鴨が好き♪



さて、これは管理人の住むところから程近いところに流れる境川という川にすんでいる鴨の様子です。
町田駅という場所から程近いところで撮影されたものだそうです。
街中で撮影されている事から人間に完全になれてますね。
しかし、鴨のずんぐりした体で水かきのついた足でヨチヨチ歩く姿というのは、
なんともいえないユーモラスと申しますか、普通にかわいいですね。
鴨は見てよし(野鳥撮影)、撃ってよし(スリングショット)、食ってよし(美味だとか)、
三拍子そろった憎い奴です。
スリングショットの狙撃対象として鴨にこだわるわけではありませんが、
一度スリングショットで鴨にヒットさせて水面でひっくり返し足をばたつかせて、もがく様子が
いまだに瞼に焼き付いており、管理人の狩猟魂に火をつけると申しますか、あの興奮が忘れられないんですね。
できればあの感触をもう一度楽しみたいところです。
やはり野良猫でも幼い頃に餌付けをすると自然と人間に対する警戒心は解けるもの。
幼いときに人間になれてないと大人になっても警戒してなれませんしね。
鴨でも動画見る限り同様の性質があると思われますので、
鴨の雛をみかけたら、がんがん餌付けするべし。
そうすればすくなくとも人間に対しては警戒しなくなると思われます。
半年後は・・・
警戒心ゼロの野生の鴨の誕生です。
たぶん、そういう鴨でないとスリングショットの有効射程距離に収め、
なおかつ、玉を当ててもにげない鴨の条件を満たす事はできないのではないかと。
なるほど、狩りは猟期だけにあらず。
猟期の半年前には始まっているというわけですね。
今年の猟期はともかく、雛が生まれたらせっせと狩場に向かい餌付けしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */