スリングショット練習時の防音対策

DSCF0697[1]_convert_20150303094556

さて、スリングショットを部屋で練習していて思ったのですが、
威力が向上すればするほどダンボールを抜いたときの音が部屋中に響きます。
その音がまた甲高い事。
まあ、それが気持ちよくて少々リスクはあるものの鉛球を使用して部屋で撃っているんですが、
ただ音が大きすぎて隣近所から苦情来るかもしれないです。
お世辞にも防音の優れたマンションではないので。
なので、防音対策として的に対してダンボールで覆い簡易的に吸収効果を狙ってみました。
角部屋なので隣はともかくとして、床下の部屋から苦情が来そうなので、
底面はダンボールを重ね吸音、遮音効果をアップしてみました。

射撃してみますが、従来比50%?までいかないかもしれませんが、部屋中に音が響くという事は、
防止する事はできているように感じます。
ダンボールの的を抜いた音だけが聞こえてよい感じです。

DSCF0699[1]_convert_20150303094651

難点は的に照明の光が当たらずに着弾点が確認しづらいことでしょうか?
これは今日の射撃した感じですが、中心線のほぼ上に着弾地点が並んでいます。
ようやくスリングショットで点を狙う感覚がつかめてきた気がしますね。
ようは板ゴムだと支柱のゴムの延長で狙えばよいので、中心線に支柱のゴムを重ねるイメージですかね?
この地味なトレーニングを重ねる事で鴨の首ないし頭を狙って当てることも容易になってくると思います。
部屋うちは天候にも左右されずに練習が気軽にてきるので、錬度を維持するに当たって重要だと思いますが、
アパートとか防音性能に劣るマンションでもそうですけどゴムの威力が上がると地味に音が部屋中に響きますので。
こんな感じで、何でも良いんですが音が拡散しない、吸音、遮音効果のあるなにか対策をすれば、
よいのかもしれませんね。
ダンボールではなく薄い紙に撃ってもよいんですけど、集弾すると簡単に破けてしまうので、
ちょっと練習にならない気がします。
BB弾で撃てばどうか?薄い紙ならBB弾でも貫通しますし、よいのかもしれないですが、
如何せん6mmの0.25gのBB弾だと軽すぎて距離3mでも鉛球に比べ着弾が安定しません。
みごとにばらばらに着弾するのがわかります。
スリングショットもある程度慣れてくると面ではなく点で狙うこともできるようになってきますので、
ある程度の弾の重さというのも精度を高め維持するという意味においては重要なのだと思います。
安全性を考えればBB弾が良いとは思うのですが、個人的に軽すぎて精度を高める練習にはならないかな。
ゴムが切れるもしくは玉受けが切れるといったトラブルがなければ暴発することもないと思いますので、
安全マージンを十分に確保した上でゴムないし玉受けを交換してあげれば防げる問題だと思いますので、
部屋では個人的にはですけど兆弾を防止する意味で鉛球が良いのかな?と思います。
さすがにパチンコ玉部屋で撃つのは怖いですからね。
関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */