アノール・ロンド大弓地帯を突破せよ ダークソウル攻略日記




2015-07-29_00024_convert_20150729191904.jpg

ダークソウル中盤ステージ、アノールロンドにおける悪名高き大弓地帯の簡単な抜け方を書いてみたいと思います。この場所はかなり遠方から二体の銀騎士が放つ大弓による大矢が恐ろしい正確さで飛んできて、当たれば大ダメージをくらい盾で防いでも大きくノックバックして崖から落とされる。初見殺しで有名なポイントだと思います。

管理人も初見における一週目は何度落とされたかわかりませんが、大矢が飛んできたら気合でローリング回避して、右側の銀騎士までたどり着いて、敵の攻撃をガン盾して銀騎士を崖から落としてようやく通過したのですが慣れればなんということはありませんが、初見プレイでは相当にきつかったです。

このたび二週目に入り、またあの場所を通らなければならないわけですが、一週目で手に入れた指輪のおかげで楽に通過しました。それは霧の指輪です。

この霧の指輪ですが、確かに有効なのは間違いないのですが、この大弓地帯に関しては、銀騎士の索敵範囲が広いため、銀騎士の直前まで気づかれないというレベルではどうやらないようです。どの程度この指輪が有効なのかについて以下に記載してみたいと思います。

2015-07-29_00024_convert_20150729191904.jpg

まず、はるか遠方に銀騎士が見えますが、霧の指輪を未装着の場合、この距離から正確な狙撃が雨のように降り注ぎますが、すくなくとも、指輪を装着することで索敵範囲外のようです。中間地点の大柱の手前までは問題なく通過できます。

2015-07-29_00026_convert_20150729193822.jpg

中間地点の大柱を通過して脇の横道で静止していますが、この段階でも銀騎士の索敵範囲にはあたらないようで、問題なく通過できます。ただ、この地点より毒矢で狙撃した場合、銀騎士の索敵に引っかかり、霧の指輪を装着していても、なぜかこちらの正確な場所を特定しているようで正確無比な大矢の雨が降り注ぎます。

2015-07-29_00027_convert_20150729194250.jpg

中間地点の大柱を通過して橋の中ほどまでくるかこないかの地点で銀騎士の索敵範囲にひっかかります。狙撃も正確にこちらの位置に当ててくるため、霧の指輪の効果はこの地点までが限界のようです。銀騎士の狙撃が始まっても走る必要はありませんが、歩きながら大弓の狙撃をローリング回避できるように、心の準備をしておく必要があります。

2015-07-29_00028_convert_20150729194831.jpg

橋を通過し終わり、右側に歩き出すと、おそらく、左側にいた銀騎士から大弓による狙撃を一発食らうこともあると思いますが、一発なら体力的に余裕はあると思いますので、あせってエスト瓶を飲んで前方の銀騎士からの狙撃を誘うのは、避けたいところ。右側の通路を移動している最中に大弓の狙撃音が聞こえたら前方ローリングする感じだと背後からの狙撃を上手く回避できそうです。

そのため回復は控え、前方からの銀騎士からの狙撃に注意しつつ大矢が飛んできたらタイミングよくローリング回避します。その後は柱の角まできたら、銀騎士が接近戦に切り替えてくるので受け値の高い大鷲の盾などの盾で盾受けします。すると、そのうち銀騎士が崖から転落します。コツは銀騎士の攻撃を盾受けしたら徐々に前に詰めること。すると銀騎士は徐々に後方に追いやられて落下します。また右側の通路を移動している最中は前方の銀騎士に対してロックしないほうが良いです。ロックしていると銀騎士の動きにこちらも誘導され落ちやすい印象です。ロックは銀騎士の直前に位置するまでは避け銀騎士の前面に位置したらロックするくらいでよいです。




これが恐らく一番楽に通過することができると思います。この状況下で的確にパリィが狙えるならそれでも良いと思いますし、パリィが難しければ筋力が足りていれば特大剣ツヴァイヘンダー片手持ちR2の強攻撃。これで銀騎士もビターンもといダウンできますので、二週目までなら武器を適切に強化していればおそらく二回で沈みます。


ちなみに装備者の足音を消す、静かに眠る竜印の指輪ですが、実際に試してみると、この大弓地帯では銀騎士の索敵範囲は霧の指輪とセットで装着しても、霧の指輪単体で使用した場合と比べて変化は感じられませんでした。この地点以外であれば霧の指輪と静かに眠る竜印の指輪のセットは強力に作用するんですけどね。

この点は残念ですが、霧の指輪を装着することで、すくなくとも中間地点の大柱を通過するまで、大弓による狙撃を受けることはなくなりますので、心に余裕を持って行動できますし、劇的に楽に通過することができるようになるのは間違いないようです。

まとめ。

霧の指輪は有効である。
静かに眠る竜印の指輪とのセットは霧の指輪単体と比べ効果がないか限りなく弱い。
パリィができなければ、受け値の高い大鷲の盾などの大盾でひたすら耐えて銀騎士を崖から落とす。
面倒なら銀騎士の攻撃を盾受け後、ツヴァイヘンダーといった特大剣片手R2強攻撃でダウンさせる。

一番難しいのは右側の銀騎士からの狙撃を狭い崖の上でローリング回避しつつ接近して、接近戦に持ち込む。ここまでだと思います。霧の指輪装着していても場合によっては崖から落とされることもあると思いますけど、装備しない場合と比べれば限りなく成功率を上げることができると思います。

霧の指輪はおそらく正攻法で攻略できない方に向けたフロムからの救済措置、プレゼントだと思われます。かなり初見殺しの鬼畜なステージというか場所ですが、霧の指輪入手後は割りとお気に入りのポイントでもあります。

何度やっても落とされる。どうしても攻略できないというかたは、あったかふわふわで頭蓋ランタンと交換できますので、先に地下墓地と巨人墓場を攻略して(頭蓋ランタンは順路とおり攻略すれば地下墓地と巨人墓場で二個入手できます。)、頭蓋ランタンを入手してあったかふわふわで交換してもらってから、攻略に望めばよろしいと思います。

霧の指輪はこのステージに限らず地下墓地の鍛冶屋バモス前の車輪スケルトンであるとか巨人墓場のワンワン骸骨であるとか、
公爵の書庫などのいるステージでの索敵範囲を大幅に落とすことができるので、正攻法では一対多の戦闘を迫られるシチュエーションで装着していれば、大幅に攻略の難易度を下げることができますので、複数の敵との同時戦闘が苦手な方は装着していると難易度がかなり下げられますのでぜひとも欲しい一品です。


関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */