コンパウンドクロスボウ 射撃レビュー

ひさびさのクロスボウのレビューです。
前回弦を引くことができず、クロスボウの射撃ができなかったのですが、
今回コッキング紐を当初並行輸入しようとしたのですが、
紐以外他に当面購入するものもなかったので、
そのために6000円ほどの送料、手数料は馬鹿らしかったので、
近所のホームセンターで次のようなものを用意してみよう見真似で、
コッキング紐を自作してみることにしました。

・ポリプロピレン製ロープ5mm10M (対加重10kg)
・アルミ製の無垢棒 300mm

他にワックス代わりにリップクリーム(メンソール無配合)と軍手を購入しました。
・100均で買ったステンレス製S字フック

これで市販のコッキング紐のサイズを参考にして作成したのが以下の品物です。

DSCF0449_convert_20140827235447.jpg

簡素な作りですが、コッキング用の紐としての役割は十分に果たしてくれます。
アルミの棒300mmをホームセンターで半分にカットしてもらい、
グリップにして、お値段1200円ほどで作れました。
紐はアルミ製のグリップにハングズマンノットと呼ばれる締め方をしています。
この締め方がなかなかうまくいかず覚えるまで試行錯誤を繰り返し苦労しました。

射撃の前に摩擦をふせぐためアルミ製のレイルにリップクリームをたっぷり塗布しておきます。

さて実際にこのコッキング用の紐を使用して早速弦を引いてみます。
素手で引くことに比べ1/2程度で引けるのは間違いなく、
体感では1/3程度で引ける感じです。
かなり軽くひけますね。

DSCF0448_convert_20140828000105.jpg

さて弦を引いた直後のクロスボウの写真です。
ここにいきつくのに、紐のサイズを調整したり、
そもそもコッキング紐の使い方がよくわからなかったりでネットで調べたり、
なかなか苦労しました。
ほとんど紐の長さの調整で、試行錯誤を繰り返しなんだかんだで数時間かかりました。

それでは次に作成したお手製の的です。
いらなくなった雑誌をテープで簡単にまとめてあります。

DSCF0444_convert_20140828000512.jpg

これに念のためいらなくなった毛布を背面にセットします。

それではアルミの矢をつがえ、目標漫画の雑誌!
構え・・・
撃て!!!

バシッと歯切れの良い発射音とともに矢が漫画に・・・・
突き刺さってない・・・・
ん!
矢はどこだ?!!!

・・・・・・
漫画の裏にセットしていた枕に矢が刺さってました。(´;ω;`)ブワ
そして枕を貫通して壁の石膏ボードに矢が刺さってる。(´;ω;`)ブワ

うーん、目標までわずか2m?いや1.5mほどしかなかったのですが、
よもやこの距離をはずすとは思いもしませんでした。
標準の調整が甘かったんですかね?(震え声)

DSCF0451_convert_20140828001224.jpg

あわれ、枕に矢が貫通してます。
うーん中がそば殻だったのでダメージは皆無ですが、
とりあえず矢を抜いてガムテで穴をふさいで今日は寝ることにします。w

さて悲しいかな壁の穴・・・・
DSCF0450_convert_20140828001500.jpg

石膏ボードを突き破ってますねえ。
矢じりにそこまで変形はみられなかったので壁のコンクリートに被害はないと信じたいです。
あー、これ部屋退去するまでに穴ふさいどかないとなあ。
お金いっぱい取られちゃうなあ。どうしよう(遠いい目)。

皆さんも最初はゼロ距離でまっすぐに標準とおりに矢が飛ぶ事を、
確認したうえで射撃しましょう。(苦笑)

しかし150ポンドクラスだと思ったより肩に衝撃がこないものですね。
逆に壁に刺さったときの音にびっくりしました。
まあ、なかなかの威力と言った感じです。
次は目標の雑誌に矢をあてたいですね。

それでは
関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */