FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in ダークソウルシリーズ日記

ダークソウルリマスターDOA 再戦したアルトリウス戦は難しいけど楽しすぎる

-- COMMENT


DarkSoulsRemastered 2019-09-04 11-34-52-557

ダークソウルリマスターのMODであるDaughters of Ashですが、英語版でないと正常に動作しないようなのでNEW GAMEから初めてようやくラスボス戦まで辿り着けました。DOA版のラスボスでは特定の条件を満たすことでグウィン戦の後でアルトリウスと対戦をすることが出来るようですが、その条件というものがよく分からず今回はグウィン戦の後でエンディングを迎えてしまいました。

※DOAのWIKIを確認した所グウィン戦の後でアルトリウス戦に入るための条件は以下のとおりです

1. DLCエリアでマヌスを倒す。
2.黒い森の庭、ヴァニラのシフのボス部屋(DOAだと猫3匹と対戦した場所)に向かうとシフと対戦することができるためシフを倒す。(正確にはシフ戦に乱入してくるアルトリウスがマヌス化するため最終的にマヌスを倒す)

この条件を満たすことでグウィン戦の後でアルトリウスとプレイできることを実際に確認しました。



止む終えずヴァニラのセーブデータを戻してグウィン戦後のアルトリウスと対戦してきましたが、初回対戦時と比べ攻撃速度は大幅に早くなり、攻撃後の硬直時は更に短くなっておりただでさえ隙きの少ないアルトリウスが大幅に強化されています。ヴァニラやDOAの初回対戦時のアルトリウス戦では大抵の場合、クレイモアやガーゴイルの斧槍を使用しますがそれらの武器では立ち回りがまるで安定しませんでした。

再戦時のアルトリウス戦では色々な武器を使用してみましたがリーチに優れローリング攻撃時の攻撃の出の速さ、攻撃後の硬直時間の短さから銀騎士の槍が最戦時のアルトリウス戦ではもっとも安定していると感じました。ただ検証時のステータスが筋力24、技量22と低いためローリング攻撃で与えられるダメージ量は66程度と低いため倒すまでの時間がかなり長くなるのがネックでしょうか。

再戦時のアルトリウスとの立ち回りや安全に攻撃をできるポイントは基本的にはヴァニラのアルトリウスと変わらないと感じますが、とにかく攻撃速度が早いため当初は被弾しまくりでした。基本的にはヴァニラと比べてワンテンポ早いタイミングで回避するようにすることで全体的に安定するようになりました。攻撃は基本ローリング攻撃を主体としています。

グウィン戦は隙が少ないためボス部屋に点在する岩を利用して初見プレイではパリィがうまく出来なかったためHPを回復したり岩を間に挟んで対峙し攻撃を加えたりしてなんとか倒した記憶がありますが、アルトリウス戦では敵の激しい攻撃を捌いていると、岩にぶつかったり回避する際に邪魔も良いところですが、点在する岩が邪魔の一言でした。

またアルトリウスのHPを40%程度削ると途中からシフが参戦してきますが、アルトリウスと戦いながらシフの攻撃にも警戒する必要に迫られることから非常に厄介でした。シフのHPは低めに設定されているようですが倒しても無限湧きすると思われるため強引にシフを倒しても意味がなさそうです。

シフが参戦してからの基本的な立ち回りは、後方に下がりながらシフとアルトリウスを分断して戦うようにするということを常に意識しました。後方に下がりつつ、どちらかといえばボス部屋の周囲をぐるっと円を描くように回りつつシフと距離を取るイメージでしょうか。

アルトリウスの攻撃を回避後にアルトリウスを攻撃するときは常にシフが現在何処に位置しているのかを把握しつつ行う。側にシフがいるときはスルーするといったことを常に心がける。そうすることで割と安定して立ち回ることが出来ました。後はボス部屋に点在する岩を上手く利用して分断するのも効果的でしょうか。

後は指輪に狼の指輪を装備して強靭を40上げています。これは強靭が0だとシフの攻撃を受けた際に怯んでしまい、そこをアルトリウスに攻撃されると非常に厄介です。狼の指輪で強靭40を底上げすることでシフからの攻撃を1発食らったとしてもひるまずに行動することができるため今回のボス戦では非常に重宝しました。

意識したのはこんなところですが、いずれにしても武器に銀騎士の槍くらいリーチの長い武器でないと限りなく被弾を減らして立ち回るという意味では個人的にはお手上げでした。ただDOA版のアルトリウスとの再戦はDOAのボス戦において難しいけど最高に楽しい一時でした。この攻撃速度の速さと攻撃後の硬直時間の短さの調整のバランスは非常に良く出来ていると感じます。

Daughters of Ashは最高に楽しいMODでした。久しぶりにNEW GAMEからプレイした無印でしたが時間を忘れてプレイすることが出来ましたね。




関連記事
スポンサーサイト



  • Share