FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in MHW MOD

PC版MHW すべての防具の重ね着化

-- COMMENT


MHWで現在装備している防具の外観を変更する場合、既存の重ね着を使用しますが部位ごとに組み合わせるにしてもバリエーションが少なく、必ずしも自身の好みのデザインの外観ばかりではないと思います。

そのような場合、防具の外観を自由にカスタマイズして変更する機能を有するMHW Costume ArmorのようなMODを使用することになると思いますが、この手のMODは便利な反面MHWのアップデートに伴い機能の一部、またはそのすべてが使用できなくなる場合があり(MODによると思いますが)、MHWのアップデートに対応したファイルが公開されるまで使用できないことが多々あり不便を感じていました。

今回のやり方では既存の装備や重ね着をMOD化するためMHWのアップデートを気にする必要がなくなります。またMOD化は装備から装備、(例としてはカイザーαの外観をカイザーγに適用したり)または装備を重ね着に適用したりと、どちらも可能です。初期導入に多少の手間は掛かりますがやり方自体は非常に簡単です。




以下の解説はアイスボーン未導入の場合について解説しています。※アイスボーン導入時も適用方法は変わりませんが防具のデータが格納されているbinファイルの場所が異なります。またアイスボーン版MHWNoChunkは動作するためにoo2core_8_win64.dll」が必須です。なおアイスボーンの導入に関わらずMODローダーであるStracker's Loaderは不要です。

アイスボーン導入環境のbinファイルのパス
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Monster Hunter World\chunk\chunkG0.bin(既定値)




事前準備

以下のツールが作業をする際に必須のため最初にダウンロードします。

最初に以下のMODをダウンロードします。

MODのダウンロード


binファイルの解凍
MHWNoChunkのダウンロード

MHWNoChunkの動作要件

1..net framework 4.7.2の導入
.net framework 4.7.2のダウンロード

2.oo2core_8_win64.dllをMHWNoChunk.exeがあるフォルダにコピーする。(MHWNoChunkの動作に必須です)

oo2core_8_win64.dllはSteamでプレイできる無料TPSゲームのWarFrameをインストールするとゲームフォルダ内に格納されています。(oo2core_8_win64.dllのパスはメモしていませんでした。WarFrameのゲームフォルダをoo2core_8_win64.dllで検索してみてください。すぐに見つかります)


ダウンロードしたツールは何処で実行しても問題ありませんので任意の場所に配置後、ファイルを解凍します。



MHWNoChunkを使用して.binファイルを解凍する

MHWのインストールフォルダにある「chunk」フォルダには「chunk0.bin」から「chunk14.bin」までのxxx.binファイル群、「chunkHiPC」フォルダには「chunk0.bin」から「chunk6.bin」までのxxx.binファイル群があり、これらはMHWに関する様々なデータが格納されていますが、既存の防具や重ね着のメッシュやテクスチャのデータも含まれています。


注意事項
今回使用するのは以下のパスにある「chunk0.bin」ファイルですが、主な装備と重ね着のデータが格納されていますが、すべてのデータは格納されていません。なお紛らわしいですが、\chunk\chunk0.bin、\chunkHiPC\chunk0.binのどちらのフォルダにも同じデータが格納されていると思われます。

すべての防具と重ね着のデータを使用する場合Chunkフォルダはchunk0.binからchunk14.binのすべてを解凍する必要があります。chunkHiPCフォルダはchunk0.binからchunk6.binですが、chunk0.binに格納されているデータは変わらないと思いますが、chunk1.binからchunk6.binのデータを見るかぎり、すべてのデータは格納されていないようです。chunk0.binファイルを解凍する際はどちらでも良いと思いますが、今回は\chunkHiPC\chunk0.binの方で解説しています。

\chunkHiPC
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Monster Hunter World\chunkHiPC\chunk0.bin(既定値)

\chunk
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Monster Hunter World\chunk\chunk0.bin(既定値)



\chunkHiPC\chunk1からchunk6のデータに含まれる装備のデータ

以下の装備は\chunkHiPC\chunk0.binに入っておらず\chunkHiPC\chunk1.binからchunk6.binに格納されています。


\chunkHiPC\chunk1.bin
ゼノラージγ(Xeno'jiiva γ):pl045_0020
マムガイラγ(Kulve Taroth γ):pl049_0020
不明:pl068_0000(データ未格納)
不明:pl070_0000(データ未格納)
フルドレス(Gala):pl078_0000

\chunkHiPC\chunk2.bin
オーグγ(Nergigante γ):pl030_0020
Rath Soul s:pl033_0110
不明:pl068_0000(データ未格納)
不明:pl070_0000(データ未格納)
Azure Starlord α:pl072_0000
シリ装備:pl119_0000

\chunkHiPC\chunk3.bin
不明:pl068_0000(データ未格納)
不明:pl070_0000(データ未格納)

\chunkHiPC\chunk4.bin
不明:pl068_0000(データ未格納)
不明:pl070_0000(データ未格納)

\chunkHiPC\chunk5
不明:pl068_0000(データ未格納)
不明:pl070_0000(データ未格納)

\chunkHiPC\chunk6
不明:pl068_0000(データ未格納)
不明:pl070_0000(データ未格納)
防衛隊α(Defender):pl121_0000






MHWNoChunk.exeの実行
ダウンロードしたMHWNoChunkファイルを解凍し任意の場所に配置しMHWNoChunk.exeを実行します(場所はどこでも良いです)。


PL抽出


MHWNoChunkの操作

※以下の操作では「chunk0.bin」から「pl」フォルダ以下の「f_equip」フォルダのみを解凍し女性用の防具データのみを抽出します。男性用と女性用で防具データが格納されているフォルダが異なります。

女性用の防具
\pl\f_equip

男性用の防具
\pl\m_equip

1.「chunk0.bin」ファイルを解凍します。参考SS①の「Merge all chunks」のチェックボックスにチェックを入れる。
2.ツールのウインドウに「chunk0.bin」ファイルをドラッグ&ドロップします。
3.参考SS②の「chunk0」のチェックボックスの左側にある右アイコンをクリック。
4.参考SS③の「pl」フォルダ以下の「f_equip」のチェックボックスにチェックを入れる。

5.参考SS④の「Extract selected」をクリックすると解凍したファイルを何処に保存するか?ダイアログが表示されます。保存する場所はどこでも良いので任意で指定した上で「OK」を押せば処理が開始されます。
4.処理が完了したらMHWNoChunkを終了します。






オドガロン

今回の作業内容

今回は見た目が可愛らしいオドガロン装備(α、β)の外観を、重ね着装備のビートル衣装に適用したいと思います。MHWの防具と重ね着にはそれぞれIDが付与されていますが、防具と重ね着のID、どのIDの装備が\Chunkbin\chunk0.binからchunk14.binのどのファイルに入っているかの「Chunk Number」については以下のサイトで公開されています。

Armor IDs




上記のサイトを見ると「オドガロンα(Odogaron α)」のIDが「pl029_0000」、「オドガロンβ(Odogaron ß)」のIDが「pl029_0010」であることが分かります。今回はオドガロン装備の外観をビートルの重ね着に適用しますがビートルの重ね着(Hornetaur (Layered))のIDは「pl116_0000」です。今回は「オドガロンβ(Odogaron ß)」で作業しますのでIDは「pl029_0010」になります。


確認している重ね着のID

ブリゲイド(Brigade):pl036_0000 
暁ノ武士・寂(Bushi Sabi):pl066_0000
暁ノ武士・誉(Bushi Homura):pl066_0010
ビートル(Hornetaur ):pl116_0000
パピヨン(Butterfly):pl117_0000
バエク(Assassin's Creed Bayek):pl120_0000(IDを割り当てても適用できない。調査中)



以下の装備は重ね着とIDが同じと思われます。

オリジン(Origin):pl018_0000
デスギア(Death Stench α + s)pl026_0000
ダンテα(Dante α):pl071_0000
ドラケンα(Drachen α):pl073_0000
ブロッサム(Blossom α):pl074_0000

ダイバー(Diver α):pl075_0000
ハーベスト(Harvest α):pl076_0000
オリオン(Orionα):pl077_0000
フルドレス(Gala):pl078_0000

ゲラルト装備(Witcher armor (Male)):pl118_0000(IDを割り当てても適用できない。調査中)
シリ装備(Witcher armor (Female)):pl119_0000






防具と重ね着のデータの場所

次にMHWNoChunkで解凍した「chunk0.bin」ファイルの中を見てみますが、女性用と男性用でデータが格納されている場所が異なります。装備の外観も男性用と女性用で異なりますが、今回は女性用の防具を変更しますので\chunkHiPC\chunk0\pl\f_equip以下の「pl029_0010」フォルダが対象となります。


男性用
\chunkHiPC\chunk0\pl\m_equip\pl029_0010

女性用
\chunkHiPC\chunk0\pl\f_equip\pl029_0010



「pl029_0010」フォルダを開くと次のようなフォルダ構成となっており防具を構成するパーツごとにフォルダが分けられています。フォルダ名の示すとおりですが、上から「腕」パーツ、「胴」パーツ、「」頭パーツ、「脚」パーツ、「腰」パーツとなっており、それぞれのフォルダの中は「mod」フォルダがあり、この中にデータが格納されています。


\chunkHiPC\chunk0\pl\f_equip\pl029_0010

「arm」フォルダ
「body」フォルダ
「helm」フォルダ
「leg」フォルダ
「wst」フォルダ



例えば「arm」フォルダの中の「mod」フォルダを開くと拡張子「.ctc.」、「.mod3」、「.tex」などで構成されたファイル群が確認できます。

\chunkHiPC\chunk0\pl\f_equip\pl029_0010\arm\mod

f_arm029_0010.ctc
f_arm029_0010.mod3
f_arm029_0010.mrl3
f_arm029_0010_BML.tex
f_arm029_0010_CMM.tex
f_arm029_0010_FM.tex
f_arm029_0010_NM.tex
f_arm029_0010_RMT.tex
f_arm029_0010_XM.tex
f_slinger029_0010_BML.tex
f_slinger029_0010_NM.tex
f_slinger029_0010_RMT.tex
f_slinger029_0010_XM.tex



作業の手順

1.以下のパスにある「pl029_0010」フォルダを作業しやすい場所にコピーします。

\chunkHiPC\chunk0\pl\f_equip\pl029_0010

※以下の作業内容は「オドガロンβ(Odogaron ß)」のID「pl029_0010」を、ビートルの重ね着(Hornetaur (Layered))のID「pl116_0000」に変更する場合になります。

2.「pl029_0010」フォルダ名を「pl116_0000」に変更します。
3.「pl029_0010」フォルダの中のすべてのファイルのファイル名「029_0010」の箇所を「116_0000」に変更します。



ファイル名の変更前と変更後の例

f_arm029_0010.ctc→f_arm116_0000.ctc
f_arm029_0010.mod3→f_arm116_0000.mod3
f_arm029_0010.mrl3→f_arm116_0000.mrl3
f_arm029_0010_BML.tex→f_arm116_0000_BML.tex


※\pl\f_equip\pl116_0000\arm\sound\f_arm116_snd_bk.wwbk
「pl029_0010」フォルダ以下には\pl\f_equip\pl116_0000\arm\sound\f_arm116_snd_bk.wwbkといったファイルが用意されています。これは防具を装備している際に用意されている固有の効果音と思われますが、今回は外観を変更するだけなのでファイル名の変更は必須では無いと思われます。

4.作業が終わったらMHWのインストールフォルダにコピーします。「nativePC」以下にフォルダがない場合、新規で作成する必要があります。

男性の場合
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Monster Hunter World\nativePC\pl\m_equip\pl116_0000(既定値)

女性の場合
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Monster Hunter World\nativePC\pl\f_equip\pl116_0000(既定値)

注意点
※動作チェックは女性キャラでのみ行っています。(男性キャラを作成していないので)

※「arm」、「body」、「helm」、「leg」、「wst」フォルダは全てコピーする必要があります。例えばオドガロン装備の頭と脚は使用しないので「arm」、「body」、「wst」フォルダだけをコピーした場合、一部だけではなくすべてが反映されなくなります。(重ね着でのみ確認)

※オリジンやブロッサムなど装備と重ね着のIDが同じものに適用すると当然どちらの外観も変更されます。



MonsterHunterWorld 2019-12-17 23-11-09-401

SSの頭はNew Armor - New Teostra ArmorのMODを使用し同様の作業を行い重ね着化、腕と脚はオーグβを重ね着化しています。

今回の変更例では重ね着からビートル衣装を選択することでオドガロンβ装備に外観が変更されます。今回はビートル衣装に変更していますが、IDを変更すれば重ね着と通常の装備どちらにも適用可能です。







関連記事
スポンサーサイト



  • Share