こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in 買い物

D3300をヨドバシカメラで見てきた

-- COMMENT
さて、NIKONのD3300ですが、とりあえず現物の質感、撮った際のシャッターの切れ味、連写能力等、
実際に見てみたいと思い、最寄のヨドバシカメラさんに遊びに行ってきました。
その前に、町田のヨドバシカメラのすぐ横には境川という俗に言うドブ川が流れているんですが、
鴨の生息状況を知るために、最近ちょくちょく遊びに行っています。
先週行ったときは2羽程度見かけたかな?というレベル。
あまり数はいませんでしたね。
しかし境川って生活排水が流れ込んでいるのか?お世辞にも綺麗とはいいがたい川でして、
そんなところで餌を食べて健康とか大丈夫なのかな?と不安になるわけですけど、
鴨のご飯は藻でしたっけ?水質が悪くなると藻が大量に繁殖するので、食事には事欠かないとは思います。
また境川といえば鯉が大量に生息しているんですが、人間が川沿いに立つだけで餌をねだって寄ってくる始末。
暇なんで近所のコンビニで食パンを買って来てあげるんですが、それこそ周囲の鯉がパンをねだって、
集団で寄ってくる様はかわいい・・・を通り越してちょっとキモイですね。
なんか生くさいし。
鯉に餌あげてると鳩もよってくるんで、まあちょっとカオスな状況になります。
本当に鯉にしろ鳩にしろ食パン好きですよねえ。
自然界に存在しない食感だとは思うので、まあおいしいんでしょうね。
まあ、たまには鯉や鳩に餌をやりつつ、戯れるのも癒されて悪くないですね。

さて話は戻りますが、その後ヨドバシカメラにいってD3300を覗いてきたのですが、
エントリー機なのに商品が見当たりません。
それ以外の上位機種はあるんですけどね。
しょうがないのでD5300の実機を触っていたところ店員さんに声を掛けられました。
丁度良いので、フィルムからデジタル一眼に買い替えを検討している事を説明し、
いろいろとデジタル一眼の特徴などについて教えていただきました。
ちなみにD3300の実機はあるんでしょうか?と伺うと、こちらになりますと案内された場所に、
置いてあった実機を見てちょっと愕然としました。
とにかくサイズが小さい・・・持ってみたら軽い事、軽い事。
うーん、正直初見の感想はおもちゃのカメラかな?というのが正直な感想でした。
エントリーも出るという事で小型、軽量というのがトレンドというか?カメラの入門機として、
ユーザーに求められているという事なのでしょうけど、管理人的にはF4Sのような大型、重量級のカメラを、
使い続けてきたこともあり、カメラといえば大型で重量のあるものというイメージなんです。
サイズが大きいほうが所有欲も満たされますしね。
フィルムカメラのF4からF5の流れは個人的にNIKONのカメラとしては正当な進化だと思っているんですけどね。
F4Sも十分、でかくて重かったけど、さらにその流れが加速してましたね。
手元のF4Sの重量を測ったところ、おおよそ1260gほどあります。アルカリ電池8本仕様なのでさらに重量は増えるんですけど、カメラの重量が重いと思ったことはないです。
カメラ自体の重さはミラーレスを除くとシャッターを切った際のミラーショックということを考えるとむしろ重いほうが手振れ的に有利だと思いますけど・・・
店員さんに聞いてみたんですよね。

ぼく「なんでエントリー機って小型、軽量がトレンドになっているんですかね?」
店員さん「ほら最近はカメラ女子とか増えてるから・・・・」
ぼく「カメラ女子・・・(あ、察し)」

もうね・・・
NIKONのカメラって奴は昔からあの無骨さが特徴だし売りだと思うんですよね。
一昔前のレンズも筐体は金属製だったんですけど、いつのまにかプラスティック製になったんですよね。
同考えても金属製のほうが質感も良いし耐久性、対候性に優れているしで文句ないと思うんですけど、
唯一のデメリットは若干重量がかさむ事。
つーか、カメラとレンズの重量ってそんなに気になりますかね?
個人的にカメラとレンズの重量2kgくらいだったら、まったく問題ないですけどね。
まーエンジニアリングプラスティックって下手な金属より剛性も強度も高いとは言いますよ?
でも、プラスティックである以上紫外線による劣化って避けられないとも思います。
金属製の筐体のレンズはそれこそ一生物の世界だけど、所詮プラスティックだモンなあ。
耐久性なんぞ、たかがしれているわ。
なにより所有欲が満たされないんですよね。

あー、なんか昔話を思い出したんでちょっと書きますけど、
何歳くらいのときかなあ。
たしか23歳くらいのときに、とある量販店でバイトしてたことがあったんですけど、
そのときの上司というか先輩で元カメラマン崩れの方がいて、
管理人は丁度カメラでポートレートに夢中になっていて300mmのF2.8、俗に言うサンニッパですね。
サンニッパ欲しいなあ、でも高いし、でかいし、重いしなあ、なんて話をその方にしたんですけど、
ただ一言。
先輩「筋トレしろや!!!」
ぼく「・・・(白目)」
でも、当然ですよね。最高の条件で性能を発揮するように設計した結果、あのでかさ、重さになったんだとしたら、
重いと感じたら筋トレすればよいだけの話ですからね。
カメラ女子(白目)の皆さんに一言だけ言いたい事があるとしたら、
NIKONのカメラ使うんなら、小型、軽量を求めるのではなく、最低限筋トレしてください。
それでも重いと感じたらなら、NIKONではなくC社のカメラでも使ってくださいな。
NIKONのユーザー数が増える事は望ましい事だけど、あんまりライトなユーザーは増えて欲しくはないものですね。
まあ、でもエントリー機はそういうものだと、選択肢から外せばよいだけともいえるね。
正直、画質や色の諧調表現は十分、D3300になって連続撮影枚数も毎秒5コマ。
画像処理エンジンもEXPEED4使用。それでいて40000円を微妙に切るんですから文句ないですけど、
ちょっと、あのおもちゃみたいなサイズはきついです。
一眼レフ用のレンズ交換できるコンデジ?とでも考えればよいのかもしれないです。
同時に手に取らせてもらったD7100。
こちらは適度に重量感があってよかった。
ボディもマグネシウム合金使用だとか。
見た目からして堅牢差が違う。
そして物欲を適度に刺激する大きさ、重さ、厚み。
シャッターの切れ味も申し分ない。
そしてこの機体の一番のポイントはボディ内にモーターを内蔵しているため、
既存のDレンズをオートフォーカスできる。
これ、実際にDレンズ装着して撮影させてもらったんですけど、
地味に感動しますね。
このアナログ的な作りがたまらんわ。
AMAZONだと8万ちょっとで買える事を考えると購入の最有力はこっちかな?
デジタル一眼という画像処理エンジンの陳腐化の速さを考えるとあまり高価な機体を買うのも、
確かにどうかという気はします。
D3300も安いけど、、それに4万追加するだけでD7100買える事を考えると微妙だな。
D3300はレンズ交換可能なコンデジの延長という位置づけなら悪くないかも知れんけど、どうだろう?
部屋撮りするならマニュアルフォーカスでよいともいえるからコンデジの代わりに買うか?
とも思うし、むしろあのコンパクトな筐体である強みを生かし、いつでもどこでも気軽にバッグに入れておくこともできるともいえることを考えると、コンデジ感覚でスナップ写真が取れることを考えれば悪くないのかな?
F4Sは携帯はごついカメラバッグに入れて移動して、さあ撮るぞ!って感じになるから、使用頻度も下がるしね。
とりあえず、カタログ貰ってきたから悩むとしようかな?
関連記事
スポンサーサイト
  • Share