こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in スリングショット雑記

セラバンドブルー3本目

-- COMMENT
DSCF0718_convert_20150318105019.jpg

さて、切り出した2本目のセラバンドが無事に一ヶ月使用に耐える事ができたようなので、
安全マージンを考えて交換することにしました。
土日は練習を休んでいる事から、およそ400発程度は射撃しているのでしょうか?
目視で見る限りゴムに切れは生じていないものの、
一ヶ月程度で交換してあげるのが無難だと思われます。
これくらいの射撃回数に耐える事ができるなら、まずまずの耐久性があると思われます。
気になるのが、ゴムの性質を考慮すれば紫外線、空気に触れることによる酸化、
ゴムが劣化するための条件としては、色々とあると思われますが、
すくなくとも封を開けて切り出したゴムが劣化するのは当然とはいえ、
残りのゴムもビニール袋ないし箱に入れているとはいえ酸化の影響を免れる事はできないと思われます。
そのあたりをどうとらえるかですね。
ようは、ゴムの製造から販売、出荷、自宅で保管している状態でも、徐々にとは言えゴムの劣化が進むわけです。
どの段階で使用を停止すればよいのか?ちょっと見極めが難しいところです。
ネットの噂だとセラバンドの寿命はゴムからチョコの香りがしなくなった時点で寿命である可能性があるとか?
このセラバンドブルーは購入してから一ヶ月弱経過しているのですが、
チョコの香りが弱くなった代わりにゴムの香りが強くなっています。
うーん、すでに寿命?
セラバンドはAMAZONだと2mで2000円くらいが相場なんですが、
60cmで切り出すとして3本くらい取れるわけですが、
せめて二ヶ月くらい持ってくれると財布にやさしいんですけどね。
セラバンドブルーは特売のときに5m買ったんですけど、安全マージンを考慮して、
二ヶ月使ったら残りは廃棄もしくはフィットネス目的で使おうと思います。
突然切れるとか、ちょっと勘弁願いたいですからね。
あと、ゴムを玉受けにかける際ですが、6mmの穴に強引にゴムを挿入したところ、
幅25mmで切り出したんですが、玉受けに擦れたせいか簡単にゴムの一本が切れてしまいました。
摩擦はゴムの天敵なので穴のサイズは8mmに変更してゴムの幅は22mmにしました。
セラバンドブルーは厚み0.1mm弱しかないので引っ張り強度はともかくとして、
摩擦には非常に弱そうです。
玉受けにかける際には切り出したゴムの幅を考慮した穴のサイズに注意が必要となりそうです。
穴のサイズは10mmだと余裕を持って挿入する事ができますが、
玉受けの穴がゴムの張力で広がる事は避けられないものの、
ゴムが挿入時の摩擦で負担がかかり唐突に切れるよりははるかにマシだと思われます。
関連記事
スポンサーサイト
  • Share