eBAYで買ったスリングショットが届いた

DSCF0651_convert_20150123075701.jpg

さて、昨日eBAYで購入したスリングショットがようやく届きました。
2週間近くかかったので、てっきり税関で止まっているのかと思いましたが、
以外にも税関で止められる事もなく、すんなり管理人の家まで届きました。
税関で止められると貿易審査課に特例を認めてもらう手続きをしないといけないので、
面倒なので避けたかったのですが、今回はフリーパスでした。
ラッキーですね。

届いたスリングショットはステンレス鋼製のもので、腕当ての部分は皮でできており、
非常にホールドしやすいです。
重厚感があり、なかなか格好良いです。
基本的な作りとしてはなかなかよろしいのではないでしょうか?
ただ、付属してきたゴムは片側3本仕様なんですが、これがかなりの重量級でその重さはファルコン以上・・・
とても引ける気がしません。
別に替えのゴムと玉受けが用意されておりそちらはゴムが片側2本仕様ですが、
2本でも充分重いですね。
これはおいおいFAIでしたか?
ゴム動力の玩具用飛行機用でよく使用されている野尻さんが自作スリングショットで使用されていたものですが、
それに交換してあげようと思います。
あと、グリップ下部に1インチのマウントリングが簡単に装着できるところ。
ここに当初はレーザーポインタを装着させてあげようと思っていたのですが、
玉の発射位置の左方向に大きくずれるため、この発想はつかえそうもないです。
射撃する対象が50cmくらいあれば別ですけど。
一般的にはライトを装着してあげるのが使い方としてベターだと思うんですが、
如何せん日本では夜の狩りは禁止されているので、
ちょっと使い道がないですね。
ただ発想としては面白いと思うので、なかなか面白いスリングショットを入手したと思います。
eBAYは楽しいですね。
これが送料込み36ドルで買えるんですからね。
少々到着まで時間がかかるのが難点ですけど、
海外でしか購入できないスリングショットをお手軽に買うことができます。
折りたたみもできて非常にコンパクトとなりますので、携帯にもよさそうです。
なかなか良い買い物をしたものだと思いました。
関連記事
スポンサーサイト
/* ▼ ページトップへ戻るボタン ▼ */ .pagetop { display: none; position: fixed; bottom: 30px; /* ボタン表示位置(下の余白) */ right: 55px; /* ボタン表示位置(右の余白) */ } .pagetop a { display: block; width: 50px; height: 50px; background-color: #333; /* 背景色 */ border-radius: 50px; text-align: center; color: #fff; /* 文字色 */ font-size: 24px; text-decoration: none; line-height: 50px; } /* ▲ ページトップへ戻るボタン ▲ */