周回 ボス攻略一覧 脳筋編 ダークソウル2攻略日記

現在三週目をほぼ攻略し終わり四週目を目前に控えているわけですが、ボスを攻略する際の武器、弱点属性を踏まえたうえでの脳筋武器の派生、お勧め武器などを各ボス戦ごとに簡単にまとめてみたいと思います。ボス戦の数が多いため本編で攻略しなくても良いボス戦は割愛しています。


最後の巨人

弱点属性 闇

20160803212259_1_convert_20160803222224.jpg


最後の巨人は闇属性が弱点となっているため、もともと闇属性がついているヴェルスタッドのソウルから作る聖鈴の大槌がもっとも効果的にダメージを与えられると思われます。さらに闇派生させることで、効果をあげることもできます。
一周目ではスタミナが低いため盾を装備してガードしてもスタミナ消費量が高すぎるため、実質的にガード不能でしたが、持久力50もあれば十分に盾受けすることも可能です。ただ最後の巨人は動きが緩慢なため両手持ちに切り替えて攻撃を前方ローリングで回避して懐に飛び込み足元を狙って両手持ちでガンガン攻撃します。踏みつけ攻撃だけ気を付けてあげれば特に問題もないと思います。

呪縛者

弱点属性 打撃 雷
無効な属性 闇

20160804184008_1_convert_20160804190201.jpg


弱点属性は打撃に雷と言うことですのでラージクラブ等に雷派生してあげるのが有効だと思われますが、個人的に呪縛者に対しては二週目以降は呪縛者の特大剣を使用するのがもっともプレイしていて楽しいためもっぱら使っています。二週目以降持久力が50あればスタミナは150確保できますので、三匹目の竜の指輪を装備することでスタミナを168確保できます。

これだけあれば、受け値のそこそこ高いタワーシールドでも装備していれば余裕でほぼすべての攻撃を、盾受けすることが出来ますので、たまに仕掛けてくる盾で攻撃してくるシールドバッシュだけ、右ローリングなどで回避する以外は他の攻撃のほとんどをローリング回避する必要すらありません。また、盾受けしつつ基本的には右に時計回りで移動するだけで半分ちかい攻撃は回避することも可能。ローリング回避の場合、基本的には右ローリングで3連続攻撃を回避しつつ懐に潜り込んで一発攻撃。これを繰り返していれば良いと思います。たまに仕掛けてくる突き攻撃、これは左右へのローリングで回避します。基本的には右ローリングですが、なんでしたら前方ローリングでも回避は可能ですのでそれでも良いと思います。

竜騎兵

弱点属性 打撃 炎 雷

20160804171011_1_convert_20160804173626.jpg


竜騎兵の弱点属性は打撃、雷、炎ということですので、打撃武器に雷派生もしくは炎派生させた武器を、使用することが最も効率的だとは思います。武器はラージクラブ等で良いと思いますが、写真では大蠍の黒針という刺剣を使用しています。
竜騎兵の攻略ですが、受け地の高いタワーシールドでも用意して盾受けして敵の攻撃が止んだタイミングで一発いれる。後方に下がりつつスタミナを回復して再度接近して攻撃というヒットアンドウェイを行います。ローリング回避の場合は前方ローリング、もしくは横払いしてくる方向に向けてローリング。シールドバッシュも右ローリングで回避。この辺りは好みで良いと思います。


古い竜狩り

20160804165538_1_convert_20160804173939.jpg


弱点属性 特になし
無効な属性 闇

古い竜狩りは弱点属性がこれと言ってないことから逆に言えばすべての属性攻撃は、可も無く不可も無く入ることを意味にしています。そのため、好きな武器を派生させて使うもよし。逆に武器を派生させないでそのままで使うも由と言った感じです。
使用したのは大蠍の黒針という刺剣です。毒ダメージが入るのでボス戦では毒が蓄積してくれるので、割と愛用しています。
古い竜狩りは無印のオーンスタインとスモウ戦を彷彿とさせますが、今作ではタイマン戦のため特に苦戦はしないと思います。
基本的には離れた距離からのダッシュ突きは盾受けするとして接近戦での攻撃は大抵の場合は前方ローリングで回避、唯一警戒すべきは盾を貫通する攻撃をしてくる場合があり、捕まるとHPをごっそり持って行かれます。これは右ローリングなどで回避します。それくらいでしょうか。攻撃の出がやや早いものの、盾受けしながら攻撃のタイミングを見図らない攻撃をローリング回避後、チクチクと攻撃を入れていけば良いと思います。
後は、闇属性を帯びたヒップスタンプ攻撃くらいでしょうか?これは攻撃を感知したら後方にローリングなどで下がれば特に問題なく回避できると思われます。

