Bowmaster ポータブルボウプレス用 Lブラケット

さて、自作の簡易型ボウプレスに使用するステーとして、
Bowmaster ポータブルボウプレス用 Lブラケットが届いたので、
今後の作成の構想を練りたいと思います。

Bowmaster ポータブルボウプレス用 Lブラケット

DSCF0457_convert_20140905145029.jpg

届いたブラケットですが、
肉厚の鉄製でしょうか?
かなり頑丈な作りとなっていて、
自作ボウプレスの要とも言える品物です。
というよりも、これとロープがあれば、
半分完成したようなものでしょうか?

ホームセンターでも似たようなステーを見つけることはできるかもしれませんが、
対象物を傷つけないように金属の上にビニール?製のキャップが装着されています。
これが地味にポイントが高いですね。

これで2000円と送料なら安いのではないでしょうか?

実際にこのブラケットをクロスボウの弓にあてて取り付ける角度を確認したいと思います。
DSCF0458_convert_20140905145109.jpg

このクロスボウはエントリーモデルによく見られる、
弓のカーブが広めのタイプですので、
このように角度をつけて装着するのがベストと思われます。

後はコッキングロープを取り付ける箇所にロープを通して、
反対側のブラケットに回してテンションをかければ、
いいわけですので間に逆流防止の滑車の類を装着してあげようと思っています。

具体的に逆流防止機能つきの滑車の名称が分からないので、
ネットで検索できなかったのですが、
まあ、ホームセンターで見つけてみたいと思います。

理想としてはテンションをかける滑車一個。
テンションを緩める滑車一個を装着できればと思っています。

滑車が入手でき次第組み立ててみたいと思います。
関連記事
  • Broadheadの紹介
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */