周回 ボス攻略一覧 ダークソウル2攻略日記







ボスを攻略する際の弱点属性を踏まえたうえでのお勧め武器などを各ボス戦ごとにボスの攻略を簡単な解説を添えてまとめてみたいと思います。ボス戦の数が多いため本編で攻略しなくても良いボス戦は割愛しています。






最後の巨人

弱点属性 闇

20160803212259_1_convert_20160803222224.jpg




最後の巨人は闇属性が弱点となっているため、もともと闇属性がついているヴェルスタッドのソウルから作る聖鈴の大槌がもっとも効果的にダメージを与えられると思われます。最後の巨人は動きが緩慢なため両手持ちに切り替えて開始早々の攻撃を前方ローリングで回避して懐に飛び込み足元を狙って攻撃。巨人が足で踏みつけてきたらローリングで回避しつつもう片方の足を攻撃。その繰り返しです。HPが減ってきたら腕を引きちぎって攻撃してきますが、やることは変わりません。




呪縛者

弱点属性 打撃 雷
無効な属性 闇




弱点属性は打撃に雷のため名工の金槌などのコンパクトに攻撃できる武器が無難です。これに黄金松脂などでエンチャントすると良いです。



ローリング回避の場合、呪縛者の仕掛けてくる3連続攻撃は右ローリングを繰り返し回避しつつ懐に潜り込んで一発攻撃。これを繰り返していれば良いと思います。たまに仕掛けてくる突き攻撃、距離が近い場合は左右へのローリングで回避もしくは前方ローリングで回避して攻撃。遠距離から距離を詰めてからの単発の左からの攻撃は左ローリングで回避して攻撃。シールドバッシュは後方ローリングで回避もしくは右ローリングで回避して攻撃。攻撃パターンが単調で手数も少ないため見切りやすいと思います。基本的には敵が武器を振るってくる方向に回避。左からの攻撃は左ローリング、右からは右ローリングといった具合です。

二週目以降持久力が50あればスタミナは150確保できますので、三匹目の竜の指輪を装備することでスタミナを168確保できます。これだけあれば、受け値のそこそこ高いタワーシールドでも装備していれば余裕でほぼすべての攻撃を、盾受けすることが出来ますので、たまに仕掛けてくる盾で攻撃してくるシールドバッシュだけ右ローリングなどで回避する以外は他の攻撃のほとんどをローリング回避する必要すらありません。また、盾受けしつつ基本的には右回りで移動するだけで半分近い攻撃は回避することも可能です。





竜騎兵

弱点属性 打撃 炎 雷

20160804171011_1_convert_20160804173626.jpg


竜騎兵の弱点属性は打撃、雷、炎と、打撃が有効ですのでクラブやメイス、名工の金槌などの武器の振りが割りと早く攻撃後の硬直時間の短い武器が無難だと思います。これに黄金松脂などでエンチャントすると良いです。



ローリング回避の場合は前方ローリング、もしくは横払いしてくる方向に向けてローリング。シールドバッシュも右ローリングまたは後方ローリングで回避。基本的には左からの攻撃は左ローリングで回避、右からなら右ローリングで回避。前方への叩きつけは左右へ回避。竜騎兵の攻撃は最大で3回攻撃が続きますが、2回の横払いの後で前方への叩きつけがくる場合と来ない場合があるので、その辺りに注意すれば特に問題もないと思います。




古い竜狩り

20160804165538_1_convert_20160804173939.jpg


弱点属性 特になし
無効な属性 闇

古い竜狩りは弱点属性がこれと言ってないことから逆に言えばすべての属性攻撃は、可も無く不可も無く入ることを意味にしています。古い竜狩りは割りと攻撃後の硬直時間が長いので大剣位が無難な印象です。



古い竜狩りは無印のオーンスタインとスモウ戦を彷彿とさせますが、今作ではタイマン戦のため特に苦戦はしないと思います。接近戦での攻撃は大抵の場合は前方ローリングで回避、唯一警戒すべきは盾を貫通する攻撃をしてくる場合があり、捕まるとHPをごっそり持って行かれます。これは左右へのローリングなどで回避します。それくらいでしょうか。攻撃の出がやや早いものの、盾受けしながら攻撃のタイミングを見図らない攻撃をローリング回避後、チクチクと攻撃を入れていけば良いと思います。後は、闇属性を帯びたヒップスタンプ攻撃くらいでしょうかこれは攻撃を感知したら後方に一回ローリングで回避後、歩いて下がれば回避できます。






流罪の執行者

2015-08-26_00010_convert_20150920180344.jpg


弱点属性 雷
無効属性 魔法

流罪の執行者は水場にいるために雷が有効なため、武器に黄金松脂などでエンチャントすると良いです。流罪の執行者の特徴は両方に顔と腕があり、片方は槌、片方は曲剣を使用してきます。槌を両手持ちしているほうが、攻撃が単調で対処しやすい印象ですがこの槌による攻撃は攻撃は3回続きますが攻撃を左ローリングで回避。3回目の攻撃後、硬直するため二回ほど攻撃して離れます。曲剣のほうは手数が多く盾受けするとスタミナ次第で受けきれない可能性があるので、後方ローリングなどで距離を取り硬直したところを攻撃。槌を持ったほうが単調で対処しやすいのでできるだけ、槌を持ったほうを誘導して攻撃を誘発してあげると対処しやすいです。



二週目以降、MOBが2体沸きますが、ステージに入って右側と左側に動きの早いMOBが沸きます。個人的には開始早々に右側に向かい一体目の攻撃を盾受けして攻撃。流罪の執行者ともう一体のMOBが左から来るのでローリングして距離を取りMOBと執行者を引き離してから盾受け後攻撃。乱戦になることを想定しMOBの攻撃を食らっても攻撃を振りぬけるだけの強靭を確保してあげると良いです。




虚ろの衛兵

20160802183143_1_convert_20160804181511.jpg



弱点属性 打撃 雷




虚ろの衛兵は打撃と雷が有効ですのでラージクラブや名工の金槌に黄金松脂でエンチャントしてあげると具合が良いです。ただ一対一ならばラージクラブでよいのですが、最初に一体目のレギムを倒した後、残りの二体が時間差で上に上ってきます。迅速に倒すことができないと狭い場所での複数戦はきついため下に降りて戦うのが無難です。一対二の戦いを強いられますとラージクラブだと、攻撃後の硬直が割りと長いので隙を付かれて一発貰うこともしばしば。複数戦に移行したら名工の金槌などのより攻撃後の硬直時間の短い武器が具合が良いです。

名工の金槌は攻撃後の硬直が短いので複数戦には有利かと思います。複数戦に移行したらできるだけ二体を引き離しつつ一体ずつ打撃を少しずつ与えていきます。敵の攻撃を盾受けしていると攻撃に移るだけの時間が一対二だと無くなることが多いため、ローリング回避で可能な限り回避したいところです。
す。




スケルトンの王

2015-08-27_00001_convert_20150920183553.jpg


弱点属性 打撃 炎
無効な属性 刺突 魔法

スケルトンの王ですが、弱点となる属性は打撃と炎ですので、単純に考えればラージクラブや巨人兵の大槌に炭松脂などでエンチャントしてあげることが無難ですが、このボス戦の難しさは3体のボス本体よりもボスを倒した後に沸くスケルトンのMOBの群れです。スケルトンの王を一体倒すたびにスケルトンが沸きますが周回を重ねるたびにその数もどうやら増えるようですので、4週目程度でも正直望郷なしですと、沸くスケルトンの数が多すぎて対処することは難しいレベルです。



打撃武器はどうしてもリーチが短く、基本的には前方への叩きつけのためスケルトンのMOBの群れには対応し図らいです。そのためスケルトンの王を一体倒した後に沸く雑魚スケルトン対策としてより広大な範囲を攻撃できるように、用意したのがグレートソードです。この武器は広大な範囲の雑魚を一掃するうえで理想的といえます。ポイントはスケルトンの王を一体倒すごとに雑魚スケルトンが複数沸くので、望郷を入れて望郷の光に群がったスケルトンをグレートソードで一掃してあげるというもの。
これをスケルトンの王を一体倒すごとに繰り返していきます。

逆にいうと望郷をスロットにセットし忘れてしまうと・・・・ちょっと4週目程度でも対処できるかわかりません。それくらいに沸く雑魚スケルトンの数は多いいです。また車輪骸骨の群れと言うのも周回により攻撃力が増しているため、凶暴さを増し、仮に望郷縛りをした場合、かなり鬼畜な難易度になるかと思います。

また、このボス戦に関していえばNPCは呼ばないほうが明らかに楽だと思います。というのもスケルトンの王を一体倒すごとに雑魚スケルトンが多数沸くので、誤って二体意図しないタイミングで倒してしまうと難易度が跳ね上がってしまいます。逆に言えばそれだけ守ってあげれば楽に完封できます。望郷を使用しない縛りプレイですと、正直いってかなり極悪な難易度のボスに変わると思います。それくらい車輪骸骨を含むスケルトンの群れは非常に脅威です。




貪りデーモン

2015-08-27_00005_convert_20150921083640.jpg

弱点属性 刺突 魔法 炎
無効な属性 打撃 雷

弱点となる属性は刺突と魔法と炎。武器に炭松脂などで炎エンチャントするとよさそうです。貪りデーモンの攻撃で警戒すべきは顔の前面近くにいると捕食攻撃をしてきます。この攻撃は装備が外れるため、予備の武器を持っていないとその時点で実質的に負けが確定します。個人的にはグレートソードが使いやすいです。

楽に攻略するならばステージの高い位置に壺が3つ吊る下がっており、これを開始早々に鉄の矢を装備して弓矢で攻撃することで中に入っている亡者を、落とすことが出来ますが、デーモンはこの亡者を優先して捕食します。亡者を食べている間はデーモンの耐久力が上昇するのかダメージが入りにくいです。デーモンが亡者に向かったところで攻撃を叩き込んでいきます。3体の亡者を捕食するまでにHPを半分は削ることができます。



個人的に楽なのはノーロックでデーモンとある程度距離を取り、ジャンプ攻撃を誘発させます。ジャンプ攻撃後、尻尾に近づくと尻尾で攻撃を受けます。そのためデーモンの横腹辺りを位置取り攻撃を加えます。横腹辺りに位置すると今度は体を捻って転がって攻撃を仕掛けてきます。一応攻撃の兆候はあるものの予備動作が短いので結構食らいやすいです。転がり攻撃を食らうつもりで集中砲火を浴びせるか、1,2発攻撃してすぐに離脱してジャンプ攻撃を誘発するか、攻め方が分かれそうです。いずれにせよ捕食攻撃以外は致命的な攻撃ではないので、特に問題も無いと思います。





毒の妃ミダ

20160804162658_1_convert_20160804174811.jpg


弱点属性 刺突 炎
無効な属性 斬撃 魔法 雷 毒

ミダの弱点となる属性は刺突と炎。炭松脂で炎エンチャントしてあげるとよさそうです。ミダに関してはなるべくリーチの長い武器のほうが良いと思います。

ミダの攻撃は接近戦で仕掛けてくる連続攻撃。これは前方ローリングで回避、最大で3連続で続きますが、最初の一回目の攻撃の出が割りと早いので最初の一回目の攻撃は盾受けしてそれ以降前方ローリングなどで回避するのも無難だと思います。ローリング回避後、攻撃を入れますが、尻尾に近づきすぎると尻尾による攻撃が来ますが、この攻撃が結構被ダメージが高いので、安全マージンを取ればミダの攻撃を前方ローリングで回避後攻撃をしたら、後方ローリングで回避。これなら尻尾攻撃を確実に避けることができます。時間は掛かりますが。




距離が離れるとミダの頭からソウルの矢を放ってくるので盾受けするか左右へのローリングで回避、後はミダの頭を前方に投げて頭から全方位の衝撃波を放ってくるため盾受けするか距離をとって頭と反対側にローリングなどで回避。注意すべきはミダの後ろを取ると尻尾による横払い攻撃を仕掛けてきますが、これが地味に痛いので、後ろにはあまり陣取らないほうが良いです。後はミダの前に位置していると稀に行ってくる掴み攻撃、これも地味に被ダメージが高いので横ローリングなどで回避。遠方からもダッシュ突きを行ってくるなど、割と攻撃が多彩です。個人的にはミダの攻撃を回避後に硬直したところで物干し竿などのリーチと攻撃後の硬直時間の短い武器で攻撃後、後方ローリングで距離を取る。ミダとは距離を取りすぎると魔法攻撃が飛んできます。近すぎると掴み攻撃がくるのでその中間の距離で位置すると割りと安全に戦えます。





熔鉄デーモン

2015-08-21_00018_convert_20150921090130.jpg

弱点属性 打撃
無効な属性 炎

弱点属性は打撃ですのでリーチが適度にあるラージクラブ等が適当だと思います。セオリー通りですとHPが減るか一定時間経過で炎のエンチャントを行ってくるため、炎カット率100%のゲルムの大盾を用意して防ぐと言うものです。スタミナ次第と言った感じですが、ゲルムの大盾であればほぼすべての攻撃を、低周回なら盾受けすることも可能ではあります。ただ盾受け後に攻撃に移らなければいけないため、半分盾受け、半分ローリング回避くらいの感じで、スタミナに余裕を持たせないと攻撃するだけのスタミナが残りません。



慣れない内はとりあえず盾受けし相手の攻撃の間合いを覚え、ローリング回避の練習をすればよろしいと思います。コツは盾でガードしつつローリング回避する。ローリング後もすぐに盾受けする。ローリング回避が遅れれば盾受けしますので回避するタイミングを把握しやすいと思います。ローリングする際は盾でガードする。ローリング回避後も盾でガードする。これを徹底すれば回避が早くても遅くても敵の攻撃は盾に引っかかります。

基本的には溶鉄デーモンの攻撃パターンは左右からの横払い、これは剣を振るってくる方向に対してローリングで回避。たまに仕掛けてくる前方への突き攻撃は左右いずれかへのローリングで回避に攻撃。溶鉄デーモンが炎を纏った後、落下攻撃後地面に剣を突き立てた場合は、そのままの姿勢でいる場合高確率で衝撃波を行ってくるので、できるだけ距離を取って回避。このときに雫石やエスト瓶で回復してあげればよろしいと思います。もしくはダッシュ攻撃で距離を詰めて攻撃。このタイミング以外ですとステージが狭いため安全に回復するタイミングと言うのがなかなか無く難しいです。

このボスは攻撃が全体的にディレイを掛けて遅らせてくることが多いため、慣れないとと引っかかりやすいです。






鉄の古王

2015-08-29_00001_convert_20150922081453.jpg

弱点属性 打撃 雷
無効な属性 炎





鉄の古王ですが弱点属性は打撃と雷ですのでラージクラブや巨人兵の大槌などの打撃武器に黄金松脂などで雷エンチャントしてあげると効果的だと思われます。このボスは入り口奥の壁がブレス攻撃を避けることが出来る安置となっていますが、鉄の古王が溶岩から出てくる位置によっては使えないこともあり、慣れれば攻撃をローリング回避、ブレス攻撃は歩いて回避することも容易ではあります。所々あいている溶岩地帯に落ちなければ攻撃を食らっても即死するわけではありませんので、落ちないように気をつければ問題ないと思います。ボスの攻撃はゲルムの大盾を用意しても盾受けが難しいようなので、素直に両手持ちでガンガン削ると良いと思います。このボスは基本的にノーロック推奨ですが、腕を横払いしてくるときはノーロックだと回避が難しいのでこのときだけロックしてあげるとやりやすい印象です。



蠍のナジカ

20160804161749_1_convert_20160804180235.jpg


弱点属性 刺突 炎
無効な属性 魔法

虚ろの影の森のボス、蠍のナジカです。弱点属性は刺突と炎ですが、攻撃の振りが速く硬直時間の短い打刀などに炭松脂などで炎エンチャントしてあげるとよいです。ナジカの攻撃は非常に多彩で離れていると極太のソウルの槍を放ってきたり、追尾するソウルの塊を使ってきたりします。追尾するソウルの塊はナジカをロックして時計回り、反時計回りどちらでも良いのでナジカの周りをぐるぐると回りながらダッシュで回避。ソウルの槍は左右へのローリングで回避。



基本的にはナジカの攻撃はほとんど後方ローリングで回避。ナジカの全面に位置すると後ろにある尻尾を前方に突き立ててきます。これが一番安全に攻撃できるチャンスです。尻尾を切断することは出来ますが、2本とも切ると、尻尾による攻撃は隙と硬直時間が長いためこの攻撃のチャンスがなくなってしまいます。そのため1本だけ残してあげて尻尾を全面に突き立ててきたら尻尾を無視して顔辺りを斬りつけてあげます。

割と有効なのがナジカに接近した後、尻尾攻撃を誘発させ、顔を斬りつけるという攻撃を繰り返すものです。その間に地面にもぐったり魔法攻撃を仕掛けてきますが、地面に潜ったら岩場に退避して出てきたら一定時間硬直するため攻撃。後は同じ攻撃を繰り返していれば割と完封できます。





彷徨い術士

2015-08-28_00004_convert_20150924210317.jpg

弱点属性 雷
無効な属性 魔法 闇

術師1人と信者たち(聖職者2人と亡者5匹)と言う構成のこのボス戦。弱点属性は雷のため黄金松脂などで雷エンチャントしてあげると良いです。中心に闇魔法を使用する術師がいますが、この敵は開幕と同時に接近するとフォースの闇魔法ヴァージョンを放ってきたり放置していると割と面倒なため真っ先につぶしたいです。



聖職者2人が放ってくる雷の槍。この威力が二人同時からだと3週目程度でも無視できない威力です。個人的には多少強引でも大魔法防護を使用し各種魔法のカット率を上げ開始早々にステージ中央の黒魔法を使用する術師に接近します。このときに高確率で術士はフォースのような衝撃破。聖職者二人は雷の槍を放ってくるため、接近すると同時にローリングで回避。その後で巨人兵の大槌のような武器で一気に術士を倒します。後は聖職者二人を各個撃破。

もしくは雷カット率の高い盾、ハベルの盾もしくは竜騎兵の大盾に雷派生したもの等を用意することで、雷の槍対策をして、接近して盾受けして雷の槍をガード、後はグレートソードなどで、範囲攻撃してなぎ払ってあげればよいかと思います。





公のフレイディア

2015-08-28_00007_convert_20150925103638.jpg

弱点属性 打撃 炎
無効な属性 刺突 魔法 雷 闇

公のフレイディアです。弱点属性は打撃と炎。

この武器は武器の振りが速く攻撃後の硬直が少ないので、攻撃後すぐに盾受けに移ることが出来るのが、ポイントとなっています。NPCを召還推奨です。戦い方のセオリーは戦闘開始直後に右側に少しダッシュした後で壁に向かい望郷を入れます。後は子蜘蛛の群れはNPCに任せてぐるっと一周して反対側の顔に張り付きます。一回レーザー攻撃を受けると思いますが、ダッシュで移動すれば回避できると思われます。レーザーの属性は魔法のようですので、魔法防御力を上げておくとダメージが軽減できます。顔に張り付いた後はコンパクトに一回か二回顔に攻撃を入れすぐにフレイディアの側面に盾受けしながら回避します。するとフレイディアの攻撃は大抵キャンセルされますので、再び顔に張り付いて攻撃を加える。これを繰り返します。

稀にハイジャンプ後のボディプレス攻撃を仕掛けてきますので、なるべくハベル装備等で、物理防御力を上げておくとベターです。フレイディアの攻撃は三週目くらいでもハベル装備で6割ほどHP持っていかれますので割りときついです。逆に言うと顔に攻撃、側面に移動を繰り返せばハイジャンプ後のボディプレス攻撃以外の攻撃はまず、食らいませんので割りと安全に完封できます。子蜘蛛の処理はNPCにまかせておけば、後はフレイディアに接近して張り付いていれば、問題なく完封できると思います。





忘れられた罪人

20160805161053_1_convert_20160806073938.jpg


弱点属性 魔法
無効な属性 炎

忘れられた罪人です。警戒すべきは二週目以降、呪術使いの赤MOBが途中から二体沸くので、ソロでプレイする場合は炎防御力をあげておくとよいと思います。また赤MOB対策として刺剣をサブで用意しておくとよさそうです。

罪人の基本的な攻撃は離れた距離からダッシュ攻撃。これはタイミングよくローリング回避後に攻撃を一回。罪人が離れたら同じことの繰り返し。接近戦で3連続攻撃を行ってきますので前方ローリングもしくは剣を振るってくる方向にローリングして回避。あとは大ジャンプ後の攻撃、これは前方ローリングで回避。打刀など攻撃後の硬直時間の短い武器が具合が良いと思います。



罪人自体はそれほど強くもないですが、2週目以降で途中で湧いてくる赤MOB,これが非常に難易度を上げています。試しにアヴェリンを用意して赤MOBに射撃したものの、綺麗にローリングで回避されます。魔法を使ってもなかなか当たりません。何度やっても駄目でした。赤MOBの使用する呪術は割と威力が高いので黒魔女装備に炎晶石の指輪+3、ファロスの仮面で炎防御力を底上げしていたにも関わらず2割ほどHPを削られます。炎防御力を上げていない場合、相当にやっかいです。この赤MOBは隙をみて刺剣でチクチク攻撃を入れてあげると具合が良いです。HPが低いので倒すことは容易ですが罪人の攻撃を回避しつつ赤MOBを倒すのはソロでは割ときついです。個人的に具合が良いと感じたのはゴダの守護指輪を装備して背後からの被ダメージを大幅に軽減するというもの。赤MOBが沸いた後は罪人と赤MOBが適当な距離で位置しているときに罪人の攻撃をローリング回避して赤MOBに接近して刺剣の連続攻撃で倒す。背後から罪人の攻撃を受けたとしても8,9割の被ダメージを軽減できます。逆に赤MOBと罪人が離れすぎているときに赤MOBを狙うと罪人のジャンプ攻撃が飛んできてかえって危険です。

ボス霧直前の左右の塔でたいまつをくべる事でステージ全体を明るくすることが出来ますが、難易度をあえて高くするということならたいまつをくべないでプレイすることも良いかもしれません。ちょっと距離が離れるとロックが外れて罪人を見失うので難易度が跳ね上がりますが、これが本来の忘れられた罪人の難易度と思われます。





腐れ

20160803211116_1_convert_20160803220821.jpg

弱点属性 刺突 雷
無効な属性 打撃 闇 

黒渓谷のボス腐れです。このボスで有効なのは刺突とのこと。刺剣ないし刀が無難と思われますが、リーチに勝る物干し竿など悪くないと思います。後半戦腐れの放つ闇属性の衝撃波対策として無難にハベルの盾、双竜の大盾、王の鏡等、闇防御力のある盾を装備して置けば安全です。基本的には腐れの攻撃は左からきたら左ローリング、右からの攻撃は右へローリング回避ですが、または腐れに接近して攻撃を誘発、攻撃がきたら後方に歩いて回避、接近してリーチの長い武器で攻撃。物干し竿くらいリーチがあればこの方法で対応可能です。



ステージのいたる所に燃える足場のギミックがあるためステージ中央付近や入口付近など広い場所で戦うのが無難です。燃える足場に捕まると結構なダメージを食らいます。体力が減ってくると闇属性を帯びた衝撃波を行ってきますが盾受けするか衝撃破の兆候を感知したら歩いて後方へ下がって回避できます。





竜騎兵(王城)

2015-08-29_00012_convert_20150925180244.jpg

弱点属性 打撃 炎 雷




竜騎兵(王城)です。二体の竜騎兵が出るのが特徴です。赤い方が近接担当で、青い方が弓兵で遠距離担当となっています。個人的に一番楽なのは開始早々に赤い近接担当に接近し弓兵のいる足場の壁を背にして赤いほうの攻撃を盾受けないしローリング回避します。すると足場が崩れて弓担当が落ちてきます。その後はステージの奥まで退避して赤いほうを引き付けます。攻撃を誘発したら回避して青いほうに接近して1,2撃攻撃してステージ奥に退避。後は同じことの繰り返しです。青いほうはHPが低いので先につぶすと良いです。





鏡の騎士

20160804210912_1_convert_20160806074932.jpg


弱点属性 打撃
無効な属性 炎 雷

鏡の騎士です。金属鎧をまとっていますが雷が無効なことが特徴的です。鏡の騎士の使用する王の鏡の盾は鏡の騎士が使用した場合物理カット100%、魔法をはじき返してくる点と雷のエンチャントを帯びた攻撃を仕掛けてくること。体力が減ると霊体を召還してくることがポイントです。グレートソードなどリーチの長い武器が具合が良いです。




個人的に楽なのは接近戦での連撃を後方ローリングなどで回避して硬直後にグレートソードなどリーチの長い武器でジャンプ攻撃を入れていきます。接近戦で雷をまとった攻撃はボスの背後を取る感じで当たる直前でローリング回避。回避後の硬直後をつき、ジャンプ攻撃。この繰り返しです。HPが減ってくると零体を召還してきますが、出てきた瞬間に一発攻撃。後は鏡の騎士と霊体を引き離し、霊体が向かってきたところにジャンプ攻撃もしくはR2攻撃で叩く。この繰り返し。

遠距離からの雷攻撃は真っ直ぐに伸びてくるものと拡散してくるものがありますが、ロックを外してダッシュで横方向に走るのも良いですし霊体を処理しながらで難しい場合は雷カット率の高い盾で防ぐほうが無難と思います。




唄うデーモン

2015-08-30_00004_convert_20150927224820.jpg

弱点属性 魔法 雷 闇
無効な属性 炎

唄うデーモンですが、弱点属性が魔法、雷、闇とほぼすべての遠距離攻撃が有効なため、脳筋キャラでも使用できる闇術、闇の球を今回は使用しました。基本的には顔をだしているときだけダメージが通りますのでこのボス戦は接近戦で制する場合攻撃のチャンスが顔をだしているか手をだしているか。この顔と手にしか攻撃が入らないため、攻撃の機会が少ないです。
素直に遠距離戦で戦うのが吉かと思います。

魔術が仮に一切使用できない場合クロスボウでもよろしいかと思います。クロスボウの場合アヴェリンがあると楽でよろしいと思います。接近戦で戦ってもあまりおもしろいボス戦というわけでもありませんのでね。




王盾ヴェルスタッド

2015-08-30_00007_convert_20150901185434_20150927225608592.jpg

弱点属性 打撃 雷
無効な属性 闇

王盾ヴェルスタッドです。弱点属性が打撃と雷のためグレートクラブなどに黄金松脂で雷エンチャントしてあげると具合が良いです。もしくはグレートソードなどのリーチの長い武器がジャンプ攻撃主体で攻める場合お勧めです。



周回するごとにヴェルスタッドの攻撃は鋭さを増し攻撃後の硬直時間が非常に短くなります。ヴェルスタッドの攻撃のパターンは基本となる1段目左からの横払い、2段目右からの横払い。稀に3段目の突き攻撃。これは1段目左ローリングで回避、2段目は右ローリングで回避しつつ反時計回りで回ると綺麗に3段目の突き攻撃をスルーできます。後は離れた距離からの突き攻撃。これは割りと当たり判定が広いので攻撃が当たる直前くらいに前方ローリング回避後攻撃。ジャンプ攻撃の場合は右ローリングで回避後ジャンプ攻撃。

後は前方への振り下ろして叩きつける攻撃。これは回避タイミングも容易なため前方ローリングや左右へのローリングで回避して攻撃。攻撃パターン自体は少ないので見切りやすいですが、横払い攻撃は1段目で終わる場合と2段目から3段目に繋がる場合があり引っかかりやすいので注意。体力が減ると闇をまとい防御力が上昇しますが攻撃のタイミングなどは変わりませんので、同じ事を繰り返します。しゃがみこんで聖鈴を鳴らした場合闇術で攻撃を仕掛けてくるので背後に回ってあげれば回避できます。