流罪の執行者

2015-08-26_00010_convert_20150920180344.jpg


弱点属性 雷
無効属性 魔法

流罪の執行者は水場にいるために雷が有効となりますので、より効果的にダメージを与えるなら雷派生させた武器が有効と思います。用意したのはグレートソードです。流罪の執行者の武器は案外リーチが長いので、こちらも武器のリーチが長い武器を用意すると楽に戦えると思います。その点でグレートソードは悪くないと思います。万全を喫すならばこれに雷派生してあげれば完璧だと思いますが、二週目の段階で雷派生したグレートソードを作成してなかったのでそのままです。

個人的に時間が経過すると水かさが増し移動速度が遅くなるなど、このボス戦はやりづらいのでNPC呼んでサクッと倒しました。
二週目以降ボスに加えMOBが沸くのでやはりグレートソードのようなリーチの長い武器があると楽に対処できると思います。

虚ろの衛兵

20160802183143_1_convert_20160804181511.jpg



弱点属性 打撃 雷

虚ろの衛兵です。使用した武器はラージクラブ。三週目くらいなら十分な打撃を与えられます。二週目で雷派生した打撃武器を用意してなかったので無派生です。ラージクラブは装備重量と威力とリーチをバランスよく兼ね備えた良武器ですので、この虚ろの衛兵戦でもお世話になりました。

ただ一対一ならばラージクラブでよいのですが、最初に一体目のレギムを倒した後、大抵下に下りて戦うことになりますが、一対二の戦いを強いられますとラージクラブですと、攻撃後の硬直が割りと長いので隙を付かれて一発貰うこともしばしば。
サブに名工の金槌を持っておくとよいかもしれません。

こちらは攻撃後の硬直が短いので複数戦には有利かと思います。NPC呼んだほうが楽に立ち回ることが出来ますが、ソロで戦うとより緊張感が生まれ複数戦である醍醐味を満喫することが出来ます。名工の金槌でコンパクトに攻撃を入れて盾受けするヒットアンドウェイを繰り返せばソロでも特に問題はないと思います。もしくはラージクラブの場合、敵の攻撃をローリング回避しつつ前方に飛び込みそのまま攻撃をするローリング攻撃。これは割りと有効ですので、この攻撃を敵の攻撃の度に繰り返していれば完封できると思われます。

スケルトンの王

2015-08-27_00001_convert_20150920183553.jpg


弱点属性 打撃 炎
無効な属性 刺突 魔法

スケルトンの王ですが、弱点となる属性は打撃と炎ですので、単純に考えればラージクラブや巨人兵の大槌に炎派生させてあげればよいのですが、このボス戦の難しさはボス本体よりもボスを倒した後に沸くMOBの群れです。周回を重ねるたびにその数もどうやら増えるようですので、三週目ともなると正直いって望郷なしですと、対処することは難しいレベルです。

打撃武器はどうしてもリーチが短いため複数戦には向きません。そのためスケルトンの王を一体倒した後に沸く雑魚スケルトン対策としてより広大な範囲を攻撃できるように、用意したのがグレートソードです。
この武器は広大な範囲の雑魚を一掃するうえで理想的といえます。ポイントはスケルトンの王を一体倒すごとに雑魚スケルトンが複数沸くので、望郷を入れて望郷の光に群がったスケルトンをグレートソードで一掃してあげるというもの。
これをスケルトンの王を一体倒すごとに繰り返せば問題ありません。

逆にいうと望郷をスロットにセットし忘れてしまうと・・・・ちょっと三週目クラスでも対処できるかわかりません。
それくらいに沸く雑魚スケルトンの数は多いいです。また車輪骸骨の群れと言うのも周回により攻撃力が増しているため、凶暴さを増し、仮に望郷縛りをした場合、かなり鬼畜な難易度になるかと思います。

また、このボス戦に関していえばNPCは呼ばないほうが明らかに楽だと思います。というのもスケルトンの王を一体倒すごとに雑魚スケルトンが多数沸くので、誤って二体意図しないタイミングで倒してしまうと難易度が跳ね上がってしまいます。逆に言えばそれだけ守ってあげれば楽に完封できます。望郷を使用しない縛りプレイですと、正直いってかなり極悪な難易度のボスに変わると思います。それくらい車輪骸骨を含むスケルトンの群れは非常に脅威です。

貪りデーモン

2015-08-27_00005_convert_20150921083640.jpg

弱点属性 刺突 魔法 炎
無効な属性 打撃 雷

弱点となる属性は刺突と魔法と炎となります。刺突と炎が弱点属性のため黒騎士の斧槍等が無難かと思いますが、今回使用した武器はグレートソードです。魔法ないし炎派生してあげれば効果的だと思いますが、この段階で派生した武器を用意していないので無派生です。注意すべきは前方付近にいると行ってくる捕食攻撃。これを食らうと装備が外れてしまうため、セオリー通りですと、貪りデーモンの横に位置して攻撃を加えるとよろしいと思います。

また楽に攻略するならばステージの高い位置に壺が3つ吊る下がっており、これを事前に鉄の矢を装備して弓矢で攻撃することで中に入っている亡者を、落とすことが出来、デーモンはこの亡者を優先して攻撃と言うか捕食しますので、その間に攻撃を加えれば楽に勝つことが出来ると思います。

毒の妃ミダ

20160804162658_1_convert_20160804174811.jpg


弱点属性 刺突 炎
無効な属性 斬撃 魔法 雷 毒

弱点となる属性は刺突と炎となりますので黒騎士の斧槍もしくは脳筋キャラの場合エストック等の刺剣が無難と思われます。今回用意したのは黒騎士の大剣とサブに大蠍の黒針という刺剣です。盾は双竜の大盾を用意しました。
ミダの攻撃は接近戦で仕掛けてくる連続攻撃。これは前方ローリングで回避、たしか3連とか続くので終わり次第攻撃をチクチク入れます。距離が離れるとミダの頭からソウルの矢を放ってくるので盾受けするか右ローリングで回避、後はミダの頭を前方に投げて頭から全方位の衝撃波を放ってくるため(魔法属性)盾受けするか距離をとって頭と反対側にローリングで回避。注意すべきはミダの後ろを取ると尻尾による横払い攻撃を仕掛けてきますが、これが地味に痛いので、後ろにはあまり陣取らないほうが良いです。後はミダの前に位置していると稀に行ってくる掴み攻撃、これも地味に効くので横ローリングなどで回避。遠方からもダッシュ突きを行ってくるなど、割と攻撃が多彩です。ただミダの攻撃は予備動作が非常に分かりやすいためローリング回避は楽な部類です。


熔鉄デーモン

2015-08-21_00018_convert_20150921090130.jpg

弱点属性 打撃
無効な属性 炎

弱点属性は打撃ですので用意した武器はラージクラブ。無効な属性は炎となるため特に無派生でよろしいかと思います。セオリー通りですと炎のエンチャントを行ってくるため、炎カット率100%のゲルムの大盾を用意して防ぐと言うものです。スタミナ次第と言った感じですが、ゲルムの大盾であればほぼすべての攻撃を、盾受けすることも可能ではあります。ただ盾受け後に攻撃に移らなければいけないため、半分盾受け、半分ローリング回避くらいの感じで、スタミナに余裕を持たせないと攻撃するだけのスタミナが残りません。

慣れない内はとりあえず盾受けして相手の攻撃の間合いを覚え、ローリング回避の練習をすればよろしいと思います。基本的には溶鉄デーモンの攻撃パターンは左右からの横払い、これは前方ローリングもしくは剣を振るってくる方向に対してローリングで回避。たまに仕掛けてくる前方への突き攻撃は左右いずれかへのローリングで回避。
溶鉄デーモンが攻撃後地面に剣を突き立てた場合は、そのままの姿勢でいる場合高確率で衝撃波を行ってくるので、やや距離を取って回避もしくは盾受け。このときに雫石やエスト瓶で回復してあげればよろしいと思います。このタイミング以外ですと回復するタイミングと言うのがなかなか無く難しいです。


鉄の古王

2015-08-29_00001_convert_20150922081453.jpg

弱点属性 打撃 雷
無効な属性 炎

鉄の古王ですが弱点属性は打撃と雷ですので打撃武器に雷派生した武器を用意するのが、より有効だと思われます。用意した武器は巨人兵の大槌。このボスは入り口奥の壁がブレス攻撃を避けることが出来る安置となっていますが、鉄の古王が溶岩から出てくる位置によっては使えないこともあり、慣れれば攻撃をローリング回避、ブレス攻撃は歩いて回避することも容易ではあります。所々あいている溶岩地帯に落ちなければ攻撃を食らっても即死するわけではありませんので、落ちないように気をつければ問題ないと思います。
ボスの攻撃はゲルムの大盾を用意しても盾受けが難しいようなので、素直に両手持ちでガンガン削ると良いと思います。

蠍のナジカ

20160804161749_1_convert_20160804180235.jpg


弱点属性 刺突 炎
無効な属性 魔法

虚ろの影の森のボス、蠍のナジカです。弱点属性は刺突と炎ですので黒騎士の斧槍等がもっとも無難な武器と思われます。
用意したのは黒騎士の大剣、サブに大蠍の黒針(刺剣)を使いました。
ナジカの攻撃は非常に多彩で離れていると極太のソウルの槍を5本放ってきたり、追尾するソウルの塊を使ってきたりします。
これは放ってきたらダッシュで避けるか右ローリングを繰り返して回避。
ナジカの全面に位置すると後ろにある尻尾を前方に突き立ててきます。これは攻撃のチャンスです。尻尾を切断することは出来ますが、2本とも切ると、尻尾による攻撃は隙と硬直時間が長いためこの攻撃のチャンスがなくなってしまいます。そのため1本だけ残してあげて尻尾を全面に突き立ててきたら尻尾を無視して顔辺りを斬りつけてあげます。
割と有効なのがナジカに接近した後、尻尾攻撃を誘発させ、顔を斬りつけるという攻撃を繰り返すものです。その間に地面にもぐったり魔法攻撃を仕掛けてきますが、地面に潜ったら岩場に退避して出てきたら後は同じ攻撃を繰り返していれば割と完封できます。

彷徨い術士

2015-08-28_00004_convert_20150924210317.jpg

弱点属性 雷
無効な属性 魔法 闇

術師1人と信者たち(聖職者2人と亡者5匹)と言う構成のこのボス戦。用意したのはグレートソードです。
雷派生した武器を用意すれば万全かと思われます。
うーん、特に警戒すべき点も無いと思いますが、しいていえば聖職者2人が放ってくる雷の槍。

三週目でもそれなりの威力がありますので放置しているとそれなりに脅威となります。ただ雷カット率の高い盾、ハベルの盾もしくは竜騎兵の大盾に雷派生したもの等を用意することで、雷の槍対策をしておけば、接近して盾受けして雷の槍をガード、後はグレートソードなどで、範囲攻撃してなぎ払ってあげればよいかと思います。
二人の聖職者が実質ボスのようなものなので処理すれば後は煮るなり焼くなりお好きにどうぞと言った感じです。

公のフレイディア

2015-08-28_00007_convert_20150925103638.jpg

弱点属性 打撃 炎
無効な属性 刺突 魔法 雷 闇

公のフレイディアです。
弱点属性は打撃と炎ということですので一番のお勧め武器は鉄の古王のソウルから作成する鉄の古王の戦槌だと思います。
もともと炎属性がついていますので、重量が24とやや思い以外は優秀です。実際に使用したのは名工の金槌(無派生)。
これに炎派生してあげればより有効化と思われます。

この武器は武器の振りが速く攻撃後の硬直が少ないので、攻撃後すぐに盾受けに移ることが出来るのが、ポイントとなっています。NPCを召還推奨です。戦い方のセオリーとしては戦闘開始直後に入り口に向かって望郷を入れます。
後は子蜘蛛の群れはNPCに任せてぐるっと一周して反対側の顔に張り付きます。

一回レーザー攻撃を受けると思いますが、ダッシュで移動すれば回避できると思われます。
レーザーの属性は魔法のようですので、魔法防御力を上げておくとダメージが軽減できます。
顔に張り付いた後はコンパクトに一回か二回顔に攻撃を入れすぐに側面に盾受けしながら回避します。
するとフレイディアの攻撃は大抵キャンセルされますので、再び顔に張り付いて攻撃を加える。
これを繰り返します。

