FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in その他のレースゲーム日記

Assetto Corsa Competizioneは最高に楽しいレースシミュ

-- COMMENT


Acc-1.jpg


FFBの表現やマシンサウンドのクオリティなどリアリティの高さからレースシミュの中でも圧倒的な人気を誇り、非常に高い評価を得ているアセットコルサですが、如何せん2014年のタイトルということもありグラフィックのクオリティは個人的には許容範囲ですが現在の水準からすると見劣りする感は否めずグラフィックを刷新した新作のリリースを待望していました。

そのような中でリリースされたAssetto Corsa Competizione(以下ACCと表記)はグラフィックエンジンを刷新しUnreal Engine 4を採用したことからグラフィックの水準はプロジェクトカーズ2に勝るとも劣らない現時点で最高水準といって差し支えないクオリティを獲得するに至りました。



またFFBの表現と合わせてACで定評のあるマシンサウンドも大幅に強化されておりACCで管理人の愛車である488GT3を見ても、エンジンサウンドやエキゾーストノートは実車と遜色ない非常にリアルなサウンドであり高回転まで回した際のV8エンジンの奏でる甲高いサウンドは非常に心地よいです。





参考動画は488GT3の実車でSPAを走行した際のコックピット視点でのものとACCとPC2でのマシンサウンドを比較したものですがACCをプレイした際のマシンサウンドは実車さながらの迫力とクオリティです。


また、それ以外だとサウンド周りで強化されたと感じるのはバックファイヤーやブレーキを踏んだ際のブレーキ鳴きですが、ACCのサウンド面は前作アセットコルサを完全に超えていると感じます。車の挙動はレースシミュにおいて最も重要な要素ですがグラフィックがどれだけ美麗でもマシンのサウンドが掃除機を回しているような音では、どれだけマシンの挙動が良くても走る楽しさは大きく損なわれてしまうと感じますがACCはグラフィックも最高ですがマシンサウンドも最高です。

※200623 追記
ACCのVer1.4.4での感想になります。

アセットコルサの新作であるACCがアーリーアクセスを経て製品版がリリースされて久しいですが、ACCはアーリーアクセスの時に購入してプレイしていたものの恥ずかしながらプレイ当初は全くといってよいほど上手く走らせることが出来ずスピンの連続でお手上げ状態だったためしばらくの間積みゲー状態でした。

その後488GT3で練習を繰り返しマシンの挙動に慣れてくると、ACCのマシンの挙動は素直で扱いやすくGT3マシンに関してはプロジェクトカーズ2よりも扱いやすく感じるレベルです。

またACCでは管理人が待望していた走行ラインが表示されると同時にブレーキポイントがリアルタイムに動的に色で表示される機能が追加されたことから、この手のレースシミュで最も難しく感じるブレーキポイントの把握、ブレーキを掛けるタイミング、ブレーキを終えるタイミングが一目瞭然なためプロジェクトカーズ2同様にこの機能を有効にすればアクセルとブレーキコントロールに集中することができるため管理人のようにレースシミュ初心者でも十分に楽しむことが出来ます。

前作同様に繊細なアクセルとブレーキコントロールが必要なのは言うまでもないですが、マシンの回転数を極力落とさず一定の回転数以上をキープしつつ上げれば車体は粘るように路面に張り付き、コーナー手前で適切な速度まで減速すると同時にコーナー入り口に車体の向きをきっちり向けつつ荷重移動、ハンドルの切り角などが適切であれば車は面白いくらい狙い通りの走行ラインでコーナーを抜けていく。

逆にその辺の匙加減が悪く荷重移動が適切にできていない場合はハンドルをどれだけ切っても前作AC同様に車体はびっくりするくらい曲がってくれません。レースシミュにおいてその辺りのさじ加減が最も難しいわけですが上手く出来たときは最高に楽しいです。


