スリングショット 部屋での練習で意識すべき事

さて、スリングショットですが、部屋での練習において意識すべき事を、書きたいと思います。最近の練習方法は的に幅3cm、縦4cm程度で線を何本か引いています。これは鴨のネックに見立てて線を引いているわけですが、おおよそ幅3cm、縦7cmから8cmの的の中心の範囲に弾が着弾するように、意識して練習をしています。的自体は幅15cm、縦27cm程度あるわけですが、その的の中の中心位置、幅3cm、縦7cm弱の...

スリングショット 弾の選択 パチンコ玉と鉛球

さて、スリングショット猟における弾の選定というと、パチンコ玉を使用するのがセオリーだと思います。パチンコ玉は直径11mm、重さ5.6g、素材は鉄、名前の通りパチンコで使用されることから、綺麗に研磨されており限りなく球体である事から、射撃時の直進安定性というものも期待できる、尚且つコーティングされていてサビにも強い、価格もAMAZONで500発、送料込みで1500円程度と格安です。価格も安い事から、惜しみなく使用す...

スリングショットで使用するセラバンドのゴムの寿命

さて、セラバンドのゴムというのは寿命というか、耐用期間はどのくらい持つものでしょうか?ネットの噂ではセラバンド特有のチョコの香りがゴムからしなくなり、ゴム臭さがするようになったら交換時期だとか?そんな話を耳にしたことがあります。実際にどうなのか?検証してみたいと思います。このセラバンドブラックのゴムは購入してから二ヶ月目ですが、切り出してスリングショットに装着している状態で、一ヶ月経過した段階でゴ...

ファルコン2 セラバンドブラック仕様 2本目

さて、セラバンドブラックですが、ほとんど練習しないまま一ヶ月ほど経過してしまったので、安全マージンを考慮して新しくゴムを切り出してみました。切り出したのは4本仕様と8本仕様の2セット。とりあえず試射してみて思ったのは、8本仕様のセラバンドブラックのゴムの重いこと、重いこと。今までよくこんなゴムの重さを引いていたなと、我ながら感心するやら飽きれるやら。当然の話ですが、ゴムが重いとAIMが定まらず、結果的に...

スリングショット部屋練 来期の狩りに向けて

さて、最近になってまたスリングショットの練習を来期の猟期にむけて調整を始めたわけですが、今日で3日目でしょうか?一ヶ月以上スリングショット撃ってなかったのですが、徐々に集弾してきます。元々精度を出すのが難しいスリングショットですが、やっぱり狙い通りの場所に当たると俄然おもしろくなってきます。さて、さて、スリングショットというのは割りとグレーな存在であるため、気軽に外に持ち出して練習するという事も案...

セラバンドブルー3本目

さて、切り出した2本目のセラバンドが無事に一ヶ月使用に耐える事ができたようなので、安全マージンを考えて交換することにしました。土日は練習を休んでいる事から、およそ400発程度は射撃しているのでしょうか?目視で見る限りゴムに切れは生じていないものの、一ヶ月程度で交換してあげるのが無難だと思われます。これくらいの射撃回数に耐える事ができるなら、まずまずの耐久性があると思われます。気になるのが、ゴムの性...

スリングショットの部屋うち練習 防音対策2

さて、スリングショットの部屋での練習ですが、鉛球を使用してダンボールの的を打ち抜くのが、着弾点の正確な確認のために個人的にですが都合が良い事もあり、鉛球とダンボールの組み合わせで普段練習をしているわけですが、静まりかえった部屋で的を打ち抜いた際の音がどうにも、煩いわけです。以前BB弾を使用してノートから紙を破いて的に使ったこともありますが、集弾すると簡単に破ける事から、着弾位置の確認に向いていない...

スリングショット 玉受け

さて、セラバンドブルーで一ヶ月近く使用した玉受けですが、まだ使えないことはないと思うのですが、一月を目安に交換しようと思うので、ゴムを外してみました。ゴムを差し込む部分は若干切れ目が広がっていますが、千切れるまでには至っていませんので、一ヶ月程度であれば安全マージンは満たしているといえそうです。ただ作成時幅70mmで作成した玉受けは90mmまで広がっている事から、玉受けが千切れるといったトラブルを...

スリングショットの玉受け

さて、セラバンドブラックの玉受けですが、わずか20発の射撃で玉受けがちぎれそうです。原因は玉受けのゴムを入れる切れ込みのサイズが大きいことから力がかかっていることが理由だと思うのですが、切れ込みのサイズを見直してみようと思います。今までの切れ込みのサイズは10mm。これを6mmに調整してゴムを差し込むことにします。ゴムを折りたたむ事で、なんとか6mmの切れ込みに入れることは可能ですが、これが限界だ...

ファルコン2 セラバンドブラックを検証

さて、セラバンドブラックですが、ブルーに比べどうか?検証してみたいと思います。まず引いた感じですがブルーに比べ体感的に1.5倍までいかないまでも引きが重いことが特徴です。セラバンドシリーズの中ではゴールドについでゴムの強いブラックですので納得の重さではあります。ただ重いことは間違いないのですが、耳のした辺りまで引いた感じでは左手もそれほど震える事もないので、そこまでの重さではないと思われます。BB...