続 ヘッドフォン性難聴

さて、ヘッドフォン性の難聴にかかったようで耳鼻科で内服薬を処方され服用する事一週間。
どうやら症状は改善したようです。
処方された薬はメチコバールという神経に働き末梢神経の障害を改善するビタミン薬でした。
今日耳鼻科で再度問診を行い、ヘッドフォン性難聴について伺ってきたのですが、
長時間ヘッドフォンで音楽などを過度の音量で聴き続けた後で耳鳴りと同時に聴力の大幅な低下、
めまいなどの症状が発生した場合、どうも薬を服用しないと自然治癒しないばかりか、
聴力の低下が固定化される恐れがあるとのこと。
怖いですねえ。 / ´・ω・`\
医者の方が申すには鼻のつまりなどで通常耳に入ってきた音が通常鼻にぬけるものの、
つまっていることで抜けずに内耳と呼ばれる耳の部分に直撃するため、
今回のような症状が起こったのではないかとのこと。
冬は部屋を締め切り換気をほとんどしないため気圧の関係もあるのかも?分からんけど。
ヘッドフォン性難聴は割りと怖いのでヘッドフォンで音楽鑑賞をされる方で、
同様の症状、聴力の大幅な低下を認識された時点で早めに耳鼻科にて内服薬を処方してもらったほうが良いです。
スピーカー組みはともかくヘッドフォン組みの方で爆音で聞かれる方はご注意を。
関連記事
スポンサーサイト