精神病院入院体験日記⑦ 開放病棟編その③

前回の続きです。
開放病棟編はすでに記憶があいまいなため、なるべく時系列に沿って書きたいと思いますが、
多少前後すると思います。
入院何日目かのことです。
開放病棟2日目の喫煙室で手痛い洗礼を浴びたK美さんに声を掛けられお茶に誘われました。
まだ、このときは喫煙室でたまに会話するくらいしか話相手もいなかったこともあり、
割と会話に飢えていたこともあり、快諾してお茶に行くことにしました。
お茶と言っても喫茶店の類があるわけではなく、自販機でコーヒーを買って飲むだけなんですけどね。
適当にベンチに座りコーヒーを飲んでいると彼女が唐突に身の上話を始めました。
なんでも、K美さんは幼少の頃に親と離れて施設に入ることになり、
たしか18歳になるまでそこで生活をしてきたのだそうです。
彼女は何の病気で入院しているのか?どのくらいの期間、入院しているのか?
という事柄について頑なに教えてくれようとはしないのですが、
他の患者さんも同様に聞いても教えてくれないのでわからないようですが、
推定年齢40歳前後でしょうか?
管理人よりやや上か?同じくらいといった印象を受けました。
ただ、彼女はTVの歌番組ではJPOPよりも演歌が好きなようでして、
その辺りの嗜好も加味すると、あんがい年齢はもっと上なのかもしれません。
管理人は演歌の良さとかさっぱり分かりませんので。
精神病院に長く入院されている方というのは、
その期間が長くなればなるほど、逆のいいかたをすれば社会経験が乏しいと、
人間というのは自然と顔つきが妙に幼くなるようでして。
年齢の割りに若いを通り越して幼く感じる方が少なくありません。
なんというんでしょうね?人間、年を重ねることで自然とシワが増えるものですが、
それが普通というか自然だと思います。
ただ入院期間の長い方の特徴として共通するのは年齢に比べるとシワが少ないというか限りなく無いため、
人形のような皮膚をしているといえばよいのでしょうか?
やはり社会経験の乏しい方というのは苦労をしていないので顔が幼いようです。
例えば年齢が50歳なのに子供のような幼い顔つきをしていたら違和感を通り越して気持ち悪く感じてしまいます。
話をK美さんに戻しますが、彼女は他の患者さんの情報をまとめると入院期間は相当に長いようで、
管理人の想像では20年とか入院しているのではないかと。
そうすると、施設を出た後、その後の人生の大半を精神病院で過ごしてきたことになりますが、
なぜ、精神病院にはいることになったか?個人的に興味があったのですが、
残念ながら教えてくれませんでした。
K美さんはルックスは割りと普通だし、喋らなければぱっとみ街にいるその辺の普通の女の人にしか見えませんけど、
残念ながら喋ると呂律が回っておらず、半分何を言っているのか?分かりません。
解読するのに少々苦労します。
後、何故か分からないのですが、前歯が二本とも無いんです。
最初はお歯黒かと思ったのですが、単純に前歯が無いだけでした。
精神病院に入院されている方というのは歯の悪い方が散見されるというか、
多いいように感じました。
なんでしょうね?向精神薬の類は歯にも悪影響を及ぼすのでしょうか?
たしか、あの手の施設というのは18歳になったら自動的に出なければいけないと、
聞いたことがありますが、よく考えたら社会に出て就職する、家を借りるなどの手続きをするうえで、
親が保証人になってくれない、もしくは保証人がいない場合等、
社会で自立して生きていくうえでなにかと不都合があるのは間違いなく、
間違いが無いというか、かなり人生ハードモードを通り越してナイトメアモードに、
なることは想像に難くありません。
施設を出てから、色々ありすぎて心が壊れちゃったのかな?と勝手に想像しています。
女性のホームレスというのは、ほとんどいないと聞いていますけど、
精神病院というのは長期で入院できる性質上、このような方々の為の、
受け皿になっている側面があるということが分かりました。
入院が20年とか入院を通り越して普通に病院に住んでますからね。
精神病院というのは、実に色々な方が様々な理由で入院しているのだと痛感しました。
関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */