるで。1950年に朝鮮戦争が勃発した際にそれにともない発足したって聞いたで?
     たしか自衛隊の前身だよね?」
/ ´・ω・`\「そうだね。でも少し疑問に思わない?
        なぜ朝鮮戦争が勃発した際にそれに合わせて発足させたのか?」
彡(゚)(゚)「そういえばそうだね?なんでやろな?学校ではあまり細かくは教えてくれなかったなあ。」
/ ´・ω・`\「当時の日本の治安維持に当たっていたのはGHQだよね?
        要はアメリカを中心とする多国籍軍。日本の警察は銃の所持すら認められていなかったから、
        当時多発していた共産党やそれに共謀する朝鮮人による暴動の類を日本の警察だけで抑えることは、
        事実上不可能、よって治安維持の大半をGHQに委ねていたわけだけど、
        朝鮮戦争によってそれらの治安維持軍が国内から出払ったらどうなると思う?」
彡(゚)(゚)「日本の警察は銃の所持すら認められていないのに治安維持部隊がいなくなったら、国内は大混乱になるやん?」
/ ´・ω・`\「そうだね、まさしくその点を憂慮して、朝鮮戦争の勃発に合わせて急遽発足したと考えて差し支えないと思うよ。
        逆に言えば朝鮮人の横暴がそれだけ日本全土で、
        収拾がつかないレベルで酷かったことに対する証左であるといえるよね。」
彡(゚)(゚)「しかし、学校では朝鮮人は強制連行されてきたかわいそうな被害者だって教えられたのに、
    これじゃあ、どっちが被害者だか分からないやん?むしろどの辺が被害者なんだろうか?」
/ ´・ω・`\「うーん、日教組による自虐史観では日本人はすべてにおいて悪であり、
        朝鮮人はかわいそうな被害者ってことにしないといけないからね。
        この戦後の朝鮮人による乱暴、狼藉の数々を学校で教えることはタブーだから、
        学校では教えてくれないだろうね。
        共産党とそれに共謀した朝鮮人の悪行は戦後における黒歴史のひとつだから、
        歴史から抹消したいのは間違いないよね。」
彡(゚)(゚)「しかし、朝鮮進駐軍と彼らが名乗ったというのが限りなくデマだとして、誰がそんなデマを流したんやろか?」
/ ´・ω・`\「こればかりは推測するしかないけど、右よりの人が先走ってミスリードしたか?
        左よりの人が過去の共産党とそれに共謀する朝鮮人の悪行をなかったことにしたいから、
        意図的に朝鮮進駐軍なるデマを流して、それがデマだと分かれば、
        過去の悪行もひょっとしたら嘘なのではないか?と疑心暗鬼にさせるための戦略なのかもね?」
彡(゚)(゚)「しかし、朝鮮人恐ろしいなあ。いかに戦後の混乱期とはいえ、
     敗戦で弱りきった日本人にする所業ではないやろ?白昼堂々と目をつけた日本人女性を集団で強姦するとかも、
     あったんやろ?犬畜生だってそんなことせえへんやろ?」
/ ´・ω・`\「人間、窮した時に本性が出るって言うからね。それが彼ら朝鮮人の本性ってことじゃないのかな?
        ぶっちゃけ、朝鮮人の悪行の数々に比べたら、朝鮮進駐軍と彼らが名乗っていたのかどうか?等、
        瑣末な問題だよ。
        高々、戦後70年弱しか経過していないけど、学校で教わる機会すらなければ、
        この手の話は風化する一方だからね。
        現代に生きる日本人はもっと戦後の混乱期に何が起こったのか?臭いものには蓋をするのではなく、
        差別であると一蹴するのでもなく、淡々と理解することが重要なんじゃないかな?」
彡(゚)(゚)「もう正直朝鮮進駐軍と彼らが名乗っていたかどうかとか、どうでもよい気がするわ。
     敗戦国の悲劇というよりは武力を持たない、武装放棄させられた民衆がどうなるのか?
     歴史の教訓を見た気がするわ。」
/ ´・ω・`\「せやな。性善説にのっとって無防備宣言しとけば相手もなにもしないだろう?
        なんて言ってるのは確信犯の共産主義者か?歴史を知らん馬鹿か?お花畑というしかないで。
        賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶって言うやろ?本当の馬鹿は歴史からも経験からも、
        学ぶことが出来ないことをいうんだけどな。」
関連記事
スポンサーサイト
  • Share