FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in MHW MOD

英雄と猛者の龍脈石が確定でドロップするクエストMOD PC版MHW

-0 COMMENT


MonsterHunterWorld 2019-09-15 14-27-15-668



MHWでは(アイスボーンを除く)、武器のカスタム強化をする際に武器のレア度により英雄と猛者の龍脈石を使用しますがドロップ率自体はそこまで悪くはないものの武器のカテゴリごとに必要とする龍脈石の種類が異なり7種類あります。

龍脈石は危険度2の歴戦モンスターからも英雄と猛者の龍脈石はドロップするようですが、ドロップ率は危険度3の歴戦古龍に比べるとかなり低めに設定されているため必然的により高確率で入手できる歴戦古龍を狩りまくるマラソンを強いられることになります。

また、マムタロトを周回していると生産武器より高性能な鑑定武器は山のように入手できますが、肝心のカスタム強化用の英雄と猛者の龍脈石が全く足りない。龍脈石を入手するために歴戦古龍マラソンをするのはもううんざりという方も少なくないと思います。

そんな方にお勧めしたいのが英雄と猛者の龍脈石が確定でドロップする歴戦王クエストMODです。この記事でご紹介するクエストMODはクエストの種類により英雄と猛者の龍脈石のいづれかが確定でドロップしますが、確認している限り入手できる数が英雄の龍脈石が1から4個、猛者の龍脈石に関してはクエストにより一度に18個ドロップしたこともあります。(激運チケット使用時)

MHWではカスタム強化をしようとすると、龍脈石マラソンを強いられ必然的に歴戦古龍ばかりとプレイすることになりますが、同じモンスターとばかり対戦するためMHW自体に飽きが来る点は否めません。ただ、これらのクエストMODを使用することで龍脈石の必要数はすぐに揃うため、歴戦古龍を狩りまくる龍脈石マラソンから開放され、好きなモンスターとプレイを楽しむことが出来ますが、調査クエストをするための歴戦古龍の痕跡集めから開放される点も大きいです。個人的にも非常に愛用しているMODです。

尚、歴戦王クエストはヴァニラでも龍脈石と高ランクの装飾珠のドロップ率は高く設定されていますが、以下のクエストMODでも高ランクの装飾珠のドロップ率は非常に高いです。激運チケットを使用することで一度に入手できる龍脈石のドロップ数は大幅に増加するためチケットは極力使用することをお勧めします。





AT Kushala of 5 mapsのダウンロード

歴戦王クシャルダオラ 
対戦場所:複数マップ
英雄の龍脈石のドロップを確認


AT Nergigante of Wildspire Wasteのダウンロード

歴戦王ネルギガンテ 
対戦場所:大蟻塚
英雄の龍脈石のドロップを確認



AT elder dragons on unusual mapのダウンロード


歴戦王ヴァルハザク
歴戦王キリン 

対戦場所:龍結晶の地
猛者の龍脈石のドロップを確認

他のクエストは未確認


Challenge Quest - Sapphire Star's Guidanceのダウンロード

本MODはネギ、テオ、ナナ、クシャ、ベヒーモスを同時討伐するクエストです。

以下のMODファイルは上記のMODから歴戦王テオテスカトルのみがスポーンするように当方が調整しています。

王テオ配布用191025.rarのダウンロード

パスワード: kuma





MODのインストール
MODファイルを解凍後、「nativePC」フォルダを以下のパスにコピーする。


コピー先
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\Monster Hunter World(既定値)




注意事項

上記のMODはすべてyishenyuanという製作者の方が作成されていると思われますが、同じ作者の方が作っている関係で複数のMODを同時に導入した場合にMODの内部データが競合するため、いくつかの不具合を確認しています。具体的にはモンスターを倒しても肝心の龍脈石をドロップしない、クエストは開始されるがモンスターがマップ上にスポーンしない、スポーンはするがプレイヤーが行くことの出来ない箇所でモンスターがスポーンしスタックしているといった具合です。AT elder dragons on unusual mapとAT Kushala of 5 mapsは同時に導入した場合に一部のクエストで問題が発生することを確認しています。後は、すでに他のクエストMODを導入している場合には競合の可能性があります。






3つのMODを結合したMODファイルのダウンロード(歴戦王テオは除く)

当方がQuest Editorなどを使用して3つのMODを同時にプレイ可能な状態にしているファイルを用意していますので面倒な方はダウンロードしてみてください。

また、中には幾ら英雄と猛者の龍脈石が確定で入手できるといっても毎回歴戦王の古龍とプレイするのは辛いという方もいらっしゃると思います。そのような方のためにモンスターのHPを歴戦古龍と同程度まで調整したファイルを別に用意しているのでかなり狩りやすいと思います。(キリンはさらに低め)ただ攻撃力等、他のステータスは概ねオリジナルの数値のままです。

後はAT Kushala of 5 mapsのクシャルダオラのクエストは本来は他のモンスターが複数スポーンするように設定されていますが(すべてのクエストは未確認)、このファイルではスポーンしないように設定しています。

AT elder dragons on unusual mapの龍結晶の地のキリンクエストは内部データの競合が現時点でうまく解決できないため陸珊瑚の台地にステージを変更しています。


nativePC-190919-HP未調整.rar

オリジナルの歴戦王のステータスに準じているファイル(多少の微調整あり)


nativePC-190919-HP調整済み.rar

歴戦古龍と同程度のHPに調整したファイル(他のステータスは全体的に微調整しています)

パスワード:kuma

ダウンロードしたファイル単体で龍脈石がドロップしないなど問題があればコメント欄でご連絡いただければ、検証した後に問題が見つかれば修正いたします。(ダウンロードしたファイルに別のクエストMODを導入した場合は内部データが競合している可能性があるため当方は関知できません)





なお、Quest Editorを使用すればモンスターのHPなどステータスの変更などは簡単にできるので以下の手順で微調整していただければと思います。モンスターのHPの調整について簡単に記載しておきます。


パス
nativePC\quest

questData_00451 陸珊瑚の台地 キリン
questData_00651 大蟻塚 クシャルダオラ
questData_00663 大蟻塚 ネルギガンテ
questData_00881 龍結晶の地 ヴァルハザク

Quest Editorのダウンロード



HP調整済み
SSはエンシェント・レーシェンのステータス

ダウンロードしたファイルを解凍しQuest Editorxxxx.exeを実行します。ファイルを配置する場所はどこでも良いです。

1.「File」→「Open」→編集するquestData_00xxx.mibファイルを選択します。

ファイルのパス
nativePC\quest¥questData_00xxx.mib

2.「Monsters」タブを開く。
3.「Monster1」タブ内の「Health」の値を任意に設定する。(デフォルト値はオリジナルまたはHP未調整のMODファイルを確認してください。
4.編集が終わったら「File」→「Save」または「Save as」を選択して保存します。
5.編集済みのquestData_00xxx.mibファイルを入れ替える。
6.Quest Editorを終了する。


関連記事
スポンサーサイト



  • Share

0 Comments

Leave a comment