こっぺぱんブログ

ARTICLE PAGE

in クロスボウストアの購入方法

クロスボウ個人輸入への道

-- COMMENT

このブログを立ち上げるきっかけはクロスボウというものに興味を持ち、購入を検討してとりあえずネットで国内のショップを調べてみたのですが、国内でクロスボウを購入しようとした際の、国内のショップの価格の高い事、高い事。安価な製品もありますが、そこそこの性能の製品を入手しようとするとどうしても割高で躊躇してしまいます。

どうしようかなあと思っていたところ、海外のショップの存在を知りました。試しに覗いてみた所価格が送料をいれても、おおよそ半額で購入できることがわかりました。商品によっては1/3程度です。

海外で購入する際のデメリットとしては消耗品である弦の交換を国内の販売店で購入した製品以外だと受け付けてくれない。受け付ける場合でも割高料金が発生するといったデメリットはありますが、ボウプレスという器具を購入、別途利用することで自分で行うことができることがわかりました。

基本的にボウプレスは大きく値段も10万円を超えるものが殆どで安くはありません。ただ国内ショップで10万超えのクロスボウの購入を検討されている方なら、置く場所さえ確保できれば購入できない価格ではないと思います。Youtube動画ででボウプレスを利用したコンパウンドクロスボウの弦交換のやり方を動画をいくつか確認しましたが、使い方は特に難しいとは思いませんでした。

クロスボウのリム(弓)にプレスで圧力をかけてやり、弦が緩んだら滑車を外してやる。手先の器用さが標準的な方なら誰でもできると思われます。試しに初めてコンパウンドクロスボウを海外サイトで購入することにしました。

thecrossbowstore.comというショップです。

クロスボウの愛好家の間では著名なショップらしく品揃えも豊富で尚且つ価格も安いです。このブログはクロスボウの購入を検討しているが、国内ショップの値段の高さに躊躇している。そのような方々の購入に当たってのプロセス等少しでもお役に立てたらと思いたちあげました。

ですが海外での購入は英語の壁、決済の問題、商品を支払ったが無事に商品が届くのか等不安要素が多い等、たしかにクリアすべき課題がいくつかあります。

ただそれを除けば国内ショップの半額以下で購入できるメリットを享受することができます。購入までの具体的な流れを自分が購入した際の流れなどを交えてご紹介できたらと思っています。管理人も購入を考えるまでクロスボウのことについての知識は皆無である事を、先に説明しておきます。

なお、クロスボウストアで購入される際には面倒でも必ずクロスボウストアでの購入方法の記事に目を、通していただければと思います。

クロスボウストアでの購入に際しての注意事項などを記載しております。またクロスボウストアは税関での輸出入の手続きを代行していただけるため、AMAZONでワンクリックする並に簡単に物が買えてしまうため、一見すると簡単に見えますが、海外からの個人輸入に変わりはないことは申し上げておきます。

クロスボウストアで商品を購入、決済して問題なく商品が破損、欠品などもなく届けばよいですが、そうでない場合、ショップ側に対して英語にて電話もしくはメールにて対応していただかないといけません。

また、クロスボウストアに限りませんが海外の方、ショップに対して言えることは日本人ほど丁寧ではないと言えます。つまり、納期が長い、欠品などがあった場合でも、割と向こうの方はアバウトな側面があることから、国内ショップもしくは日本人相手と同じ感覚でいると、対応が悪いと感じることもあるかと思います。

海外のショップで個人輸入される場合、割とアバウトな側面が有るそういうものであるという認識がないと、トラブルが発生したときに泣きを見るか不快感を感じることになります。基本的には個人輸入ですので基本的には自己責任の世界です。

事前に申し上げて置かなければいけませんが管理人はクロスボウストアでの購入方法について最低限の情報は提供いたしますが、それ以上のことについて、仮にトラブルが生じた場合、関知しません。というかできません。

以上のことについてご理解いただける方はクロスボウストアを利用して個人輸入の世界をお楽しみいただければと思います。繰り返しになりますが納期が遅い、同時に購入した商品が欠品していた、商品が破損していたなどのトラブルが発生した場合、ショップとの間で英語でメールなど使用して問題の解決を図ることが出来ない場合、実質泣き寝入りすることになります。

国内ショップはたしかに購入価格自体は割高ですが、トラブルが発生した場合の対応が容易という点があげられます。また弦交換に対応しているショップであれば弦交換のメンテナンスが発生した場合でもボウプレスを購入しなくても補修部品が有る限り末永く愛用のクロスボウを使うことができる点があげられます。

国内ショップで購入するか海外ショップで個人輸入するかはその辺りを加味した上でどう判断されるかだと思います。またクロスボウストアではたしかにAMAZONでワンクリックする並に簡単に購入して海外から商品が届きます。簡単すぎて海外から個人輸入しているという感覚すらありません。

ただ注意点としては海外でクロスボウを扱っているショップ全てが国外への輸出入に対応しているわけではないことには留意願います。

一例を上げると仮にアメリカのクロスボウストア以外のショップで購入したが、クロスボウの種類や購入店の発送方法などが関係して時々輸入禁止商品と税関で指摘される場合があり、その場合輸出禁止商品にも当てはまるので購入したショップにも返送する事が出来なくなります。その場合、商品代金や送料も全て戻ってきません

輸入禁止商品など銃刀法に関わる商品と指摘された商品を受け取る場合は都道府県教育委員会が交付する「銃砲刀剣類登録証」又は「登録可能証明書」が必要で輸入の申請してから、経済産業大臣の輸入承認が必要になります。

クロスボウを海外から個人輸入しようとした場合、まずその国の輸出手続きが必要になります。その上で日本で税関を通す輸入手続きが発生します。

仮に購入したショップがその辺りの手続きについて理解が不完全だったり、そもそも輸出手続きができない国だったりした場合、税関で輸入手続きをしようとした場合、輸出手続き自体ができないので返品自体できない、破棄するしかない、料金も帰ってこなければ、品物を受け取る事ができないという悲しい事になります。ネット上にはこのような事例が散見されます。

海外のショップもしくはeBay等のオークションサイト等、何処で購入してもクロスボウストアと同様に安全に商品が購入できて無事に商品が届くわけではないことに注意が必要です。

クロスボウの個人輸入に初めて手を付けられる方にクロスボウストアで購入することをおすすめするのは本来であればクロスボウの個人輸入は非常に煩雑な手続きが発生しますが、それらをショップ側で全て代行してもらうことができるため、煩わしい手続きをすることなく簡単に購入して確実に商品が届く点です。

クロスボウは特に弦は消耗品です。射撃すればするだけ弦は摩耗していき定期的な弦の交換は必須といえます。ボウプレスがないと弦の交換作業は出来ないため、ショップでやってもらえない場合、弦の寿命が来たらクロスボウ本体の買い替えということになります。

もう少し書くと弓はクロスボウに限らず使用しないときはリムから弦を外さないとリムの寿命を縮める事になります。ただクロスボウはリカーブタイプならともかくコンパウンドタイプは構造上ボウプレスを使用しなければ弦をリムから外すことは出来ません。

使用後にその都度ボウプレスを使用して弦を外すことは現実的ではなく必然的に弦をつけたままの状態にすることから、リム自体はリカーブなどに比べ寿命は短くなると思われます。同時にリムがヘタってくれば威力も自ずと減衰します。ただこれは狩猟などで使用するときの話でして、部屋で射撃をするだけということであれば別に問題にはなりません。

またクロスボウはブランドによりますがモデルチェンジも割と早いため、モデルチェンジした場合弦の互換性もないので結局は買い替えを迫られます。そのため愛用のクロスボウを末永く弦を張り替えて使用するということは、難しいかもしれません。

気軽に買い換えられる価格帯の製品を購入して弦の寿命が来たらクロスボウを買い換える。このような使い方が無難なのかもしれません。

いずれにしても前述した内容を御理解の上で国内ショップから購入するか個人輸入に手を付けるかを判断すれば良いと思います。個人輸入すれば値段は格安ですがメンテナンスは全て自分でする必要が出てきます。ボウプレスを用意できなければ弦の寿命が来たら部屋のオブジェにしかなりません。(これだけ様になる部屋のオブジェも早々ありませんが)

国内ショップと個人輸入どちらで購入するのもメリットとデメリットが有りどちらも一長一短だと思います。ただし国内ショップで購入する場合は弦と言った保守部品の購入ができる、弦交換に対応していることが前提です。

仮に販売するだけで保守部品の販売もなく弦交換の対応を一切していない、いわば売りっぱなしのショップで購入する場合、個人輸入しない手はありません。この場合国内ショップから購入するメリットは皆無です。


興味の有る方はクロスボウストアでの購入方法の記事をご覧いただければと思います。


関連記事
スポンサーサイト
  • Share