こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in めざせスリングショット猟

鴨を撃破せよ 水中に発射した玉の挙動

-- COMMENT


さて、知っている方はご存知かと思いますが、気になる動画をみつけたので、
張っておきたいと思います。
動画は水中で拳銃を発射した際の挙動を示したものですが、
水の抵抗により綺麗に拳銃から発射した玉の威力が減衰し本来の運動エネルギーを発揮する事ができていません。
これは水面に浮かぶ鴨に対して射撃した際に、仮に水中部分の鴨の体に当てたとしても、
玉の威力は急激に減衰してしまい有効打には繋がらないものと思われます。
いえね、以前下溝で鴨に玉を発射した際に今の当たっただろ?って言うシチュエーションは半矢にした鴨以外にも、
何度か合ったんですよ。
ただ羽ばたきして回避行動をとって逃げてしまったので、おかしいなあと思ってたんです。
この動画を見る限り理由は明白です。
完全に水面に入った玉はその瞬間に急速に威力が減衰してしまったようです。
鴨からしてみればチョコンと玉が触れただけということに結果的になっていたものと思われます。
そうするとですね、水面から出て地面で休息している状態を除くと、
鴨の体は40cmから50cm?
水面から上の見えている部分に的確に当てないとたとえパチンコ玉といえども、
有効打を出す事は難しい事に。
頭、首、背中?といった感じでしょうか。
結果的に鴨の体の水面から上ですので断面積で言えば半分以下といったところでしょうか?
これは鴨に命中させダウンさせる事はかなり難易度が高いと改めて感じます。
ただ、こればかりは水面から出て地面で休息していない限りは、かもの体、その断面積全てを有効射程に収める事は難しい。
水面から出て休息している鴨、その体の前面をさらけ出している場合ピンポイントで狙えば狙撃して当てることは、
難易度的には低いと思いますが、なかなかそのような鴨を見つけるほうが難しいと思いますので、
やはり狙撃精度を日頃の練習において高めるしか道はないようです。
水面という前方位を天然のバリアで覆われている事から、水鳥というのは案外上記の事を考慮すると仕留めるのは難しい部類に入るかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
  • Share