FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in MHW MOD

PC版MHW 武器の改造MODが面白すぎる

-- COMMENT


edit1.jpg





MHWで用意されている様々な武器の攻撃力などのステータスを好きなように変更できるエディタである「ねこみみとるね~どワールド」の存在を知り試しに使ってみたのですがこのエディタ面白すぎます。エディタは日本の方が作成されているようですが、以下のサイトでダウンロード可能です。

ねこみみとるね~どワールド

動作には .NET Framework 4.6.2以上が導入されている必要があります。
.NET Framework 4.6.2のダウンロード

エディタの導入から基本操作については上記のあむぶろ様がサイトで解説されていますのでご覧いただければと思いますが、エディタはGUI形式で直感的に使用することができますので触っていれば使い方はすぐに理解できると思います。


ダークスティンガーⅢ

ダークスティンガーⅢ2


MHWの生産武器は(アイスボーンを除く)火力、会心率が全体的に低く、切れ味ゲージも巧運用しないと短すぎて使いづらいものが多いです。ただこのエディタを使用するとそれらの不満点をすべて払拭することができ、マムタロトの鑑定武器以上の高性能な武器に生まれ変わることができます。

例えばこちらのSSの武器はダークスティンガーⅢという生産武器のランスですが、この武器はレア6ながらデフォルトで長い白ゲージがあり匠5で運用すればすべてのランスの中で最も長い部類の白ゲージを誇り、青ゲージも長いことから切れ味ゲージの観点から見れば使い勝手は抜群に優れています。ただ攻撃力は368、無属性強化で火力の底上げを図る事はできますが如何せんベースの火力が低すぎます。スロットも大スロットが1個あり火力さえ高ければと感じていました

SSでは無属性ランスの定番であるガイラクレスト惨爪と同等に火力、会心率を調整していますが、合わせて切れ味を最大値に調整することで、匠なしで圧倒的な白ゲージの長さを誇るガイラクレスト惨爪以上の性能を誇る武器に生まれ変わりました。素で大スロットが1個あるため無撃珠のスロット枠として使用できるのもポイントが高いですが、レア6のためカスタム強化が3回できるため最強の無属性回復ランスの完成です。

後は武器の見た目が無骨で好みではないので皇金シリーズの外観に調整してみました。惨爪の代わりに無撃ランスとして普段使いしようと思います。

個人的には、戦闘中切れ味の管理をするのが面倒なので火力と会心率、切れ味ゲージが長く、達人芸と相性の良い武器を使う傾向がどの武器種でも強いですが、武器の外観を含めいつも同じ武器ばかりだと飽きが来る点は否めません。いくら気に入った洋服でも毎日着ていたら飽きますので。ただ今まで入手しても使うことなくお蔵入りになっていた産廃武器も調整次第で高性能な武器にできるのは面白いですね。

このエディタは元が龍属性の武器を水属性に変更したり、属性開放が必要な武器を属性開放が不要にできたり、高火力だけど切れ味ゲージが短い武器を全体的に長く変更したり、スロットが0個の武器もスロット数を1個から3個で調整可能、尚且スロットを大、中、小から選択できるなど武器のステータスから外観までありとあらゆる項目を思いのままに変更が可能です。



ガイラバスター水

後はガンランスですが元の武器が拡散タイプや放射など種類とLvに関わらず、鑑定武器で追加された拡散型Lv4等やアイスボーンで追加された拡散型Lv5等に変更することもできます。PC版は記事を書いている時点でアイスボーンはリリースされていませんが先行してLv5の火力でプレイすることも可能です。

また武器の種類に関わらず武器自体に業物や会心撃属性等、ありとあらゆる装備スキルを適用できます。このような調整が自身の嗜好ですべての武器で簡単に行うことができるのは面白いの一言です。

武器のステータスの微調整をすべての武器のカテゴリで試行錯誤していますが、エディタで過度に数値を上げすぎるとMHW無双を通り越してワンパンマンになってしまいますのでご利用は計画的にといったところでしょうか。また、このエディタで調整すれば既存の生産武器を鑑定武器と同等またはそれ以上に性能を上げることができますし、武器の外観も鑑定武器と同じにできますのでマムタロトを延々と周回する理由が鑑定武器の収集目的以外だと無くなりそうな気がします。

後は、どちらかと言えば武器改造エディタで武器を高火力に調整しつつ、Quest Editorを使用してモンスター側のHPも高く調整して上げる。そうすることでモンスターを攻撃した際のダメージ量は高く表示されて気持ちよくプレイができる。ただ敵のHPも上がっているのでクリア時間は変わらない。そのように調整すれば全体としてバランスが取れて面白くなるのではないかと思います。


あと面白いのは武器のレア度を自由に変更できるためレア7やレア8の武器をレア6などに落とすことができます。カスタム強化できる数が増えるのはもちろんですが、カスタム強化する際の龍脈石の必要数と必要な種類が当然変わります。例えばレア8の武器をレア6に落とせばカスタム強化する際に英雄の龍脈石を必要とせず猛者の龍脈石を1個使用するだけでカスタム強化が可能です。地味に便利な機能です。

ただエディタでそのような編集を繰り返していたら一部の武器の編集箇所が正しく適用されなくなる現象が出ました。具体的には一部のランス武器を要属性開放の設定にしているけど、ゲーム上で装備の変更から武器を表示すると正しく表示されない。ただ装備すると正常に表示されるといった具合です。レア度の変更を同じ武器で繰り返す行為はあまりしないほうが良さそうです。

ただ、エディタの機能で編集した武器のステータスをすべてリセットすることで改善されたので別段問題もなさそうです。すべての武器の調整を最初からやり直す必要はありますが。

MHWも1000時間以上プレイしてきて流石に飽きが来ていましたが、このエディタのおかげでまだまだ楽しむことができそうです。PC版にもアイスボーンがリリースされたらこのエディタで更に楽しめそうです。



最後に重要な点について記載しますがこのエディタを使用して武器のステータスを変更した上でのマルチプレイは厳禁です。このエディタ自体はマルチプレイをぜずソロでプレイする分には、適度にバランス調整を図ればMHWをより面白くすることは間違いないですが、マルチで使用する場合ステータスの調整次第ではただのチートツールになってしまいます。

エディタの製作者の方が自身のサイトで明言していますが、(チート)行為が蔓延した場合、ツールを公開停止にして、配布後のツールも使用不可にすると仰っています。(このエディタはネットに接続した状態でないと起動できないようにしているようです)またマルチでそのような行為が蔓延した場合、MHWの運営が武器データの改造をチートと判断した場合にはBANされる可能性は否定できません。

武器のステータスを改造できる同様の機能を有したエディタはNexusでMHW Weapon Editorというものが確認はできますが、長らく更新が停止しており皇金武器とレーシェン(古を含め)の素材から作成する武器がサポート外です。こちらのエディタはそれらの武器に対応し、なおかつ日本語表記であり、エディタの使いやすさも優れていますが、このエディタが使えなくなるのは個人的にきついです。ルールを守って使用していただけるようにお願い申し上げます。

関連記事
スポンサーサイト



  • Share