FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in 仁王 強MOBの無難な立ち回り

仁王  強MOBの無難な立ち回り 妖鬼 アムリタ妖鬼編

-- COMMENT




妖鬼


妖鬼は序盤における強MOBですが妖鬼とアムリタ妖鬼は基本的な攻撃パターンは変わらないと思われるため参考動画ではアムリタ妖鬼を例に取り解説しています。妖鬼、アムリタ妖鬼は動きは緩慢で攻撃の手数も少なく攻撃速度も遅いため背後に回り込んで攻撃を加えることが容易ですが、攻撃力は高く敵の攻撃をガードした際の気力消費量は全体的に高いため序盤では厄介な存在です。







東北きりたんによる解説動画を作成しましたのでお時間のある方はご覧いただければと思います。







アムリタ妖鬼


アムリタ妖鬼の特徴

アムリタ妖鬼は刀と斧を持ったタイプがいますが妖鬼の色の違いにより被弾すると様々なデメリットが発生します。例えば青色の妖鬼は水の状態異常となり被ダメージの増加。黄色のタイプは雷の状態異常となり、攻撃と移動速度が大幅に低下しますが非常に厄介です。

後、アムリタ妖鬼の特徴として敵と同じ種類の属性ダメージが蓄積すると爆発させて倒すことができます。例えば青色の敵は水属性のため水まといのお札を使用したり、周囲にいる水属性の鬼火を倒し武器に水属性のエンチャントを帯びた状態で攻撃を繰り返すと爆発します。敵が爆発する際に距離が近すぎるとダメージを受けるため適度に離れる必要があります。







斧を装備している敵の主な攻撃パターン

両手で斧を前方に叩きつける攻撃。これは敵の前方に対し扇状に衝撃波を発生させます。後方に下がって距離を取るか、敵と密着して斜め前方にステップ回避して敵の背後を取れば攻撃のチャンスです。距離を取る場合もガードしていれば安全に処理できます。


左手と斧のコンボ

左手と斧のコンボには左手→斧の横払いと斧の横払い→左手のパターンがあります。サイドステップを繰り返して回避後に攻撃。または攻撃範囲外まで距離をとってから攻撃後に前ステップで接近して攻撃を入れます。


ショルダータックルから裏拳のコンボ

敵が肩を突き出してショルダータックルから左手で裏拳のような攻撃を仕掛けてきます。幾つかのパターンがありますが、後ろに下がって距離をとって回避するのも良いですがサイドステップで回避すると敵の背後に回り込むことが容易です。


斧を振り回す攻撃

この攻撃は2パターンありますが1つ目は斧を頭上で2回振り回して最後に前方に叩きつけてきます。攻撃範囲外まで距離を取るかサイドステップでも回避可能です。

2つ目は斧を左右に振り回しつつ最後に前方に叩きつけてきます。攻撃範囲外まで距離を取るかサイドステップを繰り返して回避します。


掴み攻撃

妖鬼は敵と距離が近いとガード不可の掴み攻撃を仕掛けてきます。妖鬼の種類により異なるような気がしますが掴み攻撃の出がかなり早いため敵との距離が近すぎると攻撃を見てから回避することが難しい場合もあります。








刀を装備するタイプの攻撃パターン

特徴


この敵は斧持ちに比べると攻撃速度がやや早いです。敵の前面から攻撃する際は斧持ちよりも攻撃速度が早く、見た目より案外リーチがあるため深追いをすると被弾しがちです。斧持ちとの攻撃パターンはそれほど違いはないと思われます。




刀を振り下ろして切り上げのコンボ。


・刀を振り下ろしてから素早く切り上げてきます

・ゆっくりと刀を振り下ろしてから一呼吸おいて素早く切り上げてくる


この攻撃は2パターンありますが、1段目の攻撃速度の違いで2段目の攻撃パターンが変わることに注意が必要です。



刀を両手で持ち前方への叩きつける

刀を前方に叩きつけた際に衝撃波が発生しますがこの攻撃も斧持ちと変わらないと思います。



ショルダータックルから裏拳のコンボ

ショルダータックルから裏拳のコンボを含めタックルや裏拳に関連する攻撃は斧持ちと変わらないと思われます。斧持ち同様にサイドステップで回避後に横方向に移動すれば敵の背後を取ることが容易です。


掴み攻撃

敵の前面に位置し距離が近いとガード不可の掴み攻撃をしてきます。斧持ちと変わらないと思われます。


滅多斬り

敵が唸り声を上げた直後に刀を6回ほど連続で斬りつけてきます。素直に距離を取りやり過ごしたほうが無難です。







角を折る際

角を折る際ですが鎖鎌を含め上段構え攻撃で角を折りやすいですが、刀の下段構えでも妖鬼の前面から攻撃を繰り返していれば角を折ることは割と容易です。上段構えの通常攻撃は角を折りやすいものの鎖鎌を除くと斬りつける角度が悪いと角を折ることはできません。

尚且、攻撃後の硬直時間が長いため角を折れない場合には敵から反撃を喰らいがちです。下段構えなら攻撃後の硬直時間が短いため敵からの攻撃を察知したら回避行動に移ることが容易で多少時間は掛かっても安全に角を折ることができます。

ただ1週目の序盤で碌に武技を使用できない場合に妖鬼の角折を狙う場合には鎖鎌の上段構え攻撃が楽で良いです。敵の攻撃後に上段構え攻撃で敵をぽこぽこと攻撃すれば簡単に角を折ることができるためやはり便利です。




立ち回り

妖鬼、アムリタ妖鬼は敵の攻撃をサイドステップで回避しつつ横方向に移動するだけで敵の背後に回り込むことが容易です。敵の攻撃を右ステップで回避したら右に移動する感じでしょうか。常に敵の背後を取るように位置取りしながら攻撃を繰り返していると楽だと思います。

道幅の狭い場所で敵の背後に回り込みにくい場合には前面から攻撃を加え角を折り追い打ちを狙うと良いですが、攻撃力が低く倒すことができない場合でも敵が気力切れを起こすためゴリ押しで敵のHPを大きく削ることができるため1週目の序盤ほど積極的に角折を狙ったほうが良いと思います。

特に1週目の序盤は攻撃力が低いため妖鬼の前面から攻撃を繰り返しても敵のHPはなかなか減ってくれません。敵の背後から攻撃を加えたほうがダメージを稼ぐことができるため積極的に背後を狙っていきたいです。




関連記事
スポンサーサイト
  • Share