FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in 仁王 強MOBの無難な立ち回り

仁王  強MOBの無難な立ち回り 輪入道編

-- COMMENT



輸入道

輪入道は動きは遅いものの敵の側面に位置すると車輪を連続で叩きつけてきますが、攻撃力が高く多段ヒットするため非常に危険です。また敵の吐く炎は属性ダメージのため属性攻撃の被ダメージ軽減率が低いと被ダメージが地味に痛いです。






東北きりたん解説による立ち回りの解説動画を作りましたのでお時間のある方はご覧いただければと思います。




輪入道の特徴として敵の前面と背面の顔の部分はダメージが通りやすいものの、側面の車輪の部分は特に硬いためダメージが通りにくいです。また敵の背面側の顔を攻撃すると簡単にダウンさせることができるため積極的に狙っていきたいです。

この敵の攻撃パターンは炎を吐く、離れた距離から突進攻撃、敵の側面に位置した場合には車輪の部分を連続で叩きつけてくる車輪轢きを仕掛けてきます。この敵とのセオリーは敵の正面に位置し、炎を吐く攻撃を誘発させます。敵が炎を吐いたら背後に回り込み顔を攻撃してダウンさせます。敵がひっくり返るとどちらが背面側の顔なのか分かりづらいですが背面側は顔に黄色のコブのようなものがあります。

輪入道はダウンから復帰する際に炎を全方位に撒き散らしつつ起き上がります。よってある程度攻撃を入れたら深追いせずに距離を取る必要があります。

離れた距離からの突進攻撃は攻撃の予備動作として車輪を勢いよく回転させるため分かりやすいですがサイドステップで回避します。またこの攻撃は敵が壁などの障害物に当たるとダウンするため壁の前面に立って攻撃を誘発させてダウンを狙うのも良いです。


最も怖いのが車輪轢き攻撃ですが敵の背後に回り込もうとして敵の側面に位置すると側面の車輪を連続で叩きつけてひき殺そうとしてきます。この攻撃は攻撃力が高いため連続で食らうと簡単にやられてしまうため非常に危険です。またガード時の気力消費量も高いです。防具を大鎧で固めている場合には気力の消費量は低く抑えることができるためガードすることは容易です。

ただ軽鎧の場合にはガード時の気力の消費が高すぎるため連続攻撃をガードすると容易く気力が枯渇してしまい、気力切れを起こしたところへ追撃を食らうと簡単に死んでしまうため警戒が必要です。軽鎧の場合に車輪轢き攻撃を受けた場合にはガードしつつサイドステップで回避してやり過ごすと良いと思います。

セオリーが分かれば簡単な敵ですが1週目でレベルが低い場合にはなかなかの強敵だと思います。





関連記事
スポンサーサイト
  • Share