稀にハイジャンプ後のボディプレス攻撃を仕掛けてきますので、なるべくハベル装備等で、
物理防御力を上げておくとベターです。
フレイディアの攻撃は三週目くらいでもハベル装備で6割ほどHP持っていかれますので割りときついです。
逆に言うと顔に攻撃、側面に移動を繰り返せばハイジャンプ後のボディプレス攻撃以外の攻撃はまず、食らいませんので割りと安全に完封できます。子蜘蛛の処理はNPCにまかせておけば、後はフレイディアに接近して張り付いていれば、
問題なく完封できると思います。

忘れられた罪人

20160805161053_1_convert_20160806073938.jpg


弱点属性 魔法
無効な属性 炎

忘れられた罪人です。
弱点属性は魔法との事ですが魔法派生した武器は用意していないので、グレートソード無派生を用意、サブに大蠍の黒針(刺剣)を用意しました。
気をつけたいのが二週目以降呪術使いの呪術使いの赤MOBが途中から二体沸くので、ソロでプレイする場合は炎防御力をあげておくとよいと思います。罪人との戦いは大抵の場合接近戦で3連続攻撃を行ってきますので前方ローリングもしくは剣を振るってくる方向にローリングして回避。あとは大ジャンプ後の攻撃、これはローリングで回避。罪人自体はそれほど強くもないですが、途中で湧いてくる赤MOB,これが非常に良い感じで難易度を上げています。試しにアヴェリンを用意して赤MOBに射撃したものの、綺麗にローリングで回避されます。何度やっても駄目でした。赤MOBの使用する呪術は割と威力が高いので黒魔女装備に炎晶石の指輪+3、ファロスの仮面で炎防御力を底上げしていたにも関わらず2割ほどHPを削られます。炎防御力を上げていない場合、相当にやっかいです。この赤MOBは隙をみて刺剣でチクチク攻撃を入れ始末します。HPが低いので倒すことは用意ですが罪人の攻撃を回避しつつ赤MOBを倒すのはソロでは割ときついです。

ボス霧直前の左右の塔でたいまつをくべる事でステージ全体を明るくすることが出来ますが、難易度をあえて高くするということならたいまつをくべないでプレイすることも良いかもしれません。ちょっと距離が離れるとロックが外れて罪人を見失うので難易度が跳ね上がりますが、これが本来の忘れられた罪人の難易度かとおもいますので。

腐れ

20160803211116_1_convert_20160803220821.jpg

弱点属性 刺突 雷
無効な属性 打撃 闇 

黒渓谷のボス腐れです。このボスで有効なのは刺突とのこと。脳筋キャラでも割と威力の出る大蠍の黒針という刺剣を使用しました。+5まで強化して物理攻撃力が300、毒攻撃力が100でますので、十分だと思います。無ければエストックでも良いと思います。
盾は腐れの闇属性の衝撃波対策として無難にハベルの盾、もしくは双竜の大盾、王の鏡等、衝撃波の威力はそこまででもないので、50以上闇防御力があれば何でも良いです。

基本的には腐れの攻撃の大半は大鉈のような武器の振り下ろしは右ローリング、右手に持った武器を左から右への横払い。これは前方ローリング、もしくは左ローリングで回避、稀に左手を右から左へ横払いしてくるので右ローリングで回避。回避後に刺剣で2,3回チクチクと攻撃を入れていきます。盾受けした場合スタミナ消費量が割と高いので盾は保険として使用し、基本的には大半の攻撃をローリング回避します。
ステージのいたる所に燃える足場のギミックがあるためステージ中央付近や入口付近など広い場所で戦うのが無難です。
燃える足場に捕まると結構なダメージを食らいますので。体力が減ってくると闇属性を帯びた衝撃波を行ってくるので盾受けするか後方へ下がって回避。三周目程度なら特に難しい敵では無いと思います。

竜騎兵(王城)

2015-08-29_00012_convert_20150925180244.jpg

弱点属性 打撃 炎 雷

竜騎兵(王城)です。二体の竜騎兵が出るのが特徴です。使用した武器は巨人兵の大槌(無派生)赤い方が近接担当で、青い方が弓兵で遠距離担当となっています。攻撃力が高く隙がハイデの大火塔の竜騎兵に比べるとなくなっているのが特徴です。
青いほうの大弓を持った竜騎兵は足場に赤い竜騎兵から攻撃を受けるか体力が減るかすると、降りてくるわけですが、体力が低いため率先して倒したいところ。

放置していると大弓の攻撃は致命傷とはなりませんが地味に痛いです。個人的にここの複数戦はやりずらいのでNPCの巡礼者ベルクレアを召還して戦っています。ソロだとなかなかこの複数戦はステージ自体が狭いこともありヒットアンドウェイをしかけることが、難しいので苦手ですね。二対二なら特に問題も無く楽勝だと思います。
竜騎兵のソウルは何かと使い道があることから一周で二個取得できるのは大きいですね。


鏡の騎士

20160804210912_1_convert_20160806074932.jpg


弱点属性 打撃
無効な属性 炎 雷

鏡の騎士です。金属鎧をまとっていますが雷が無効なことが特徴的です。そのため用意したのはラージクラブ、サブに大蠍の黒針(刺剣)です。鏡の騎士の使用する王の鏡の盾は鏡の騎士が使用した場合物理カット100%、魔法をはじき返してくること。
雷のエンチャントを帯びた攻撃を仕掛けてくること。体力が減ると霊体を召還してくることがポイントです。

個人的に一番楽な戦い方としては鏡の騎士に密着すること。そうすると攻撃は大振りな突き攻撃を主に行ってきますが盾受けするよりも、前方ローリングで回避後攻撃を加えるのが有効です。3連続攻撃を前方ローリングで回避した後、攻撃をチクチク入れていきます。雷のエンチャント後の攻撃は反時計回りで回りつつ背後に回り盾受けしていれば大半は回避可能。回避できた場合は攻撃のチャンスとなります。
出来ない場合盾受けするとスタミナをごっそり消費しますが、後方に下がってスタミナを回復。再度密着を繰り返します。
霊体を召還された場合事前に用意した闇術、闇の玉で遠距離戦でしとめるのが楽ですが、接近戦で仕留める場合間合いを取りつつジャンプ攻撃を行うのが割りと楽です。

すべての攻撃を盾受けしてガチンコで戦う場合、スタミナはごっそり削られるため攻撃のチャンスが絞られかなりの苦戦と泥試合が予想されます。ローリング回避推奨です。

唄うデーモン

2015-08-30_00004_convert_20150927224820.jpg

弱点属性 魔法 雷 闇
無効な属性 炎

唄うデーモンですが、弱点属性が魔法、雷、闇とほぼすべての遠距離攻撃が有効なため、脳筋キャラでも使用できる闇術、闇の球を今回は使用しました。基本的には顔をだしているときだけダメージが通りますのでこのボス戦は接近戦で制する場合攻撃のチャンスが顔をだしているか?手をだしているか?この顔と手にしか攻撃が入らないため、攻撃の機会が少ないです。
素直に遠距離戦で戦うのが吉かと思います。

魔術が仮に一切使用できない場合クロスボウでもよろしいかと思います。クロスボウの場合アヴェリンがあると楽でよろしいと思います。接近戦で戦ってもあまりおもしろいボス戦というわけでもありませんのでね。

王盾ヴェルスタッド

2015-08-30_00007_convert_20150901185434_20150927225608592.jpg

弱点属性 打撃 雷
無効な属性 闇

王盾ヴェルスタッドです。弱点属性が打撃と雷ですので用意したのは名工の金槌に雷派生しました。三週目ともなるとヴェルスタッドの攻撃は鋭さを増し攻撃後の硬直時間が非常に短くなります。よりコンパクトに打撃を入れられる武器として、名工の金槌はベストチョイスかと思います。
攻撃の基本は最初のヴェルスタッドの攻撃をローリング回避後、一撃を加えます。すると大抵ヴェルスタッドから追撃がくるので盾受けします。

後は延々とそれを繰り返します。体力が減ると闇をまといますが攻撃のタイミングなどは変わりませんので、同じ事を繰り返します。しゃがみこんで聖鈴を鳴らした場合闇術で攻撃を仕掛けてくるので背後に回ってあげれば回避できます。

