Welcome to my blog

こっぺぱんブログ

CATEGORY PAGE: クロスボウ雑記

Barnett wildcat-c6の販売に思うこと

最近まで、クロスボウに対して食傷気味となっていましてクロスボウ事情に疎くなっていて、気が付きませんでしたけど、Barnett wildcat-c6が発売されたようですね。管理人はBarnett wildcat-c5を所持しているのですが、デザインも大きく刷新されたようです。以下スペックDRAW WEIGHT: 140 LBSFPS: 320FPKE: 91POWER STROKE: 13.5"全体的なデザインを見るとリムの形状や滑車のデザインなどはまるでバーネットのリクルートを彷彿とさ...

ひさしぶりにクロスボウを撃ってみたわけだが

さて、ひさしぶりにクロスボウを撃ってみることにします。横にして写真を撮るのが億劫だったので、スタンドに立てかけたままですが、とりあえず一枚。まあ、こうやってみるとクロスボウって奴はとかく場所をとりますね。しばらくスリングショットに夢中だったというのもありますが、スリングショット用に敷いているタオルケットを、どけるのが面倒くさかったりします。なので三ヶ月ぶりくらいでしょうかね?まずは弦とレールにワッ...

第3次世界大戦後の世界に備えよう/ ´・ω・`\

さて、暇なのでサバイバルガイドでも・・・コラムを一つ書きたいと思います。あくまでもこれから書くことは仮定のお話でありますので、時間のある方はお茶でも飲みながら気楽にお読みいただければと思います。さて、世の中が騒然としてきました。世界中、いたるところで紛争が起こり、某宗教原理主義者による独立宣言により戦火は拡大しつつあります。世界中の火薬庫はまさに一触即発。どこが口火となって世界大戦に発展するかは誰...

No image

ストッピングパワーのお話

さて、たまにこのブログにいらっしゃる方がどんなキーワードで検索して来られるのか?確認しているのですが、クロスボウの殺傷能力というキーワードがちらほらあります。物騒ですね。ただ管理人もきになるのでちょっと調べてみようと思います。拳銃などの弾とクロスボウの矢では弾の重量、形状もことなるわけですので単純に威力を測る事は難しいと、思いますが運動エネルギーから類推することは可能と思われます。ストッピングパワ...

交換用の弦の長さが合わない

さて、リカーブクロスボウMK-150A1用に取り寄せておいた弦なんですが、いざ取り付けようと思ったら弦を張るのに妙に難義します。おかしいなあと思ったらどうも交換用の弦の長さが微妙に短い事に気づきました。交換用の弦の長さ66.6cm、26.75インチ換算で67.945cm、交換前の弦67.9cm。交換前の弦の長さとインチ換算の長さは変わらないため、単純に届いたものがおかしいのでしょうか?クロスボウストアのオーダー情報で取...

No image

輸入規制の品目分類 第93類

クロスボウを個人輸入する際の注意事項について、税関のHP、経済産業省の貿易審査課の見解、管理人の個人輸入の経験ならびに某掲示板の情報などを元にまとめてみたいと思います。以下に記載する内容についてはあくまでも個人使用するものであり販売目的は含まれませんので留意願います。基本的にクロスボウストアを利用して購入する事で、アメリカからの輸出手続きならびに日本での輸入手続き、税関に関する手続きを代行して頂ける...

ひさしぶりにリカーブを撃ってみた

さて、スリングボウ用としてがんばってもらおうと思っていたリカーブですが、久しぶりにリカーブクロスボウに弦を掛ける感覚、射撃の感覚が味わいたくなったので、リムを取り付け、照準を取り付け、弦を掛けて組み立ててみました。やはり150ポンド。リムに弦を掛けるのは重いですね。重いなりになんとかぎりぎり弦を掛けられるレベルではありますけど。弦を掛けた後ではっと思い出したんですが、リカーブで以前撃っていたときに...

クロスボウのドローウェイトとFPSと運動エネルギーの関係

さて、おさらいというわけではないですが、初めてクロスボウを購入されようとしている方等、ドローウェイトが強ければ威力高いんだろ?と思われるかもしれませんので、ちょっとその当たりの関係について再確認しておきたいと思います。ドローウェイトとFPS、運動エネルギーの関係ってごっちゃになりやすいと思いますので。まずよくクロスボウのカタログのスペックに表記されているポンド。150ポンドとか175ポンドとか表記さ...

Bowmaster ポータブルボウプレス

これはアーチェリーショップで見つけたものですが、簡易式のボウプレスです。Bowmaster ポータブルボウプレスコンパウンドのクロスボウに使用できるかはちょっと分からないんですが、リムの形状、角度により使えないこともないような・・・こんな感じで使うようです。使い方のマニュアルアーチェリー用なので想定されるリムの加重がおそらく50ポンドとか60ポンド弱の世界だと思われますので、150ポンド弱のクロスボウに耐え...

Barnett Crossbow Case 移動のお供に

Barnett Crossbow Caseさて、表題通りですがバーネット用のクロスボウのソフトケースです。さすがクロスボウストアなんでも販売していますね。お値段は50ドルしないくらいとまあまあリーズナブルです。バーネットのすべての製品にはいるのかは分からないのですが、ワイルドキャットならそれほど大きな製品ではないので、おそらく入るのでは。(適当)外に持ち出して裸でクロスボウを携帯すると間違いなく軽犯罪法の適用となるの...