スリングショットにマウントリングを取り付けてみた

DSCF0628_convert_20150105170220.jpg

さて、eBAYでマウントリングをグリップにセットしたものを購入しようと思ってるんですが、
ふと思いました。
手元のファルコンにマウントリングセットすればいいんじゃね?
と思い結束バンドでマウントリングを取り付けてみました。
全方向から結束バンドで固定してあげたところ、ぐらつきも最低限で割りと固定できてます。
うーん、これでもいいかな?
あとはLaser Pointerをここのマウントリングにセットしてあげようと思います。
グリップにマウントリングをつけるやりかたが恐らく固定する場所としては加工が恐らく容易なんでしょうね?
ただこの方式だとゴムの発射位置とレーザーの照射位置が横方向に10cmくらいはずれそうなので、
精度てきにいうと微妙かも。
レーザーを照射した位置に弾が当たるものをというと、弾の発射位置に近いほうがよいのは、
いうまでもありません。
このお手軽にマウントリングを固定したファルコンもそういう意味で言うと完全にレーザーの照射位置に、
弾が飛ぶわけではないですが、グリップ固定方式よりははるかに弾が照射位置に近く飛ぶのではないかと思います。

後はLaser Pointerの選択ですが、1インチのマウントリングにすっぽりとセットできるようなものがあれば、
ベターなんですけどね。

ちなみに最近はGreenLaserなるものがあって、赤い色のレーザーに比べ肉眼でよりはっきり見え、
距離も相当遠くまで照射できるようです。



動画だとかなりはっきり見えますが、問題なのは想定しているのが昼間の屋外であるところ。
理想としては距離15mまでレーザーを鴨に照射して肉眼で確認できる事。
使ってみないとその辺りが分からないのでなんともいえないですね。

それをこのファルコンに付けてあげれば、とりあえずレーザーで狙った場所のそばに弾が飛ぶので、
アシスト的になら精度の大幅な向上がみこめるのではないかと。

とりあえずAMAZONでLaser Pointerを見繕ってポチりたいと思います。
このファルコンのレーザー使用で、マウントリングがレーザーの自重でぐらついて、
精度が出ないのであれば、しょうがないからグリップにマウントリングがセットされたスリングショットをeBAYあたりで、
ポチりたいと思います。
ステンレス製のスリングショットとか格好良いですよね。
これとは別にやっぱり欲しいかも。
関連記事
スポンサーサイト