護り竜

弱点属性 魔法 闇
無効な属性 炎

2015-08-30_00009_convert_20150927230850.jpg


護り竜です。
炎のブレス対策として可能な限り炎防御力を高めておくと楽に攻略できます。用意したのはグレートソード+10無派生です。
黒魔女の上衣等黒魔女シリーズを最大強化したものと炎晶石の指輪+3、すべての退魔の指輪+1、ファルスの仮面に呪術、激しい発汗をかけてあげれば炎防御力1100確保できますので、ブレス攻撃を無効化できます。

攻撃のセオリーとしてはまず対峙して正面にブレス攻撃を誘発します。それを左にダッシュしつつブレスを回避後、護り竜に接近し
グレートソードの一撃を加える。攻撃後、飛んで回避しますので、地上に降りたらブレス攻撃を誘発、と繰り返します。
ブレス攻撃を無効化できれば特に問題も無いと思います。


玉座の監視者・玉座の守護者

20160803213725_1_convert_20160804111701.jpg


弱点属性 雷 
無効な属性 魔法

玉座の監視者・玉座の守護者です。弱点属性は雷との事、用意したのはメインに雷派生したグレートソート、サブに大蠍の黒針です。(刺剣)グレートソードはリーチが長いため二体を巻き込んで攻撃を加えることが可能なため、無難なチョイスかと思います。チョイスする盾は後半、二人は雷のエンチャントを仕掛けてくるためハベルの盾もしくは竜騎兵の大盾に雷派生し雷カット率を上げたものを用意します。

それに凶鳥の指輪などで受け値を+5上げておくと楽になります。基本的に受け値80あれば二体の同時攻撃を受けても十分に受けきることが可能なため、すべての攻撃をガン盾で抑え攻撃が止んだタイミングで一撃コンパクトに入れていきます。もしくは半分盾受け、半分ローリング回避程度が無難です。
守護者の体力は監視者の二倍ほどだそうですので、率先して削るべきは守護者になります。守護者を残り一割まで削ったところで監視者を倒すといったところですが、これがなかなか難しい。
グレートソードはリーチが長いため誤って二体を巻き込んで攻撃して意図しないタイミングで監視者が先に、倒れてしまうこともしばしば。

その場合監視者は倒れますが、守護者により回復され全回復されてしまいます。守護者を監視者から距離を置いて戦い猛ラッシュで倒すことが出来ればよいのですが、なかなかうまくいかないことが多いです。そのため、守護者の体力を残り1割まで削ったところでサブである大蠍の黒針等の刺剣でコンパクトに監視者に攻撃を入れていきます。両者の体力が残り1割になったらグレートソードに切り替え広範囲のなぎはらいで止めを刺します。
この複数戦の肝はなるべく2体をカメラに収めつつ戦うこと。視界の外から監視者による攻撃が突然来ることもあり、油断はできません。ソロではそれなりに苦戦を強いられる事になると思います。
どうしても綺麗に倒せない場合、素直にNPC呼んで囮になってもらうほうが良いのかもしれません。

デュナシャンドラ

弱点属性 打撃 雷
無効な属性 闇

20160803214823_1_convert_20160804111528.jpg


デュナシャンドラです。本編におけるラスボスですが、一週目ではまったく苦戦する気配すらなかったのですが、三週目ともなるとデュナシャンドラの使用する渇望の鎌の攻撃力がすさまじく、HPを場合により7割以上持っていかれます。可能な限り物理防御力を上げておくとよろしいかと思います。あと呪い対策として呪い噛みの指輪をセットしておくと対処しやすいです。二週目以降呪いの蓄積値の上がり方が早いので。
弱点は打撃と雷ですので雷派生させたラージクラブ、巨人兵の大槌等良いと思います。

デュナシャンドラの攻撃の中で基本となるのが接近戦における3連続攻撃。右から左への横払い、左から右への横払いと言った感じですが、前方ローリングで回避します。この渇望の鎌からの一撃は攻撃力が高いためHPがごっそり持っていかれることはもちろんですが、盾受けした場合でもスタミナの消費量がすさまじく、場合により、持久力50、スタミナ150のキャラでもハベルの盾を装備してスタミナをほとんど持っていかれるため要注意です。

何とか一発は受けられるものの二発は無理です。そのため、どちらかと言えば盾はスタミナ回復効果のある大輪のカイトシールド等を背負い、両手持ちですべての攻撃を右ローリングするなどして回避するほうがよろしいのではないかと思います。盾受けしながらですとスタミナ消費量がすさまじくスタミナが持たないため、攻撃を入れるとスタミナが残りません。

ローリング回避しつつ攻撃を加える場合、たまに一撃を受けたとしても一発で死ぬわけではありませんので、三連続攻撃を回避後エスト瓶で回復すればよいかと。受け値の低い盾で盾受けしても一発でスタミナを全消費して硬直している最中に一発貰う事故が増えるため安定しません。
盾受けしなければ一発貰いますが、硬直するわけではないのでローリング回避するだけのスタミナは残ります。
盾を使用する場合は敵からの攻撃はローリング回避し、保険として盾受けする。そのほうが安定する場合盾を使用すれば良いと思います。

衝撃波はこのやりかたですと盾受けできませんので、距離を取って回避する。それだけ徹底すれば横払いのレーザー攻撃も当たる直前で左ローリングで慣れれば回避することは容易かと思います。呪いの蓄積だけ気をつけて呪いを蓄積してくるオブジェを破壊するか距離を取って上げさえすればよろしいかと。そこだけ気をつければ後はデュナシャンドラとの戦いをガチンコで制するだけです。









数が多いためDLCのボスはおいおい追記したいと思います。

ここまで書いてきて思ったのはボス戦で使っている武器は大半が、名工の金槌、グレートソード、ラージクラブ、巨人兵の大槌といったところです。名工の金槌は攻撃後の硬直が少なくすぐに盾受けに移ることが出来ることから非常に隙が少ないといえます。
ラージクラブは威力、重量、リーチとバランスが取れているため大槌の中でも、ボス戦において使いやすく打撃属性が弱点のボスに限ってはこれ一本でどうにかなるほどです。

巨人兵の大槌はとにかく+10で威力520筋力補正A補正と強力で、おそらくダークソウル2の脳筋武器最強だと思われます。
攻撃力は高い、攻撃の振りも早いとリーチが短いことと重量が30であること。必要能力値が筋力60必要であることを除けばこれ以上優れた武器は見当たりません。グレートソードは攻撃力こそ+10で400、筋力補正S補正と巨人兵の大槌にくらべるとはるかに劣りますが、とにかくリーチが長い、盾受けしながら片手持ちで運用する場合横方向へのなぎ払いと、使い勝手がよく、基本的にはボス戦において打撃が無効なボスはグレートソード使っておけば、間違いないといってよいと思います。
それくらい威力と使い勝手のバランスに秀でています。

あと、武器の派生ですが当然ですが派生させた場合基本となる攻撃力は下がりますので、派生した場合と無派生の場合で比べた場合弱点属性に該当した場合ややダメージが上がると言った感じかと。逆に言えば筋力補正の高い武器を使用した場合は補正値が低下するため、すべてにおいて派生したほうが良いとは限りません。無派生のほうが結果的に見ればダメージが出ると言うことも出てきます。ボス戦は弱点属性が明らかになっているため、ボス戦に限り弱点属性に派生した武器を使うと言うことで、良いと思いますが、すべてのMOBに対して万能な派生武器というものも、ないわけですので、難しいところです。

ただ派生させることのメリットとしてはエンチャントの場合当然ですが、有効時間に制限があります。ただエンチャントが切れても再度エンチャントするだけの隙がほとんどのボス戦ではないといえます。派生した武器を用意している場合ですと常にエンチャントしているようなものですので、エンチャント時間に制限は無い。その代わりエンチャントに比べると威力はそこそこといったところです。これくらいしか逆に言えば派生させることに対するメリットは無いかもしれません。

ラージクラブを炎属性が弱点の敵に対して炎派生させて使うよりは素直に炎属性のついている鉄の古王の戦槌を、使うほうが理にかなっています。というわけで派生させるか否か?というのはこの辺りを考慮してされることをお勧めいたします。
管理人的にはですけど、無理に派生させて武器を使わなくても、筋力補正値の高い武器に関してはよいのではないか?と思います。

派生させなければ筋力補正値に関してはMAX値を発揮できますのでね。むしろ補正値の低い武器に関しては派生させて使うのが良いのではないかと思います。そんなところでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト