こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in 商品レビュー

LIVE AT BUDOKAN RED NIGHT & BLACK NIGHT APOCALYPSE [Blu-ray]

-- COMMENT
さて、BABYMETALの武道館ライブBDですがRED NIGHTしかまだ見てないんですが、
簡単にレビューでも書きたいと思います。
続きを見たいのは山々なんですが記事を書いてる時点でヘッドフォン性の難聴になったようで、
耳鼻科で薬貰って治療中なので。
BLACK NIGHTは見終わったら追記したいと思います。

さて武道館ライブですが、この会場の特徴として会場中央にステージを配しており、
客席がこれを取り囲むようになっているのが特徴的です。
ちょっと気がかりなのがBABYMETALの特徴である横方向を生かしたパフォーマンスを生かせるのだろうか?
という危惧というか心配があります。
今回は管理人が個人的に好きな骨バンドが登場せず開始早々神バンドによる演奏が始まり最後まで続きます。
骨バンドってまあ、いわゆるエアバンドなんですけど、パフォーマンスがおもしろく、格好良いこともあり、
好きなんですけど世間の評判はあまりよくないみたいですね。
最初っから神バンドださんかい!という声が強かったんですかね?
この辺りが残念なポイントです。
神バンドは演奏のクオリティはもちろん言うことはないのですが、
骨バンドほど弾きながらパフォーマンスをするということがないので、
基本棒立ちですよね?
その辺が物足りないんですけどね。
骨バンド弾いてないけど。
個人的には7割骨バンド、後半戦というか3割程度を神バンドが担当していたゼップ東京のライブみたいな構成が好みです。
さて、出だしはめぎつねから始まります。
この辺りは安定のクオリティと思いますが、やはりステージが中央に面しているため、
動きを生かしたパフォーマンスという意味で言うと、
ちょっと物足りないかな?
武道館ライブってBABYMETALだけにいえることではないんですが、
どうしてもステージが中央に面しているので、動きが少ない。
たまにステージ中央から移動するくらいで全体的に画一的になるきらいがあるので、
どのアーティストが演じてもその傾向があると思います。

前回のライブBDで感じた音圧の問題。
この件は綺麗に改善されています。
SU-METALのヴォーカルの声が明瞭で大変聞こえやすいです。
基本的に歌っているときは客席の声援はマイクを絞ってあり、
よいと思います。

ただカメラワークという意味でいうと全体的に遠くUPで写す絵が少ないこともあり、
前回のほうがよかったかなと個人的に思います。

曲目的には前回から特に変わりはないかな?
どの曲も声量もでており、安定したパフォーマンスだと思います。
全体的な構成で言うと前回のライブBDのほうが好みかなあ。
あと紅月ですけど、前回はバラードにアレンジしてましたが、
出だしはバラードかと思いきや、今回はテンポ早く良い感じでした。
この曲はバラードにしてはだめだと思います。
彼女たちのファンからすれば念願の武道館ライブという事自体が快挙であり、
喜ばしいところなんでしょうけど。
武道館デビューの最年少記録塗り替えたんでしたっけ。
RED NIGHTだけ見た感じだと可もなく不可もなくといったところでしょうかね?

それはそうと、たまたま以下の動画を見つけたんですけど、
2010年のデビュー当時の映像らしいのですが、
いかにもなアイドルファンからの野太い声が響いており、
今のファン層とは一線をかくすのがおもしろいところ。
なんでも骨バンドどころか当初は予算の関係からカラオケを流していただけなんだとか。
それからようやく人気とともに予算がついて骨バンドがつき、
さらに神バンドがつけられるようになったとか。



なるほどといった感じがします。
ここから、わずか4年で武道館デビューし、海外公演を行うとかまさに快挙ですよね。
管理人も彼女たちをアーティストとしてみてるかどうか?でいえば、
アイドル兼パフォーマーとしてみてます。
事務所がアミューズなこともあってパフュームのメタル版といった感じですかね。
純粋なメタルファンからすれば、あんなものはメタルではない!ということなんでしょうけど、
多分神バンドがどんなに演奏がすばらしくても、
かれらだけでデビューしてたら正直難しいでしょうしね。
神バンドの演奏にSU-METALのヴォーカル。
この組み合わせで楽曲はメタル。
でも歌詞はおもいっきりキャッチーでPOPなアイドルソング。
そして歌唱力はなかなかのもの。
この組み合わせだからこそ、世の中に受けたのではないかと思います。
後忘れてはならないのがYUI-METALとMOA-METALのダンスパフォーマンス。
神バンドにSUーMETALのヴォーカルだけでもやはり難しかったのかな?
これに彼女たち二人のダンスパフォーマンスが加わり、
BABYMETALとして完成されるのではないかと思います。
小さな体で切れのよいダンスは年齢を考えたらすごいと思いますしね。
やっぱりあの二人がいなかったらここまでBABYMETALを好きにはならなかったと思います。
正直CDだけで彼女たちの楽曲を聴いても、それなりに楽しめますけど、そこまで好きにはならなかったのではないかと。
ダンスを含めたパフォーマンスで評価されると思うので。
謎なのが海外では彼女たちのどの辺りが評価されているのか?
よく分からないんですけどね。
これで、イジメ、ダメ、ゼッタイのサビをギターによるセッションで二人が神バンドから手ほどきを受けて、
弾けるようになる・・・
そんなパフォーマンスが今後見られる日が来るとおもしろんだけどなあ等と妄想しています。
PVのエアギターでも格好良いからよいけど、
実際に引けたら相当に格好良いと思います。
難しいところですけどね。
あれだけの早弾きは誰にでもできるものではないし。
個人的に演奏がうまくても棒立ちならエアギターでも格好良く魅せる!
そっちのほうがBABYMETALって感じがしてよいなあ。
結論としては骨バンドもっと出してよ。
そのほうがBABYMETALという感じがして良いよ。
エアギターでも口パクでも格好良く魅せる事ができるならそのほうが良いです。
関連記事
スポンサーサイト
  • Share