こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in めざせスリングショット猟

ファルコン2FAIラバー仕様 バタフライスタイルを試す

-- COMMENT
DSCF0695_convert_20150218090837.jpg

さて、今後の課題となる威力の向上ですがセラバンドブルーでは少々威力が心もとないので、
FAIラバーでバタフライスタイルを採用する方向でまずは検証をしてみようと思います。
ゴムの長さは60cmを6本を折り返しているため12本仕様です。
比較対象としてはファルコン2の標準平バンド。
ゴムの引きは12本仕様でも非常に軽いです。

まずはBB弾での試しうちの後に鉛球で射撃しますが、
ダンボールを撃ちぬいた際の音はまあまあかな。
初めてのバタフライスタイルでの射撃でしたが、中央線よりやや上側。
おもったより着弾位置は悪くないです。
20発ほど発射したのが以下の写真ですが、さすがFAIラバー、引きの軽さからAIMが非常に安定します。
着弾ならびに集弾位置も始めてのバタフライスタイルとしては集中しています。
ただ、最後の一発がちょっと力みすぎたのかへんなところに当たり派手に兆弾してあせりました。

DSCF0692_convert_20150218091639.jpg

まだ20発しか発射していないのでなんともいえないのですが、
思ったよりは扱いの難しさが通常の射撃に比べ跳ね上がるというわけでもないようです。
ただバタフライスタイルが採用できるのはFAIラバーの軽さを生かしてこそできるものだと思いますので、
セラバンドとかだとちょっと引ききれないと思います。
威力はどうなんでしょうね?
感覚的に通常の引きかたよりゴムの加速距離が延長された分だけ威力を稼いでると思うので、
おそらく1.25倍程度威力を稼いでいるかと思うのですが。
小鳥は間違いなく即死レベルだと思いますが鴨クラスはどうなんでしょうね?
これで10J稼いでいるとはちょっと思えないのですが。
近いうちに弾速計を導入して初速を計測してみるしかなさそうです。
管理人は身長が164cmしかないので腕の長さがほぼ同じと考えると、
物理的にゴムを引けるぎりぎりのラインだと思うのでこれ以上は、
さらにゴムの本数を増やすくらいしか思いつかないですね。

あと、ファルコン2の標準平バンドで射撃してみたんですが、
封を開けたばかりでゴムが固いのか?引きが今までいじょうに重い。
セラバンドブルーの8本仕様よりよっぽど重いと思います。
射撃した感じもダンボールを抜いたときの音が重い。
うーん、正直FAIラバー仕様よりも威力が出てる気がしますね。
ただ、ゴムが手に当たって痛いのなんの。
4発で痛さのあまりに断念。
手袋でもつけないと痛くて引いてられないです。
なんかファルコン2の標準平バンドでよいような気がしてきました。
身長の高い人なら相対的に腕も長いのでFAIラバーを使用してバタフライスタイルで、
ゴムの加速距離を稼ぐ手法は非常に有効に作用すると思われますが、
身長の低い管理人のような場合バタフライスタイルは劇的に威力を向上させる手段としては、
難しいかな?
引きの重いゴムでそこそこの加速距離を用い威力を稼ぐのが無難な気がします。
来月以降で弾速計を導入して初速を計測、その結果待ちと言った感じですね。
関連記事
スポンサーサイト
  • Share