FC2ブログ

こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in 仁王 無難にボス攻略

仁王 無難に雑賀孫一攻略 仁王攻略日記

-- COMMENT




雑賀孫一2


雑賀孫一です。雑賀孫一戦で特徴的なのは空中に飛び上がり遠距離から中距離では爆弾を投げつけてきたり銃撃をして来る点でしょうか。爆弾の雨が降り注ぎ弾幕が張られ視界が悪い際に唐突にプレイヤー目掛け飛翔しつつ突っ込んできて股で挟み込む掴み攻撃を入れてくることもありますが、唐突にプレイヤーの背後をとり背後から飛翔しつつ突っ込んできて掴み攻撃を入れてくることもあるとうまく回避できないと被ダメージは非常にきついためこの掴み攻撃で何度蒸発したかわからないほどです。

地上に降りると銃撃をしてくるほか守護霊である八咫烏を使用し、風属性による円形の遠距離攻撃を前方に対し放射状に3発打ち込んできます。接近戦では刀を使用しますが手数は少ないものの近接攻撃に銃撃を混ぜてくるため接近戦、遠距離戦ともにそつなくこなしバランスが良い点が特徴的です。

特に仁王の道や無間獄では銃撃や爆弾の威力がきついため飛び道具からの被ダメージのカット率が低いと銃撃一発でごっそりとHPを削られ、空中での掴み攻撃は防具を盾無5つ揃えで固めても並のHPでは一発で蒸発するため確実に回避することができないと少々怖い相手です。





動画は空中からの掴み攻撃時に近接武器で雑賀孫一を叩き落とす練習時のもの。







こちらの動画は手裏剣を使用して楽に叩き落としています。



雑賀孫一3

この記事では無難に雑賀孫一を攻略しようという趣旨のため楽をできるところは楽をして無難にノーダメージ攻略を狙いたいと思います。最初に雑賀孫一の仕掛けてくる銃撃と爆弾による攻撃ですが地上にいる場合と空中に飛び上がった時いずれもガードオンリーで良いと思います。銃撃は距離が離れている場合にはサイドステップをしなくても横方向に歩いて回避可能ではありますが空中では爆弾による投擲攻撃を混ぜてくるためそのほうがストレスが貯まりません。

銃撃と爆弾はガードした際の気力消費は大鎧で固めている場合には非常に軽微なため、ガードに集中し雑賀孫一が空中に飛び上がった際に仕掛けてくる掴み攻撃の回避に集中したほうが良いと思います。軽鎧で防具を固めている場合かつ1週目など気力が低い場合には敵からの銃弾や爆弾による投擲攻撃をガードすると気力をごっそりと持っていかれます。

防具を軽鎧で固めている場合に銃撃や爆弾をうまく処理できない方は盾無である必要はありませんが防具を大鎧で固めガード時の気力消費量を低くするのが、仮にステータスの「剛」が低い場合も敏捷の低下による回避性能の低下、気力回復速度の低下を考慮しても無難と感じます。

雑賀戦で最も警戒すべきなのはHP次第では一発蒸発の空中に飛び上がった際に仕掛けてくる掴み攻撃だと思います。この掴み攻撃ですが2パターンありますが1つ目は雑賀が前面に位置している場合に一定の距離に入ると仕掛けてきます。銃撃や爆弾の投擲により煙幕が貼られ視界が悪くなっている時にプレイヤー目掛け飛翔し突っ込んでくることもあるため煙幕が邪魔をして雑賀の動作が分かりづらいこともあり少々怖いです。

よって雑賀が空中に飛び上がり前面に位置している場合には中距離からやや遠距離寄りをキープし、銃撃や爆弾はガードに徹してやり過ごすのが無難だと思います。

雑賀が空中に飛び上がった際の掴み攻撃はプレイヤー目掛け飛翔してくるタイミングで左サイドステップなどで回避できますが、回避した後、雑賀に前ステップを繰り返して接近もしくはダッシュで密着し地上に降りてくるタイミングでうまく攻撃を当てることで叩き落とすことができ確定でダウンを取ることができます。

このやり方はコツが分かれば刀等のリーチの短い武器でも当てることができ確定でダウンを取り追い打ちを狙うことができますが、1週目や2週目は雑賀のHPが低いため空中で雑賀を叩き落とさなくてもヒットアンドアウェイを繰り返し攻撃を入れていれば十分に
倒すことができますが仁王の道や無間獄の雑賀は非常にHPが高いためヒットアンドアウェイで攻撃を繰り返していると埒が明きません。よって積極的にこの空中からの掴み攻撃を誘発しつつ確実に回避した後に叩き落とし追い打ちを狙いたいところです。

この掴み攻撃を回避した後の空中での叩き落とし方のコツですが掴み攻撃を左サイドステップで回避、その後ダッシュで雑賀に密着し地上に降りてきた際に1,2発攻撃を入れています。また一見すると地上に着地したように見えても当たり判定が残っている場合があり、攻撃をすることで叩き落としダウンをとることができるためとりあえず外しても攻撃すると良さそうです。

2パターン目は唐突に雑賀がプレイヤーの後方にテレポートし背後から飛翔しつつ突っ込んできて掴み攻撃を繰り出してきます。背後にテレポートされた場合には前方向にダッシュして距離を取り後ろに振り返ります。その際に雑賀が「ウォー」という唸り声を出してくる場合には掴み攻撃を繰り出して来るためサイドステップで回避後、ダッシュで密着し攻撃をする。

前方にダッシュする距離が短い場合には掴み攻撃をしてこないようです。その場合には銃撃や爆弾を飛ばしてくるのでガードしつつ敵の出方を伺います。

雑賀が掴み攻撃を仕掛けてくるときには大抵の場合には「ウォー」という唸り声を出してきますが唸り声がしない場合もあるため、この唸り声だけで掴み攻撃が来るか否かを判断すると少々危険です。


叩き落とす際に使用する武器ですが当初は大太刀や槍といったリーチに優れた武器の上段構え攻撃で落としていましたが、この2つの武器はリーチが有り上段が前の場合には前方に叩きつけるため雑賀が降りてきたところで当てるのには具合が良いです。ただ当然武器の振りが遅いため1段目で攻撃をうまく当てることができない場合に続けて武器を振るっても雑賀が地上に降りてしまうことがしばしばで1発で攻撃を当てることができない場合のリカバリーという観点から見ると少々具合が良くないです。

雑賀を叩き落とすのにもっぱら使用しているのは刀の中段構え攻撃です。刀はリーチはそこそこですが武器の振りが早く手数に優れているため1段目で外しても2段目で当てることができるためトータルで見ると当てやすい印象を受けます。

この雑賀の空中に飛び上がった際の掴み攻撃は頻繁に行ってくることから確実に回避することができれば仮に叩き落とすことができなくてもチャンスはいくらでもあるため仁王の道や無間獄などはHPが非常に高いため積極的に狙いたいところです。

また、どうしても近接攻撃で叩き落とす事が上手くできない場合にはセオリー通りに手裏剣やクナイなどの投擲武器を使用すると良いです。投擲武器で攻撃するタイミングは無間獄のボス部屋は広いので銃撃や爆弾を右や左方向にダッシュで回避しつつ投擲武器で攻撃。本編やサブミッション闇の監視者のボス部屋で一番安全なのは掴み攻撃を仕掛けてきた際にサイドステップなどで回避した後や、空中から降りてくるタイミングで投擲武器を投げれば良いと思います。

最悪は防具を盾無で固めることで2つ揃えの「飛び道具からの被ダメージ軽減」の恩恵に預かることができますが、兜と胴に「飛び道具からの被ダメージ軽減」OPを入れ、他の防具の継承OPに「飛び道具からの被ダメージ軽減」OPを入れ、お守りに「飛び道具からの被ダメージ軽減」がついているものをつければ「飛び道具からの被ダメージ軽減」100%にすることができるため雑賀の銃撃や爆弾の攻撃を完全に無効化できます。

そうすれば雑賀と距離を取り敵が銃撃を仕掛けてくるタイミングで手裏剣などを投げていれば楽に叩き落とすことができます。




接近戦では雑賀と中距離からやや近距離寄りをキープしつつたまに仕掛けてくる武器が光ったタイミングで急激に距離を詰め攻撃を入れてきます。雑賀の接近戦で唯一警戒すべきはこの攻撃くらいですが左ステップで安全に回避できます。続けて攻撃を繰り出してきても左ステップを繰り返すことが安全に対処できます。ただ攻撃後、離れ際に銃撃を仕掛けてくることがあり、雑賀に接近戦で攻撃を入れ距離を取る場合には基本的に銃撃が飛んでくると思ったほうが良いです。ガードが無難です。


守護霊である八咫烏による3連発の遠距離攻撃は前方に放射状に3つの円形の風属性攻撃を飛ばしてきます。この攻撃の予備動作を確認したら雑賀の側面に位置するようにダッシュで移動すれば安全に回避できます。

メインミッションのボス部屋は周囲を炎で囲まれているため、常にこの守護霊の遠距離攻撃を警戒しつつ攻撃をダッシュなどで回避する際に安全に回避できるスペースをチェックしながら戦う必要があるため少々面倒です。









関連記事
スポンサーサイト
  • Share