交換用の弦の長さが合わない

DSCF0621_convert_20150102184030.jpg

さて、リカーブクロスボウMK-150A1用に取り寄せておいた弦なんですが、
いざ取り付けようと思ったら弦を張るのに妙に難義します。
おかしいなあと思ったらどうも交換用の弦の長さが微妙に短い事に気づきました。
交換用の弦の長さ66.6cm、26.75インチ換算で67.945cm、交換前の弦67.9cm。
交換前の弦の長さとインチ換算の長さは変わらないため、単純に届いたものがおかしいのでしょうか?
クロスボウストアのオーダー情報で取り寄せた弦の品名と長さ的には問題ないと思われます。
交換用の弦のパッケージには長さの表記がないため、届いた弦が26.75インチのものであるかの確認は、
とりようがありません。
どうしたものですかね?
工業製品なので多少の長さの誤差は許容範囲として商品販売されているのか?
はたまた別の商品の弦が届いたのか?わかりかねます。

アメリカっ長さの単位ってインチですよね?
コンパウンド用に取り寄せた17インチの弦も微妙に長さが17インチに届かず2cmほどみじかいのです。
交換用の弦41.6cm、17インチ、インチ換算43.18cm、手元の弦44.1cm。
これって工業製品特有の誤差なのかな?
しかし現実問題として1.3cmの誤差でも短いと弦を張るのは無理ですからね。
同じものを取り寄せてみればその辺もはっきりするかもしれませんけどね。
よくわからん。
関連記事
スポンサーサイト