こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in めざせスリングショット猟

スリングショットの個人輸入

-- COMMENT
スリングショットの個人輸入をされた方で、税関でひっかかり通関できなかったという、
報告例をみたので、事前に貿易審査課にそのあたりについてどうか?
確認をしてみました。
スリングショット自体は分類第93類04に該当するようですが、
一ヶ月に3個までであれば個人使用に限り個人輸入しても貿易審査課の特例を使って、
通関する事は問題なく可能なようです。
やれやれ、これでeBAYでスリングショット購入できますね。
それにしても貿易審査課はお忙しい中、非常に丁寧に教えていただけるので助かります。
個人輸入する際に不明な点があった場合素直に聞いたほうが早いですね。
それにしても税関に同様の件で問い合わせたんですが、
まあ、お役所仕事でしたね。
スリングショット?なにそれ?からはじまり、第93類に分類されるから、
駄目ですの一点張り。
経済産業省の特例が使えるのではと聞いても、しらんがな、とのこと。
感じ悪いですわ。

商売で大量に購入しようとした場合事前の輸入申請が必須とのことですが、
なかなか面白そうな世界だと思いました。
ネットで仕入れてネットで売る。副業でバイトするよりは割りの良い仕事だとおもいますし、
仕事としてもおもしろうそうですね。
なにより画一的な国内ショップの品揃えにないものを輸入して国内に普及できますのでね。
ちょっと検討してみようかと思います。

レーザーサイトを装備したスリングショットとか、サイトをマウントできるマウントリングをスリングショットに取り付けられたスリングショットなど、国内ではどうも販売してないので、海外のスリングショット事情ははるかに進んでいる模様。
スリングショットで精度が悪い、思うように当たらないなどの悩みを抱えている方は思い切って、
個人輸入で取り寄せてみたらいかがでしょうか?
クロスボウストアでもスリングショットは扱っているようですが、スリングショットに限るといかんせん品揃えがいまいち。
もっと尖った製品が欲しいところですね。

決済にPAYPALをしようしているショップもしくはeBAYであれば、仮に商品が届かないといったトラブル時にでも、
返金を受ける事ができるので比較的安心して海外でショッピングを楽しむ事ができるかと。
個人輸入の代行をおこなっているところでは例外なくスリングショットは武器に認定されているので、
扱ってくれませんのでね。
本格的な奴はどうしてもUSAからの取り寄せになるんですけど、
グリップにマウントリングをセットしてあるものはeBAYなら中国からの発送で割りと見かけるので、
値段も手ごろなものがおおいいので、選択肢としてはよろしいのではないかと。
欠点は替えのゴムの入手が絶望的だと思うので、買えゴムは自分でホムセンとかで切り売りしてもらって、
作るしかないところでしょうかね?
仮にショップで販売していてもゴム切れるたびに海外から取り寄せるのは現実的ではありませんしね。

余談ですがクロスボウストアは海外からの個人輸入ではあるんですが、
安い、発送も早い、AMAZON並みにワンクリックで買い物ができるとよいこと尽くめなんですけど、
いかんせん、簡単というか楽すぎて海外から物を買うとき特有の緊張感が乏しいですね。
なんというかこのショップから買って本当に物が届くのか?信用してよいのか?といった緊張感です。
通関できるか?といった心配を正直したことがありません。
海外通販の登竜門としては無難ではありますけどね。
まあ、慣れてしまったんでしょうね。良くも悪くも。
関連記事
スポンサーサイト
  • Share