ACCの不満な点

アクセルペダルを踏み込む量に対してマシンの反応がリニアに反応しない

ここからはACCで管理人が気になる点と不満な点についての雑感をお話したいと思いますが、ACCでは主にACCでフェラーリ488GT3を使用していましたが前作ACと比較してアクセルを踏み込む量に対してマシンがリニアに反応しないと感じる点です。ACCではマシンスペックが確認できないようですが前作同様に488GT3で500馬力程度だとして、前作ACやプロジェクトカーズ2ではアクセルを踏み込む量に対してマシンはリニアに反応し加速してくれるためパーシャルスロットルやハーフスロットルなどアクセル開度を非常にコントロールしやすいです。逆にパワーのあるマシンで低速コーナーを抜けた後ラフにアクセルを踏み込もうものならマシンが暴れて手がつけられません。

ACCでは前作ACと比較して全体的にマシンの反応が鈍いためパーシャルスロットルやハーフスロットルを維持することが難しく感じるためアクセルを踏みすぎてしまいます。設定やマシンセッティングの問題かと思い一通り見てみたもののこれといって設定項目もないようです。

この現象ですが色々なマシンでプレイしてみましたが車種によってかなりフィーリングが変わる印象を受けます。個人的にはPorshe 991Ⅱ GTR3 Rがアクセルを踏み込む量に対してリニアに反応するため最も違和感がなくACと同様の感覚で比較的にプレイできるためACCではもっぱらこのマシンを愛用しています。


トラクションコントロールが強力すぎる

またACCではトラクションコントロールが違和感を感じるレベルで効きが強くマシンが安定していると感じます。前作ACの488GT3と比較すると、ACの488GT3はなまじ馬力が高い分トラクションコントロールをオフにした場合に、例えば低速コーナーを1速で抜けた後でアクセルを全開で踏み込もうものならマシンのテールが派手に暴れてしまうため繊細なアクセルコントロールが必須でした。

前作ACでトラクションコントロールを有効かつ最大に設定した場合はどうか?やはりラフなアクセルワークだと同様の現象は避けられず繊細なアクセルワークが必要です。それがACCではどうかといえば同様のシチュエーションでかなりアバウトにアクセルを全開気味で踏んでも車体が暴れるようなことはなく非常に安定しています。

ACCでセットアップからトラクションコントロールを無効にした場合、同様のシチュエーションで1速でアクセルを全開で踏み込めばさすがにマシンの挙動は大きく乱れますが少なくとも2速以上であれば割とラフなアクセルワークが可能でありACほどには繊細なアクセルコントロールが必要という印象は受けません。

レースシミュというカテゴリにおいてアクセルを踏み込む量を状況に応じて、常に繊細に調整してマシンの挙動をコントロールすることも楽しさの一つだと思いますのでこの仕様に少々違和感を感じざる負えません。全体を通してみれば割とラフにアクセルを踏み込んでいけるのですが、アクセルを踏み込む量に対してマシンがリニアに反応しないことから繊細なアクセルワークが必要なコースによっては難易度が返って上がる印象です。

後、この仕様だとACC単体でプレイする際にはアバウトに踏んでいけるので良いですがACCの後で他のレースシミュをプレイする際にACCと同様の感覚だとアクセルワークが雑になってしまう傾向が個人的にあるのでその点を考慮するとやはり、うーん・・・という感じです。


グラフィックは美麗だがPCスペックは相応に求められる

当方のPC環境が記事を書いている次点でCPUがAMD Ryzen 5 3600 3.6Ghz、メモリー16GB、GPUがGTX1070という構成ですが解像度1920x1080、グラフィックの設定は最高設定から部分的に多少落としている程度ですが概ね60FPSで快適にプレイできています。MSIのAfterburnerでGPUの使用率をチェックしてみましたがCPUの台数15台だとVRAMの使用量は5.7GB弱使用しています。

よって使用しているGPUのVRAM容量が6GBというのがACCをプレイする際の最低ラインだと思われます。それ以下だとVRAMが不足しスワップが発生、パフォーマンスの大幅な低下に繋がります。また上記の構成のCPUがi7の2600Kだったときは常時60FPSをキープすることは難しく50FPS弱前後程度でした。MSIのAfterburnerでCPUの使用率を計測すると計測可能なスレッドはすべてのスレッドで使用率はそこそこあるためCPUも6コアの12スレッド程度は必要かもしれません。

ただ一瞬カクつく症状はi7の2600Kのときはプレイするコースにより割と頻度が高かったですがRyzen 5の環境にしてからは稀に発生するものの頻度は大幅に減りました。前作ACは推奨環境がGTX970だったと思いますがACCはCPU、GPUどちらもそれなりのスペックが求められるためPCスペックによっては快適なプレイは厳しいかもしれません。PCスペックが大幅に足りない場合ACCはMODが期待できないこともありPS4版でも良いかと思います。(30FPS常時キープするのも難しいようですが)



FFB

後はFFBについてです。ハンコンはG29を使用しての感想になりますがフェラーリ488GT3をプレイした感想としては全体的に見ると前作ACに比べるとFFBが弱いです。FFBからの情報量が不足している云々とか次元の高い話をしているわけではなく単純にハンドルが軽すぎてプレイに支障をきたすレベルですがゲインを上げられるだけ上げてもさほど変わりません。

最近プレイしているレースシミュであるプロジェクトカーズ2、rfacotr,アセットコルサ、Automobilista、Automobilista2、F1 2019等ではG29を使用時、デフォルト設定でも適度な重さでありゲームによっては多少ゲインを調整すれば重すぎるくらいに顕著に変わります。これが管理人のPC環境に起因しているというわけでなく現在の仕様だとすると正直言って萎えます。

縁石に乗り上げた際や路面の凹凸を拾った際など縦方向の情報量は豊富だと感じますし、特に縁石に乗り上げた際など下からの突き上げがかなりきつく感じますが、その一方でコーナーを抜けている際などマシンに強い横Gがかかっていると思われる場面でもハンドルが非常に軽いです。

ハンドルが軽すぎるため、後どの程度アクセルを開けてよいのかハンドルを切ってよいかが掴みづらい。トップスピードからフルブレーキをしてもFFBの情報が上記のレースシミュと比較して弱すぎる等マシンの各種挙動が分かりづらく感じます。

気になるのはACCがアーリーアクセスでリリースされた直後はG29でもハンドルは鬼のように重くこんなに重いのか?と感じたレベルでしたが、その後Verアップを繰り返しFFBに関する設定のGUIが現在の仕様に変更されましたが前述した症状が出たのはそれ以降だと記憶しています。FANATECのハンコンを購入してほしいからこのような感じにしたのかと邪推してしまうレベルで軽いです。

ただ、これら管理人が感じる不満点は使用するACCをプレイするハンコンによって大きく変わると思われます。FANATECを使用してACCをプレイされている方からはACCはAC以上にFFBからの情報量が豊富であり評価も高いようです。ACCを現在使用しているハンコンでプレイして同様の不満を感じた場合はよりランクの高いハンコンを導入することで評価が180度変わる可能性があります。

このFFBの現象ですが車種やコースによってフィーリングが大きく変わる印象を受けます。例えば488GT3だと鈴鹿サーキットを走ると全体的にFFBからの情報をまるで感じることができずハンドルが軽すぎて萎えるレベルでしたが例えばPorshe 991Ⅱ GTR3 RだとG29でも適度なハンドルの重さと路面からの情報量を感じ取ることができてプレイしていて非常に心地よいです。

G29でPorshe 991Ⅱ GTR3 Rで走る限りSilverstoneGPやKyalamiなどは路面からの情報量も割と豊富ですが、使用する車種とコースによっては驚くほどハンドルが軽く路面からの情報も皆無です。ACCは使用するハンコンによってこの辺りのフィーリングはかなり変わるようですがG29はFFBに関しては最適化不足というしかないです。

ただACCは製品版になってからかなりの月日が経ちましたがアップデートを繰り返してもG29のFFBに関しては一向に修正される気配がありません。ACCはGT3マシンの挙動に関しては数あるレースシミュの中でも突出してクオリティが高いという評価のようですがG29のようなエントリーモデルのハンコンではその辺りを感じることは難しいかもしれません。ただ車種とコースによっては遊べないこともないです。


20/08/5追記

結局G29だとACCをプレイする際に絶対的なトルクの不足を痛感しT300RSを購入しました。T300RSは3.9NmとG29の2.1Nmよりも高いトルクを誇りトルクが高い分G29と比較にならないくらい力強くFFBの情報が伝わってくるようになりました。T300RSに乗り換えた直後はハンドルの重さと格闘して狙い通りのラインを走ることができずにコースアウトしてしまう事が散見されましたがこのハンドルの重さと格闘する感じは非常に良いです。

T300RSに切り替えてACCへの評価は180度変わるレベルで良くなりました。T300RS導入後はACCの最新のレーザースキャンを使用して作成されたコースの情報量の豊富さには驚かされるばかりです。マシン、コースともにFFBの情報量が非常に豊富であり、アクセルを踏み込めばマシンはリニアに反応してFFBの情報として伝わってくるしブレーキを踏み込んでいき徐々にブレーキを緩めていく。

その動作一つとってもブレーキを踏み込む量に応じてFFBの情報としてリニアに伝わってくるためどれだけブレーキを踏み込んで良いかそこから緩めていけばよいかがFFBの情報として手に取るように伝わってきます。ACCはブレーキが強力でブレーキの制動距離が短いこともあり、ブレーキのコントロール性は非常に良いと感じます。ACCのFFBは非常に良いと思います。





ACC-simhub.jpg

HUDの配置

後はHUDの配置ですが初期設定では画面の右側に固定されています。SSのスケール下の左と右のマージンの数値を調整して中央寄りに配置することが可能ですが、調整が少々面倒な上に横方向の設定しかないため配置する場所の自由度が低いです。前作ACのように自由な場所に配置できるようにしていただけると助かります。

この件ですがPC版はACCに対応したSimhubを導入することで解決します。SimHubはACC専用のものでなくてもAC、AMS、AMS2、rFactor2、PC2等で動作する既存のSimHubが割と動作します。








CPUのAI

前作ACもそうですがACCもPC2に比べてCPUのAIがお世辞にも良くないです。CPUの攻撃性を最低に下げてもコーナー手前で後ろから小突かれてスピンしてコースアウトすることもしばしばです。ACCはCPUのAIについてはアップデートを繰り返し多少改善されたと思われますが同様のことは起こるためプロジェクトカーズ2のようにCPUの攻撃性を下げて紳士的なレース展開を望むことは難しく感じます。

地味に困るのがコーナーを抜けている最中に後続のマシンに小突かれた場合に簡単にスピンしやすいです。逆にプレイヤーが前走車両に軽く小突いてもプレイヤー側がスピンしやいです。他の車輌にぶつかった際にマシンの挙動を大きく崩しやすく、マシンの挙動を立て直すリカバリーも前作ACよりはるかに難しいためペースが速いと極力他の車輌に当てないように非常に神経を使います。(ACCはアップデートを繰り返しこの件はかなり緩和されているようには感じます)

逆にACCで改善されたと感じるのはCPUのペースです。前作ACでは設定したCPUのAIレベルに対して各CPUの速度のばらつきが大きいと感じますが特に2週目以降ペースが大幅に落ちるためほかのレースシミュのようにCPUのペースを均等にできないものかと感じていました。PC2では1位と2位が速いことを除くとそれ以外のCPUのペースはコンマ5秒程度の差を均等にキープしているため白熱したレース展開を楽しむことに寄与していますがACCもACと比較して設定したCPUのAIレベルに応じて速度差、2週目以降のペースも均等になったと思われます。 




話は変わり前作アセットコルサはCPUが非常に早いですが(管理人が下手なだけ?)ACCのCPUの速さはACと同じAIレベルで設定した場合には全体的に遅く調整されているように感じます。そのため自身のコースの習熟度により適宜CPUのAIレベルを調整することで管理人のように下手だけどレースシミュの最高峰のグラフィック、マシンサウンド、挙動でプレイしたいカジュアル層でも走行ラインが動的に色が変わり表示される機能が追加されたことから十分に本作を楽しむことが出来ると思います。

逆に言えば走行ラインが動的に色が変わる機能がなかったら当方は完全にお手上げです。前作アセットコルサではこの機能がなかったのでコーナー手前で減速が足りずにコースオーバーするか減速しすぎて回転数を落としすぎてしまいコーナーを抜けるたびにCPUに大きく差をつけられるかのいずれかで、先頭車両に当たるか当たらないかのギリギリの距離感を常にキープするような熱いレース展開を楽しむことはまったくできませんでした。

そのためもっぱらプラクティスでフリー走行を楽しむか、AIレベルを大幅に下げざる終えませんでしたがこの差は非常に大きいです。アセットコルサはMOD文化が盛んであり上手い人はMODで追加された様々な車種やコースで思う存分楽しむことができると思うので羨ましい限りです。
 
後は地味に嬉しいのが各車両ごとのタイム差がリアルタイムで表示されるようになった点です。前作ACではタイム差はリアルタイムで表示されませんでした。先頭車両や後続車両とのタイム差がリアルタイムで表示されるようになった事からレースをする上でのモチベーションの維持にも寄与するためこの機能は非常に嬉しいです。





AC2-Win64-Shipping 2020-06-25 08-55-21-232

話は変わりますが管理人はプロジェクトカーズ2が大好きですがACCのマシンの挙動、コントロール性、マシンサウンドなど全てにおいてACCのほうが圧倒的に好みです。パワーがある割に妙に扱いやすいのが気になりますが上手い方からこれからレースシミュを始めようと思っている方等Aiレベルを自身のレベルの応じて調整すれば幅広い層が楽しむことができると思います。

ACCはアーリーアクセスのリリース直後は車種もコースの種類も少なくコンテンツの不足は否めませんでしたが、アップデートにより徐々に拡充されコースも管理人が大好きなBrands HatchやSilverstone、Barcelona、DLCで.Kyalamiや鈴鹿、Bathurst等のコースも追加され現在15種類あります。数はまだ十分とは言えないものの、どのコースも非常にクオリティが高くゲームとして最低限楽しむことができる環境が整ったと感じます。

ACCでプレイ可能なコースの一覧(20/07/27 Ver1.5.2の時点)

Spa-Francorchamps
Monza
Brands hatch
Silverstone
Paul Ricard
Misano
Zandvort
Nurburgring
Hungaroring
Barcelona
Zolder


DLC

Suzuka
Kyalami
Mount Panorama
Laguna Seca


ACCはアンリアルエンジン4の採用によりグラフィックの水準は最高峰、マシンサウンドも最高、コントロール性が良く総合的な完成度は非常に高いためプレイしていて最高に楽しいです。DLCでGT4マシンが追加されたことからGT3とGT4のカテゴリのレースに特化したレースシミュとしては現時点では最高峰の出来と言って差し支えないと思います。

ACCでは走行ラインの色が動的に変わる機能が採用されたことからブレーキポイントの把握が容易であり、レースシミュに興味があるので始めてみたい。またはレースシミュ初心者だけど楽しめるか不安という方もCPUのAIレベルを自身のスキルに合わせて適宜調整することで広範な層が適度な緊張感を味わいつつ十分に楽しむことができると思います。ACCは文句無しで走っていて最高に楽しいレースシミュです。








関連記事
スポンサーサイト



  • Share