ネットカフェ難民についていまさらだけど、ゆるく考えてみる

さて、この間YouTubeで巡回していたら昔のVTRだと思いますけど派遣切りなどで突然仕事を解雇されて、
住む家をなくし止む終えずネットカフェを住居として滞在して日雇い等でその日その日の生活費を稼いで、
なんとか日々をしのいでいる方の様子を拝見しました。
昔かなり問題になりましたよね。
2008年のリーマンショックを契機として派遣先の企業の業績が悪化して人員整理を迫られ、
派遣社員の方が大量に首を切られ路頭に迷いネットカフェ難民やホームレスになってしまった。
東京都千代田区の日比谷公園に一時的に出来た年越し派遣村に大量に溢れたそのような方々の様子。
割と鮮明に記憶に残っています。
今ではそのような方々がどうなっているのか?
定かではありませんけど、ネットカフェ難民とか一度住所不定になった人間がまともに就ける仕事って、
かなり限定されると思いますので、そこからお金をためて部屋を借りて社会復帰を目指す。
いづれにしても、かなり難しいと想像に難くありませんけど、この問題をいまさらですけど、
ゆるく、考えてみたいと思います。

nettokafe.jpg

その前にですけど、管理人の素朴な疑問をひとつ。
この写真は一般的なネットカフェの平均的な部屋の様子ですけど、
間取りにして一畳?少なくとも二畳はないと思いますが、この部屋の何処で寝るのでしょうかね?
ちょっと想像ができないです。
管理人の家の最寄り駅にもネットカフェがありますので、たまに遊びに行くのですが、
そこにはVIPルームという喫煙可能な部屋が何部屋かあって2畳くらいのスペースにソファがあったり、
床がシート状のフラット席になっていたりしますけど、
こういう席であれば、まあたしかに仮眠くらいは出来ると思いますけど、
この間、食後にネットカフェに漫画読みに言ったんですけど、眠気がきつくてちょっと仮眠しようと思ったんですけど、
ネットカフェって結構うるさくて、うつらうつらしたものの少しだけ眠れたかな?というレベル。
うーん、あの微妙にうるさい空間で寝れる人ってすごいよなあ。
管理人は多分睡眠薬でも飲まないと朝まで熟睡できる気がしないけど。
それも一日ならまだ分かるけど、ほぼ毎日ですからねえ。
ネットカフェのような場所で眠ることが出来るってある種のスキルですよね。
たしかにネットカフェって漫画は読み放題だしネットゲームもやり放題、飲み物も無料と快適なのは分かりますけど、
毎日24時間過ごせるか?と聞かれたら難しいというか無理です。
他に選択肢がないとはいえ、あそこに住めるってちょっとすごいと思います。

もう一点素朴な疑問ですが、ネットカフェ難民になる方というのは、
そもそもの問題として部屋を追い出されたとして実家に戻るという選択肢はないのでしょうかね?
いえ、実家があって親子関係が良好であれば実家に戻って体制を建て直して、
地元で働いてお金をためて再度上京をすればよいという風に考えます。
常識的に考えて親子関係が断絶しているか?そもそも親と死別するなどして帰る実家がないと考えるのが、
自然なのかもしれません。
ただなあ、まともに考えたら部屋追い出されてネットカフェ難民になるよりは、
恥を忍んで生活保護でも一時的に受けて住所不定になることは避けるのは止む終えない措置だと思います。
それすらせずに、仕事を切られたからネットカフェ難民になるって人の気持ちというか思考回路がやっぱり分からんな。
生活保護を一時的に受けて住所と部屋を確保して仕事を探して社会復帰を目指すのと、
住所不定のネットカフェ難民になって、そこから働きながらお金を貯めて部屋を借りて社会復帰を目指す。
どちらの難易度が高いかは一目瞭然だと思います。
そもそもの問題として住所不定の人間が部屋を借りる際にお金があっても住所はない、恐らく保証人の引き受け先もない、
という人間が保証人不要制度を利用したとして審査に受かるか?という問題もあります。
保証人不要会社の審査って年々上がっている気がしますから。
住所不定の人間が敷金等の初期費用を用意できても部屋を借りることはかなり難易度が高いと見るべきです。
というよりは、まず無理なのではないかと。
また仕事の面で考えてみると、住所不定の人間が就ける仕事ってそもそも何がありますかね?
求人し見て正社員はおろかバイトに応募したとして住所不定の人間を雇ってくれますかね?
これも難しいというかまともな企業は採用してくれないと思います。
そうすると日雇い派遣?
ただ、2012年の派遣法改正から、30日以内の雇用契約を結ぶ、いわゆる日雇い派遣というのは、
原則禁止されたと聞いています。
経験や専門性が問われる仕事18業務については例外とのことですが、
それら専門性が問われる仕事をやはり住所不定の人間を採用するか?これも難しいといわざる終えません。
そもそもネットカフェ難民の人って日雇い派遣が禁止された後で何の仕事してるのだろう?
謎が多いいな。

ここからはちょっと酷な話をします。
個人的にはですが地方から就職の内定に合わせて上京して部屋を借りて働き始めたけど、
リストラにあって家賃が払えずに部屋を追い出されネットカフェ難民になるケース。
これはまだわらかないこともないです。
ただ半年働いて雇用保険を収めていれば失業給付を受けることが出来るかと思います。
平成21年3月31日の法改正では、ある一定の条件を満たす退職者については、
特定受給資格者と同じ所定日数を付与するとしているようで、
自己都合による退職と同じ失業給付を受けるための期間として三ヶ月必要になった模様。
ただ一人暮らしをする以上最低限失業給付を受けるまでに三ヶ月程度生活を維持できる貯金をして、
しかるべきだと思います。
仮に給料が安すぎて貯金が一切出来ないということであれば、一人暮らしを継続する上で、
非常にリスキーな生活スタイルといえます。
最悪、三ヶ月の生活費がないということであれば消費者金融などから借り入れをしてしのぐという選択肢もあります。
そのうえで、失業給付を受けながら再就職先を確保して生活再建に取り組むことも可能です。
それすら難しい場合恥を忍んで行政に申請をして生活保護を一時的に受けるという選択肢もあります。
少なくとも、このケースの場合、ネットカフェ難民に落ちる理由は何処にもないと思います。

管理人が一番理解に苦しむのは契約期間が半年など決まっているにもかかわらず、
工場などで住み込みで働く場合です。
いわゆる期間工ですね。
なにが理解不能かというと、そもそも工場などの期間工って当然ですが雇用期間に定めがあります。
住み込みで働く場合、契約期間の間部屋に住むことができますが、
契約期間満了により契約が更新されない場合自動的に職を失うこととなり住んでいる部屋も退去を求められます。
これ自体は当然といえば当然です。
基本的にですが、期間工というのは言葉を変えれば出稼ぎ労働者だと思います。
個人的にですが期間工で働くのは本業である農家などが農閑期に働くことが出来ない場合に、
する仕事だと思っています。
なぜなら、契約期間が終了すれば仕事を失うと同時に住む部屋を失うからです。
つまりいつ契約が切られても地元に帰って実家ないし帰る部屋がある方の働き方であります。
帰る場所がなければ契約期間が過ぎれば自動的に住む部屋もなくなるわけですので、
必然的に貯金がなければ新しい部屋を借りることもできずネットカフェ難民に落ちるのは至極当然と思います。
もちろん地方には仕事がないのだから派遣だろうが期間工だろうが、出稼ぎ労働でもするしかないだろ?
という気持ちもわからなくはないのですが、契約期間に定めのある派遣という選択肢を選んだ時点で、
契約が満了後、更新されない場合、帰るべき実家などの本拠地がない場合、生活に困窮して、
即座にネットカフェ難民どころかホームレスになる危険すらあります。
そのような働き方を選択すること自体がリスキーを通り越しナンセンスだと思います。

派遣法の改正により専門職以外も広く派遣できるようにしたことで、
企業は正社員の数を抑制する傾向にありますので、派遣社員など非正規雇用の比率は年々上がり、
全体の4割に迫るといった記事も見ます。
社会全体で考えるべき問題だと思いますので、一概に派遣という選択肢を選んだ本人の問題だということではないとも思います。
ただ、いづれにしても、期間工で住み込みで働くという選択肢以外にも地方でも地元で働くという選択肢があると思うので。
雇用の不安定な期間工という選択肢を選んで契約が更新されないので部屋からの退去をいいわたされた。
住む部屋がなくなったので、やむおえずネットカフェ難民になってしまった。
これ自体はやはり自己責任というしかないと思います。
正直言って落ちるべくしてネットカフェ難民になったというしかないです。

酷な話をすると平均的な知能指数があり携帯とネット環境とパソコンがあれば、
Google先生で調べれば最悪どうすればよいか?調べればネットカフェ難民にならずに住む手段など、
幾らでも出てくると思います。
それができずにネットカフェ難民に落ちてしまう方というのは、
率直言って、軽度の知的障害を抱えているなど根本的な部分で問題を抱えている気がします。
それはホームレスもしかりですが。
普通の人はネットカフェで寝起きして日雇いなどの仕事をする生活を繰り返す毎日とか無理ですからね。
それが出来ること自体が普通ではないことの表れともいえます。

まあ、戦後の高度経済成長期であればそれこそ中卒でも誰でも正社員になることが出来て、
定年退職することが出来た時代だったのでしょうけど、
新卒至上主義のまかり通る日本では一度レールから外れることは事実上の死刑宣告と変わりませんので。
当人の努力だけではなんとも出来ない問題とも思いますけど、
ただ、やはりこのネットカフェ難民の問題って半分は自己責任の世界だと思います。
残り半分は社会情勢の問題と本人の資質の問題かな?
繰り返しますけど平均的な知能指数があり携帯とネット環境とパソコンがあれば普通はネットカフェ難民や、
ホームレスにはならないよ。
関連記事
スポンサーサイト