護り竜

弱点属性 魔法 闇
無効な属性 炎

2015-08-30_00009_convert_20150927230850.jpg


護り竜です。
炎のブレス対策として可能な限り炎防御力を高めておくと楽に攻略できます。用意したのはグレートソード+10無派生です。
黒魔女の上衣等黒魔女シリーズを最大強化したものと炎晶石の指輪+3、すべての退魔の指輪+1、ファルスの仮面に呪術、激しい発汗をかけてあげれば炎防御力1100確保できますので、ブレス攻撃を無効化できます。

攻撃のセオリーとしてはまず対峙して正面にブレス攻撃を誘発します。それを左にダッシュしつつブレスを回避後、護り竜に接近し
グレートソードの一撃を加える。攻撃後、飛んで回避しますので、地上に降りたらブレス攻撃を誘発、と繰り返します。
ブレス攻撃を無効化できれば特に問題も無いと思います。


玉座の監視者・玉座の守護者

20160803213725_1_convert_20160804111701.jpg


弱点属性 雷 
無効な属性 魔法

玉座の監視者・玉座の守護者です。弱点属性は雷。グレートソードはリーチが長いため二体を巻き込んで攻撃を加えることが可能なため、無難なチョイスかと思います。チョイスする盾は後半、二人は雷のエンチャントを仕掛けてくるためハベルの盾もしくは竜騎兵の大盾に雷派生し雷カット率を上げたものが無難と思います。受け値80あれば二体の同時攻撃を受けても十分に受けきることが可能です。



このボス戦の特徴は片方を倒してももう片方が蘇生させてしまうため、限りなく二人同時に倒す必要がある点です。守護者の体力は監視者の二倍ほどだそうですので、率先して削るべきは守護者になります。守護者を残り1割、2割まで削ったところで監視者を倒し、守護者を倒すのがベターです。まずは守護者と監視者を分断しつつ徐々にHPを削っていきます。監視者は時折離れた距離からダッシュもしくはジャンプ攻撃を仕掛けてくるので盾受けないしローリング回避後に攻撃。守護者は攻撃を誘発し回避後に監視者が離れていることを確認しグレートソード等のリーチの長い武器でジャンプ攻撃すると具合が良いです。HPが減ってきて雷エンチャントした後もやることは変わりませんが、稀に守護者が盾貫通攻撃を仕掛けてくるので注意。序盤は二人巻き込んでグレートソードの片手持ちR1の横払いで同時にダメージを与える。後半監視者のHPを残り1,2割まで削ったら片手持ちR2の前方への叩きつけ攻撃に切り替えると二人同時に巻き込んで倒してしまい蘇生される事故が起こりやすいです。







デュナシャンドラ

弱点属性 打撃 雷
無効な属性 闇

20160803214823_1_convert_20160804111528.jpg


本編におけるラスボスです。開始早々にデュナシャンドラの周囲に近づくと呪いを蓄積する黒いモヤモヤが発生し蓄積しきると亡者化しHPが徐々に減っていきます。なるべく黒いモヤモヤから離れた場所で戦うか迅速に近づき攻撃して破壊すると良いです。鉄の弓矢を装備して弓矢での破壊を試みたものの少なくとも1,2発程度では破壊できないようです。呪い対策として呪い噛みの指輪をセットしておくと対処しやすいです。



デュナシャンドラの攻撃の中で基本となるのが接近戦における3連続攻撃。鎌を右から左への横払い、左から右への横払いと言った感じですが、前方ローリングまたは鎌を振ってくる方向にローリングで回避。

この渇望の鎌からの一撃は3週目程度でも攻撃力が高いため被ダメージは相当に高いです。盾受けした場合でもスタミナの消費量がすさまじく場合により持久力50、スタミナ168確保してハベルの盾で盾受けしてもスタミナをほとんど持っていかれるため盾はスタミナ回復効果のある大輪のカイトシールドなどを背負いローリング回避推奨です。何とか一発は受けられるものの二発は無理。

後の攻撃は真っ直ぐに伸びてくるレーザー。これは呪いの黒いモヤモヤに注意しつつ接近して攻撃のチャンス。真っ直ぐに伸びてきて横方向に伸びてくるレーザーは近づいてきたら横ローリングで回避。もしくは接近して攻撃。衝撃波は兆候を察知したら歩いて後ろに下がり回避。









数が多いためDLCのボスはおいおい追記したいと思います。









関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */